アホの壁 (新潮新書)

  • 909人登録
  • 3.04評価
    • (19)
    • (63)
    • (123)
    • (53)
    • (18)
  • 130レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103506

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アホの壁 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • タイトル買いです。
    好みが分かれようなぁ。
    私はこの作家さんは嫌いじゃないから、
    アリだと思うのです。

  • 案の定微妙な読後感。初期エッセイのような毒はなく、良くも悪くも穏やかになっている。第五章、アインシュタインとフロイトの下りは、フロイト信者の筒井御大らしく、読み応えのある内容だった。軽く読むにはいいかもしれない。でもやっぱり小説が読みたくなる。

  • 筒井ファンじゃないといまいち楽しめないような気がする。
    本人も認めている通り明らかなパクリの題名と、思い付きをつらつらと、ちょっとフロイトで彩ったくらいのものなので、何らか深い思索を期待したらダメ(まあそもそも題名からしてそういう期待は無いと思うのだが)。

  • 会議で突然無関係のことを述べ立てる(たいていは自分の知識や体験の披瀝)、成功の夢に酔う、批判を悪意と受け取る、自分の価値観を過信する、専門外のことに口出しする...。
    これらが本書でいう「アホ」の姿の一例である。
    耳の痛いところも多くて、私なんぞは定期的に本書を読んで反省したほうがいいかも。
    批評家と作家の大喧嘩のメカニズムを解剖した部分を読むと、こんなへぼ記事でも、作家先生の目に入れば、プライドを傷つけてしまうかもしれない。
    くわばら、くわばら。

    ところで、この本は、ご本人もおっしゃるように、「俗流」フロイティズムに拠っている。
    人は欲望(多くは性的なもの)を、日常生活では抑圧しているけれど、失錯行為や夢などにそれが回帰する、というもの。
    なんか懐かしかった。

    意外といっては失礼だけれど、筒井さんご自身も「アホ」だと述べている。
    今や筒井さんほどの大御所なら、自分もアホ、なんて言わなくても許される気がするんだけど。
    この人をして、自分もアホ、とカミングアウトさせてしまうのが、「上から目線」に神経質な現代なのかなあ、と思う。

  • 養老孟司『バカの壁』を「こういう内容の本だと思ってたら全然違った」と、実際に「こういう内容の本」を書いてしまった高度なパロディ。

    集団での会話の文脈をぶっ壊して好き勝手なことを言うアホ、出版界に跳梁跋扈するアホ、会社の重役クラスにすらいる出来の悪いアホなど、アホカタログと言っても過言ではなく、俺ちゃんからすると一種の耳痛本でもある。

    フロイトやメニンジャーのくだりは『漂流〜』で既に読んでたけど、とにかく何でも読み作品に活かす勉強家だという印象が一層強まる。

  • 人はなぜアホなことを言うのか、アホな計画を立てるのか、、
    なぜこのような本を書いたのかという経緯からアホの存在理由まで読みやすい流れで書かれている一冊です。(by.はるちゃん)
    (851015/914.6/Tu/大学図書館)

  • アホについて。身近なアホから戦争まで話は深刻になるんだけど、結局はアホがなければ人類はつまんないものだ、アホは素晴らしいというアホな結論に至る。

  • ・7/23 読了.バカの壁のパロディでもなくどうもやっつけ仕事の本になってしまっていて面白くない.これ系の著作にはそもそも期待しない方がいいんだね.小説じゃないんだから.

  • 「アホとの喧嘩に勝つには相手よりもっとアホになるか」・・・納得!

  • 「ビアンカ〜」読了直後だからだろうか、この本もまた「メタ新書」として書いたのではないかという穿ちをちらほら自覚しながら読んだ。というのも、散見される「〜筈である」「〜筈がない」「〜に違いない」と言った主観的断言の多用によってそれ以上の思考の敷衍を停止し読者にもそのように促す文体を駆使しながらブログレベルの持論を展開するスタイルは、まさに昨今乱発される内容浅薄な新書の内実を見事に踏襲しているように思えてならないからだ。無論御大はすべて計算の上で「新書の読者のレベルに合わせて」やっている「に違いない」と盲目的筒井信者を自認する自分は信じるので星は3つにしておく。そうでなければ1つか2つで十分。

