日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)

  • 287人登録
  • 3.44評価
    • (12)
    • (25)
    • (20)
    • (15)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 室谷克実
  • 新潮社 (2010年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103605

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 朝鮮半島の正史『三国史記』、初めてその存在を知りました。
    日本で言う『日本書紀』にあたるのかな、、ふむ。

    その正史を元に、古代世界を読み解こうとしておられて、
    その視点もかなり新鮮で、学問として見ても面白く思いました。

    DNAを元にした稲作の伝播状況や、鉄器の精錬度、古墳の年代など、
    古代史が好きな方々であれば、楽しめると思います。

    ただ、後半になるにつれて徐々にですが、
    今現在の価値観で、歴史を断罪しようと見える箇所がちらほら。

    この点は、歴史として見た場合、若干残念ですね。。

    気持ちは理解できますが、悪意が多すぎる気もしますので、
    そのような毒舌系が苦手な方は、少々気分を害されるかもです。

    そういった意味では、同じ韓国を題材にしていても、
    黒田勝弘さんの『韓国反日感情の正体』の方がマイルドかな。

    こちらは、黒田さんの“韓国への愛”がつまっていますし。

    ん、お二人とも、言ってる内容の本質は同じなんですけども、
    愛があるかないかで、受手の不快感ってのは変わりそうだなぁ、、とも。

  • どうしてこういう口調になるのかな。学問としての問題と、出自の優劣を競う観念論が混在しているなあ。英国の歴史は(通俗的な)米国の歴史に先んじるが、前者が後者より偉いというわけでもあるまい。

  • 皇国史観を脱することと、史実を捻じ曲げることは別問題なんだよな。その点、この本は一次資料をつぶさに読み込んだうえで仮説を立ててるので、至極まとも。こういう本は、本当は若手の歴史学者に書いて欲しいところなんだけど。ただし、韓国古代史の知識がゼロだと辛いので注意。

  • 個人的に韓国、朝鮮が嫌いという明確なスタンスから書かれているので、単なる反半島文書といったバイアスを持って読まれてしまうと思うが、内容的には納得できることが多く、さらに突っ込んで研究したい気持ちになった。
    NHKで、縄文人の起源が最新の科学的研究でかなり軌道修正されているとの放送があり、朝鮮半島の南部では九州と似た形の人骨が発掘され、海峡を挟んで縄文時代から相当の往来があったことがわかってきたとのこと。朝鮮半島を巡る歴史はわれわれが教科書で学んできたことが全てではないということであり、これからも常に好奇心を持っていたいと思う。
    何れにせよ、朝鮮半島における倭人の状況にすごく興味を覚え、刺激を受けた一冊であった。

  •  それにしても、室谷氏の客観的なデータから分析し、韓国の主張がいかにウソだらけで根拠が全くないことを次々暴いていく分析力というか執念は凄い。時事通信にも凄い記者がいたことに驚き。それに比べて山田恵資(論説委員・前政治部長)とか冨田共和は…。(P.S.この室谷氏、同じ新潮新書から「悪韓論」を出している。こちらは近現代の韓国史がメイン。関東では売れ行きが予想以上に良く、増刷が追いつかない程だそうだ。さらに産経新聞出版から「呆韓論」を出版。こちらは韓国の呆れ果てる反日行動の実態がメイン。こちらも売れ行きが良く、増刷に次ぐ増刷だそうだ)

  • 日本の古代の文明は朝鮮半島から伝来したという歴史史を根底から否定する内容。どれももっともらしいが反論もきっとあるだろう。それを読んでみないと判断のしようがない。

  • 何なんだ。

    だろう、と思われる、と想像できる、に違いない、などなど。
    ほぼほぼ、どれも著者の憶測の域から出ていない。
    よく、これで本にしたものだな。

    朝鮮半島から倭国の歴史の話かと思えば、最終的には、ただ在日バッシング。

    参考文献が一冊もないってのは、何なんだ。

  • 反韓感情が前面に出ているような書きぶりで、恣意的な本では無いかと思ったが、結構しっかりと勉強して書かれている本だと考える。

    韓国の歴史書「三国史記」(韓半島の正史)、「三国遺事」(野史)の記述を元に、日韓で常識とされていることがらの間違いを正すという意図で書かれたものである。

    ただ、古代史のみを持ってして日韓の交流史とするものではないことは考えておく必要があると思う。古代史からいきなり近現代史につながるわけではないという事も認識しておくべきでは無いか。

