人間の器量 (新潮新書)

  • 465人登録
  • 3.00評価
    • (11)
    • (30)
    • (59)
    • (36)
    • (8)
  • 71レビュー
著者 : 福田和也
  • 新潮社 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103407

人間の器量 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間の器が大きい、とはどうゆうことか。近現代の先人たちの立ち振舞いを交えて、ポンポンと軽妙な語り口の面白い一冊。

    「貧しくなることも富むことも煩わしい」現在の日本人の中からは、なるほど「人物」と呼べる人物は出てこないわけだ。

    考えさせられます。オススメ。

  • 器量の大きい人間について書いた一冊。

    主に明治以降の人物についてだが、あまりよく知らない人物もいて非常に興味深かった。

  • 本の紹介にあるが、戦後、日本人は勉強のできる人、平和を愛する人は育てようとしてきたが、人格を陶治し、心魂を鍛える事を怠ってきた。
    なぜ日本人はかくも小粒になったのか――。
    その理由と本質に迫ることこそが、日本人が忘れたものを再認識させ、人生を豊かにしてくれるのである。
    ということで、内容であるが、
    序章 器量を問う事
     人物観の平板さは、自らを縛りかねない
     人を見る事は、自分の器を図る事
     器は何歳になっても大きくできる
    第1章 なぜ日本人はかくも小粒になったのか
     戦後、わが国は人物を育てようとしてきたか
     戦死に対する覚悟がいらなくなった
     貧困と病苦に対する怯えがなくなった
    第2章 先達の器量に学ぶ
     西郷隆盛の無私
     横井小楠の豹変
     伊藤博文の周到
     原敬の反骨
     松永安左衛門の強欲
     山本周五郎の背水
     田中角栄の人知
    第3章 器量を大きくする五つの道
     1.修行をする
     2.山っ気をもつ
     3.ゆっくり進む
     4.何ももたない
     5.身をささげる
    終章 今の時代、なぜ器量が必要なのか

    著者の感覚(予断と偏見?)で器量のことが書かれています。選ばれた人物描写もその延長線で。
    でも、人の見方はそれでいいのであって、それでこそ愉快な人生が過ごせるのであります。
    こんな引用もありました
    大物だといはれる人は純粋ではない。
     純粋な人は粒が小さくて、大きな舞台には立たされぬ
      森 銑三

  • 元マイクロソフト日本法人社長の成毛さんがおすすめしてたので読んでみました。

    うーん。イマイチ。

    著者は、今の日本が平和ボケしているからみな小粒なんだとおっしゃってますが、人の生死が身近な江戸末期から昭和初期の時代と比べればそれはごもっともだと思いますけど、そういうことを偉人を使って羅列するだけでじゃあ器を大きくするには、などという発展性のある意見はなく、かといって、読後器量がどういうものかを明確につかめた感覚にもなれず、なんともハンパな本でした。人間の器量というタイトルが大げさじゃない?!

    まあ、偉人のエピソード集と思えばそれなりに読めました。
    とはいえ無学な私は横井小楠とか大河ドラマで見かけるくらいのレベルでしか知らないので、急にエピソードを語られてもそれを面白がれるほどの下地がなく・・・
    私にとってはやっぱりハンパな本でしたね。

  • 人間の器量。

    器量を題材に本一冊という事だが、

    歴史上の人物の引用や偏見や
    ぼやきに近い話も多い。

    それでも器量について気になる人は、
    少し得るものがあるだろう。

  • 偉人たちのさまざまなエピソードは集められている。
    でも、なんだか薄っぺらい感じがする読後感。
    何とも言えないなぁ。

  • あんまり記憶に残ってないなあ。

  • 頭の良し悪し、論理性、思いやりなどといった人の内面、能力を抽象的にテーマにしている本は往々にして「俺様(著者)の好みものさしに沿うものが是、沿わないものが非」となりがちなのがだが、この本も全くその例に漏れていない。この本に名があがっている人は著者のものさしからすれば器量がある人みたいなのだが、基準がいまいちわからない。また、自分の考えを主張したい意識が先行して、論理の飛躍が度々みられる。例えば、戦争から人物が生まれるらしいのだが、なぜ戦争じゃないといけないのか、戦争以外ではなぜ人物が生まれないかの説明がしっかりなされていない。一方で田中角栄、角川春樹といった戦後育ちを人物にあげているが、この矛盾への説明はなし。正直後半、居酒屋のくどくど自説をまくし立てるおじさんを相手にしてる気分になってきた。まぁ、無視しても損をする本ではないと判断するが、「愚説愚論聞くべし」(P.31)とした方が器は広がるのかな?

  • 若干期待はずれ。
    何を期待していたのかはよく分からないのだけれど。

  • 人間の器量とは何で図られるのか、どう現れるのか、筆者が伝えたいことが分からなかった。

全71件中 1 - 10件を表示

福田和也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村上 春樹
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

人間の器量 (新潮新書)に関連する談話室の質問

人間の器量 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人間の器量 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間の器量 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人間の器量 (新潮新書)の作品紹介

優れた人はいる。感じのいい人もいる。しかし、善悪、良否の敷居を超える、全人的な魅力、迫力、実力を備えた人がいない。戦後、日本人は勉強のできる人、平和を愛する人は育てようとしてきたが、人格を陶冶し、心魂を鍛える事を怠ってきた。なぜ日本人はかくも小粒になったのか-。その理由と本質に迫ることこそが、日本人が忘れたものを再認識させ、人生を豊かにしてくれるのである。

人間の器量 (新潮新書)のKindle版

ツイートする