  • 「バカの壁」のパロディではないものの、なんの話しか読み終わっても思い出せない…笑
    移動中の暇つぶしにどうぞ。

  • アホとは言うけど人間だれしもがやってしまう行動を指摘し取り上げた本。完全にいなくなってしまうのもどうかと思うがしかし本書で取り上げられたアホが多いのも事実だと思う。読んでいて知らなかった、間違った使い方をしていたなんてことは多く、思わず関心してしまう部分もあった。

  • 自分のアホポイントを認識。

  • 久しぶりに読んだ筒井さんの本。

    あんまし、いや全然面白くなかったわ。
    面白さのわからないアホですんません。

    (2015/6/28)

  • ベストセラー「バカの壁」に因んでの「アホの壁」である。人はなぜアホな振る舞いや言動をしてしまうのか。心理的な面などから、さまざまな理由を解説している。最終章は人はなぜアホな戦争をするのか。この章の最後に書いてある結論をそのまま引用する。「世界中から貧困をなくす困難に比較すれば、世界中の人間に同様の高い教養を与えることによって戦争をなくすことは、おそらくユートピア的希望ではないでありましょう。」前の戦争のリアルで押井監督も書いていた。戦争映画や小説・各種兵器などに興味がある人(私もだ)は戦争が好きだと思われがちだが、そういう人は普通の人より戦争を良く学んでおり、戦争をすることは忌むべきことだということを良く理解しているのだ。

  • アホアホ言っているが、よく内容が残らない。
    筒井さん自体がアホに憧れ、好いていることはわかる。

  • 「バカの壁」の2匹目のドジョウを狙ったアホに関するエッセイ。フロイト理論を根底としており、「失錯行為」「事故多発者」のくだりが面白かった。そして最終章ににんまり。

  • ここにも舛添が・・・。

  • 筒井康隆氏によるアホ論。
    この本での「アホ」とは、滑稽、場違い、非論理的、無意識、、などが引き起こす行動や思考のこと。
    筒井氏にしては毒が少ない文章だと思った。
    おもしろさも控えめかな。。

  • 内容を全く覚えていないのは私がアホであるからだろう。それどころか購入したことは覚えているが、読んだ記憶が無い。

  • 某元首相ではないが、「自分のことを客観的に見れる」力というは人を知性的に見せるなあ、と思う。
    アホの壁というは一人一人の中にあって、常にアホ側にいては大変だが、往々にしてそっちに転んでしまうことが誰しもある。だから「国を背負ってるのに何だ!その服装は!」と怒っている自分がテレビの前でフリースの上下で寝そべっていることに、ほんの少しでいいから自覚的であるべきなのだ。本当は。
    そうはいっても常にそつなく、きちんと全方位的にこなすなんてのは人間業じゃない。小刻みにアホをはさんで生きることも大切と説く。アホはゆとりでもあるのだ。
    それにしても最初のほうに出てくる「ベルト締めんかいな!」のおばはんは最高だ。ここだけでも立ち読みしてください。

  • ひたすら最初から最後までアホアホいい続ける本。ただのアホなストーリーではなく、具体的な実例に基づきアホを俗流科学で分析している。プロ作家ならではの、深い洞察力と人間観察の終着点。ちなみに私は本の帯に書かれていた「人間は考えるアホである」の一言にノックアウトされました。

  • 身近にいるアホに対して
    心の中で「アホやっ。アホやっ。」と叫ぶ(笑)
    分析自体に目新しさはないけども、
    筒井節により面白く読めました。

  • 人間は考えるアホである。科学的根拠があるわけではないが、それが逆に納得させられます。

  • 筒井先生にしては当たり前、もっとエキセントリックに、・・・・・
    好きな作家だけに残念。
    中学、高校のころ読み耽ったのが懐かしい

全130件中 1 - 25件を表示

アホの壁 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アホの壁 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アホの壁 (新潮新書)の作品紹介

なぜそんなアホなことをするのか、そしてアホなことを言うのか?無益な争いに血眼になり、破綻必至の計画を立て、互いに殺しあうに至るのは、いったいなぜなのか?文化的文明人を自任する現代人が、いとも簡単に飛び越えてしまう「アホの壁」をめぐり、豊富なエピソードと心理学、文学、歴史ないまぜでつづる抱腹絶倒の筒井流人間論、ついに登場。

ツイートする