    冒頭、「天皇陛下の「お言葉」を引かれ「お言葉」に象徴される”常識”に意義を唱えたい」とされている。私は、「お言葉」自体に間違いはないと思う。
    「貴国は我が国にもっとも近い隣国であり、人々の交流は、史書が明らかにされる以前のはるか昔から行われておりました。そして、貴国の人々から様々な文物が我が国に伝えられ、私共の祖先は貴国の人々から多くのことを学びました」
    日韓の関係は、この「お言葉」を根底において考えなければならない。

    本書にて、見識を改にしたが古代においても韓半島三国は国としての統一が遅れ,既に諸国連合となりつつあった倭国に一等遅れた地域であったと言う事である。近代にあっても韓国は近代化が遅れ、それを日本につけ込まれたという風にも言えない事もないのであるが、だからといって、文明、技術が常に日本から韓半島に常に一方的に流れていくだけであったとは言いきれないのである。

    日本と中国に常に直接の交流があったわけではなく、また韓半島が地理的に中国に面しているということから、中国の文化、技術が韓半島を経由してもたらされた時代もあったであろう。たとえば仏教の公伝は百済を通じてとされている。作陶技術なども朝鮮出兵の時期に朝鮮の陶工がもたらしたものがある。日本が一方的に韓半島から学んでいたというわけではないにしても、韓半島を通じてもたらされた技術文化はたくさんあると思うし、韓半島由来の習俗風習の類いもあるようにも思う。

    互いに影響し合いながら歴史を刻んできたという事を根底において日韓関係を考えていく必要があるのでは無かろうか。

    後半三分の一は、韓国がいかに歴史をねじ曲げて教育しているか、またOINK(Only in Korea )と揶揄される(日本人でなく欧米の国際金融関係者による造語だそうだ)韓国の特異なやり方について詳述している。ひどい悪口に聞こえるが、筆者が大げさに書いているとは思わない。そんな国なのである。中国とともになかなかおつきあいしにくい国である。 

  • バーチャル世界の歴史物語(笑)世界の中心になれなかった、半島の住人のその理由が此処にある。日本にも、素通りされる県があり、其処の住人は、結構妬みが激しく、自己の無能さを考える事もない。似ていると思った!!
    地名や人名総てに、ルビを振ってもらえたら、五つ星でも良かったです。途中から忘れてしまい、ページを前に戻すのが大変でした(^_^;)

  • こういう本はいろんな立場の人が書いた内容をおしなべて読んで、やっと客観的な感想がいえるのかも知れない。本の内容はともかく、なんだかとても攻撃的。もっと冷静に学びたいのだけれど・・・。

  • 馴染みの薄い・しかも読み方も覚えにくい歴史上人物の名前がなかなか頭に入っていかず読むのにえらく日数がかかってしまった。某国が歴史認識ナンタラカンタラで大騒ぎしているけれども、まずスタートラインとして本書の研究を共通認識とすべきであろう。本の帯に書かれている通り「文明が半島から来た」なんて大ウソ!半島に初めて統一国家を築く新羅の基礎づくりを指導したのは、実は倭人・倭種であり、新羅も百済も倭国のことを「文化大国」として敬仰していた。『古事記』『日本書紀』など、日本の古史書の記述内容を国粋主義的な視点から解析していけば、そういう結論になるというのではなく、半島で、半島の史官が、半島の王の命令を受け、半島の王朝と人民のために編纂した半島の正史『三国史記』『三国遺事』に、そうした内容が書かれている。半島や中国の正史を「素直」に読んでいくと、現在の多くの日本人や韓国人が抱く「常識中の常識」とはかなりかけ離れた本当の歴史が浮かび上がってくる。これが本書のもっとも重要なポイントなのだ。また「故事は今を知る所以」とは名言で、韓国の大英雄として崇められている乙支文徳の行動と彼が英雄として偶像化されていった過程を知ると、今日の韓国・朝鮮人の行動原理・歴史館を理解する上で大きなヒントとなる。目から鱗だった。自分のつたない文章よりも宮崎正弘さんのメルマガ『宮崎正弘の国際ニュース・早読み通巻2944号』に、とてもいいレビューが載っているので、ここの引用をもって締めくくりとする。天皇が朝鮮半島から渡来したという大がかりな嘘はいかにしてデッチあげられたか
       日本文化も思想も、すべて朝鮮半島が教えたという虚説を爽やかに粉砕

