医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)

  • 448人登録
  • 3.89評価
    • (38)
    • (68)
    • (45)
    • (5)
    • (0)
  • 75レビュー
著者 : 佐藤健太郎
  • 新潮社 (2010年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103483

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は2010年科学ジャーナリスト賞を受賞した著書であり、著者自身が、医薬品メーカーの研究職の経歴があるため、業界裏事情を本音で書いた巧著である。
    全世界で78兆円の市場の医薬品業界。
    1位がアメリカで42兆円、二位が日本で7兆円。
    凄い金額が動いている業界である。
    日本とアメリカの違いにビックリするのは、日本の薬価は公定価格として、国が決めて税金や健康保険から支払いする仕組みで、基本は公金から得ているので、安定しているかと思うが、そうではなくて、二年ごとに平均5~7%ほど下げられる。一方、アメリカは薬価は自由に決められる。いい薬ほど高くて貧乏人は払えなくて、亡くなってしまうという。
    医薬品メーカーは安定している業界と一般のひとは考えがちだが、本書で初めて知ることは、なんて安定しないギャンブル性の高い業界かということ。
    新薬を開発するには、10年以上の期間と100億円超え費用を研究に費やしても、何もできない時もある。
    やっと特許をとっても、20年で特許が切れて、安価な薬品(ジェネリック)になり、収益が落ちてしまう。

    その他、この本には、医薬品業界の合併再編、訴訟問題、副作用問題と薬の不安定性と業界の問題を思い知れされた内容になっている。

    本書で薬に対する考え方が変わることで、健康への配慮が一層進むことを願うばかりである。

  • 読もうと思っていたが、機会を見つけてようやく購読。医薬品開発までの詳細なプロセスは「現場」の人間ならではで、処方するサイドのドクターはぜひこういうものを読んでおくべきだと思う。

    製薬メーカーの時代的流れも、最近はあまり勉強していなかったのでよい復習と学習になった。メルク、バイオックスあたりまで(2000年ちょっとくらい)はこのへんを集中的に勉強して、株まで持っていたこともありました(今は全部手放してますけど)。

    タミフルの効能への期待(H1N1)など、臨床家の目から見るとちょっと薬に「甘い」姿勢も感じないではないけれど、開発サイドから言ったらこういう見方になるのもしかたないか。ちょうどいまNEJMにGSKのfraudの記事が載っていたのも、偶然ながら興味深く考えさせられた。

    http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp1209249

  • 医薬品業界という産業は新薬を創りにくいものの、一つ一つの医薬が膨大な利益を生む観点から考えれば、非常に高収益でかつ不安定な業界特性だ。

    膨大なR&Dを経て次々に登場する新薬から巨大な利益をあげ、世の景気に関わりなく右肩上がりの急成長を続けて来た医薬品業界が、本当にここに来て初めてつまずきを見せているのならば、この不可解な現象がなぜ起きたのか。医薬の進歩は本当に限界を迎えたのか。そしてこれから一体何が起こるのか、という論点を考えることは多分色んな面で今後役に立つと思う。

    ~“経営コンサルタント、証券会社のアナリストといった人々は、「クリティカルマス」「スケールメリット」などの言葉を持ち出し、「日本の製薬企業の資本効率は低く、さらに再編を進めるべきだ」と説く。しかし、どのくらいのサイズがクリティカルであり、スケールメリットがそれほど重要ならファイザーや武田の苦境は一体何であるのか、彼らからは何の説明もない。
    今後また大型合併をしてくれれば、確かに彼らの仕事は増えて万々歳だろう。しかしすでに製薬企業の首脳は、手間ばかりかかって実りのない大型合併に懲りている。スケールだけを追求した大型合併の時代は、もう終わったといっていい。

    (中略)