      ♪
    室谷克実『日韓がタブーにする半島の歴史』(新潮新書)
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

     前々からこういう本こそ読みたいと思っていた。
     これまでにも漠然と感じてきた朝鮮半島の「歴史」なるものの胡散臭さ、しかし原典にあたる時間も読解力もなく、誰かがやるべきだろうが、いったい誰が半島歴史のデタラメと偽造、改竄の歴史を明確に証明しておくのか。
     本書はそのポイントを突いた、いわば古代史解釈の盲点を深く抉った、画期的な書物と言って良い。判型こそ新書版だが中味は優に単行本一冊以上。あとがきを読むと半分に濃縮したという。
     ともかく韓国で流布している歴史解釈が嘘の固まりであることは百も承知でも、日本からは反論がしにくかったのは自虐史観の悪影響が残っているからで、半島側が巧妙にでっち上げた「神話」も無批判に日本に輸入されてきた。
    韓流ブームにいたっては時代考証も服装も会話もすべて近代的視点からのフレームアップがなされている。
    秀吉は単純に「侵略者」? 日韓合邦が「日帝の侵略」?
    理由は何か。戦後とくに朝鮮史学が滅茶苦茶なことになったのは、全体的空気が左翼の嵐のなか「戦前の歴史研究はすべて皇国史観だから、そこから脱却すべきだという日本版紅衛兵による文化大革命」があり、それは「マルクス主義史観への没入」に他ならなかったと著者は言う(212p)。
    そして韓国では「超夢想的朝鮮民族絶対主義史観」なるものが確立され、テロリストが民族の英雄となり、その反日テロ礼讃支援団体の会長が李明博大統領ときたからには始末に負えない。
    「伊藤博文は韓国併合に反対したのですよ」と韓国人に言っても鼻から受け付けない。
    ましてや評者の経験では「安重根が撃った弾は伊藤博文の致命傷とはならず、真の暗殺者は駅の二階から撃ったのですよ」という真実を喋っても韓国人は、まるで聞く耳がない。
    かれらにとって真実は知らなくても良い。歴史に客観的事実などどうでもいいのである。この事大主義は本場=中国を超えるのではないか。
    現代自動車は一台買えば一台おまけといって強引に売っている国だから、「約束」とは一時逃れの方便としか解釈されていない社会だから、学歴詐称もカンニングも出世のためには許される社会が醸し出す異常さは、自ら改竄した歴史を信じなければ生活がなりたたず、その懐疑をうけつけようとはしない不寛容。この非科学的なメンタリティがなぜ生まれてきたのかが、本書の背景に流れる副次的なテーマである。
    まさに本書をよむと従来の古代史の常識があたまのなかで転覆する。
     騎馬民族説は既にその嘘は木っ端みじんに吹き飛ばされていたはずだが、昨年韓国へ行って講演した小沢一郎の没論理の基盤にまだ騎馬民族説が残存していた。洗脳は解けていないのである。
     江上波夫の奇妙奇天烈な「騎馬民族」説が象徴するように、戦後の日本では日本人学者による反日史観からの演繹によって改竄半島史が積み重ねられてきた。
     嘘のうえに嘘を、その上に新しい嘘を塗りこめた。こうなると韓国に流布する歴史は架空の物語を超えて、あの左翼のサンドイッチマン=家永史観より韓国の歴史学者、御用学者がやったことは悪質なのである。それをしかも恥とは取らず、インチキへの倫理観が欠如しているのが、かの半島に住まう民族なのである。
     古代史の真実は、たとえば『三国史記』では新羅の基礎は倭人が造ったと書かれており、中国の『随書』では、新羅も百済も倭国を文化大国として尊仰していたと明記されている。
     評者(宮崎)にとっては韓国のインテリゲンチャのなかでも、とりわけ知日派の学者と意見をかわすことが多かったが、かれらは知っていた。「壇君神話」はとてつもない大法螺に過ぎず、日韓合邦(「韓国併合」って語彙もおかしい)は日本側の一方的な持ち出しであり、文明は倭人倭種から逆輸入されて半島にやってきたことを!
     丹念に歴史書を紐解いて、客観的な歴史的展望のもとに偽書偽説の矛盾を完膚無くまでに批判した本書はじつに長い間、日本の学術界、出版界から待ち望まれた。
    待望の書の出現に乾杯!