    医薬品産業は、痛み・苦しみから患者を救うという最も崇高な使命と、目も眩むほどの膨大な資金が飛び交う、この世で最も不思議な産業だ。”~

  • 2010年ごろに危機があったという話なんだが、今はどうなんだろう。確かに技術革新の後はどの業界でもけっこうこたえるようだから。

  • 読み終えてからタケキャブの薬剤説明を聞いたら泣くかもしれない、厳しい世界というのがよく分かる一冊。2010年を超えた今とこれからについての続編は読みたいけれど、筆者の問題意識や希望が最終章で分からなくなってしまったのが残念

  • 面白かった!製薬で勤めはじめ、ひとつひとつの言葉の意味の後ろに何があるのかという、歴史的背景や創薬の難しいさなど、知りたいことが網羅されていた。研究職って尊い。製薬業界はおもしろい。ぜひ続編も書いてほしい。

  • 20150812読了
    帰省した際に、久しぶりに本棚から手にとって読む。元研究者の立場から、創薬の難しさ、医薬品メーカーの特異な収益構造、パテントクリフ問題、高分子から抗体医薬へのトレンド変化などをわかりやすく解説。
    国内大手製薬に勤めてる自分からしても、医薬品業界の現状を俯瞰するのに役立った。
    5年前に発刊された本であるが、概ね予想は当たっている。最近の売上トップはダクルインザ、スンベプラでありINFフリーのC肝治療薬だが、これらはバイオ医薬品である。また、5月にギリアドのソバルディ(2型C肝)が保険適応取得、7月にはハーボニー(1型C肝)が承認取得するなど、バイオは波に乗っている。
    パテントクリフに関しては、武田のブロプレスは後継品アジルバへ、アステラスのリピトール、ハルナール、プログラフはベタニス、イクスタンジなどの泌尿器フランチャイズ群へと、各メーカー戦略を立て新薬からの収益構造を確保するために奮闘している。一方クラビットの第一三共やアリセプト、パリエットのエーザイなど、次世代主力品が出ず苦戦しているメーカーもある。
    ただ製薬企業は今、営業への規制、改革が激しい。研究のみならず、業界として今まで通り左団扇で過ごせる保証は全くないと考える。

  • インフルエンザにかかった時などにお世話になる薬は生活にとって身近なものだと感じていたが、それが世に出るまでの過酷なドラマは医薬品業界の熾烈さを知る上で大変勉強になった。
    医薬品業界は例外だとしても、何らかの仕事に携わることはとても厳しいことなんだと自らを奮い立たせるのに役立った。

  • 製薬業界内にいた筆者が、不偏・理性的に中立の立場で功罪を述べている。薬害の悲劇、インパクトに心を奪われるのは人間である以上仕方がないが、分母(救われた人)の多さにきちんと目を向けるのも人間の役割である。
    やや専門的で不親切と思われるところもあるが、読みやすくて得るところの多い本と思う。

  • 有機化学美術館で知られる著者による業界実体験記。文章の調子や内容はブログのとおりなのだが、ひとつのテーマについてまとまって書かれているので読みやすい。あくまで研究者目線に徹して書かれているので、新薬開発の難しさとそれに対する経営陣や世間の無理解、というのが基本線。新薬開発に限らず開発一般についても言えるが、自称「開発」は新薬ほど難しくは無いケースがほとんどだろう。仕様書がなければ開発できない、とか、アホかバカかと。

全75件中 1 - 10件を表示

佐藤健太郎の作品

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)の作品紹介

全世界で七十八兆円、国内七兆円の医薬品業界が揺れている。巨額の投資とトップレベルの頭脳による熾烈な開発競争をもってしても、生まれなくなった新薬。ブロックバスターと呼ばれる巨大商品が、次々と特許切れを迎える「二〇一〇年問題」-。その一方で現実味をおびつつあるのが、頭のよくなる薬や不老長寿薬といった「夢の薬」だ。一粒の薬に秘められた、最先端のサイエンスとビジネスが織りなす壮大なドラマ。

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)はこんな本です

医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書)のKindle版

ツイートする