  • いづれにせよ、想像と妄想と創造で構築されてしまう歴史は、一つの見方でなく、いろいろな側面から見て公正性を考えることが大事ということの一つ。

  •  かつて日本においては新しい古代史についての発見があるたびに繰り返し「古代史ブーム」がおきているが、本書のような「反韓」とも受け止められるような主張は聞いたことがない。
     本書は「三国史記」や「三国遺事」などの古代史の資料を学問的に考察するような体裁をとってはいるが、どう読んでもこの内容は「反韓」という目的ためとしか読めないし、このような傾向を一般には「偏向」というのではないだろうか。
     本書は、まったく評価できないとしか言いようがないと思えた。

  • 稲作は朝鮮半島を経由して日本に伝わったという説はDNA鑑定による研究で否定されているとか、古代(7世紀くらい)に日本には先進的な文明国であったということなどが書いてある。
    行き過ぎた皇国史観の反省と政治的と理由で隣国を持ち上げたような歴史観が幅をきかせているが、古文書を探っていくと史実とは合わないことが分かるという。
    韓国では、もっと強烈な韓国でしか通用しないOnly in Korea (OINK)なファンタジーが歴史として教育されているようなので注意が必要とも言っている。

  • 現代韓国が隠蔽してきた朝鮮における「正史」を中心に解説
    (偽史)稲作は朝鮮半島経由で日本に来た
    (正史)稲作は朝鮮半島経由ではなく東シナ海経由で日本に来た(DNA鑑定などで明白)
    (偽史)日本の古墳は韓国由来である。
    (正史)韓国の日本式古墳は日本の古墳よりもずっと後のものしかない
    倭国と新羅は地続きだった。

    新羅にいた倭人は泊村江の戦いで倭国が敗れた後ほとんど完璧なまでに漢族化していた半島南部の倭人は漢族の一員とみなされた。民族の融解。
    新羅4代目の王は倭人だった。

    半島の資料保存状況は劣悪。時代が経つほど、資料が凄まじい勢いで失われていく。

  • あらためて未来永劫分かり合えない民族なんだなぁ。
    と同時に恥辱屈辱にまみれなければ、国を保ちえなかった朝鮮に対する哀れみさえ感じる。
    彼等が日本に対して、
    やったやられたという事柄は全て自らの醜い行いや大陸の国家に強制された屈辱の裏返しであるということが彼等の史書から読み取れる。

  • 81
    日本の歴史学者これほど低レベルだったとは。
    学問・科学として確立されてないのは残念。
    それ程、敗戦の影響が大きかったということか。

  • 朝鮮における最古の歴史書(三国史記)から、倭(倭種・脱解・瓠公など)が新羅建国時どのように関わったかを掲示。新羅といえば白村江の戦いぐらいしか知らなかったので、興味深い内容だった。
    その他、なぜ日韓関係の歴史は、日本で自虐史観に韓国では朝鮮民族絶対主義史観になったのか、どうして相変わらずなのかをを知りたかった。

  • 朝鮮半島と中国の基本的な歴史知識がないと、読み進めるのが大変。10頁ほどで挫折・・・

  • 米作はシナ華南から沖縄、九州と渡ってきたものとDNA鑑定でわかっている。いまでも半島から渡ってきたとする説を信じている人がいる。それはそうだろう、当時の教科書がそうだったのだから。してみると文明が半島から渡ってきたと思っている人も多くいるだろう。しかし本書はその誤りを明確に論拠を示して提示している。一次資料を見て判断する能力を持たない読者としては、著者の説を信じるしかないが、その一方、韓国側の歴史研究の露骨な独自解釈の激しさは世界でも類を見ないといえるだろう。とはいえ単に鵜呑みにすることなく本書に限らず、いくつかの文献にあたってより冷静に検証をしていきたいと思う。

  •  著者の室谷克実氏は時事通信社のソウル特派員として半島の様子をつぶさに見てきた。半島に伝わる「三国史記」や「三国遺事」、中国に伝わる「隋書」などを正確に読むと、今まで常識と思われていたことが全くの嘘だということに気付いたという。

     例えば稲作などの先進文化は半島から日本が学んだという「定説」はウソだというのだ(これは既に科学的に証明されている。)その他にも
    ・倭国の勢力が半島南部に存在した。(広開土王碑文に出てくる「任那加羅」は実在したのだろう。)
    ・倭国の王が半島出身という根拠は全くない。
    ・従軍慰安婦は強制だったと言いながら、昔は「献女外交」、現代は「海外遠征売春」を行っているのが韓国。韓国の中央日報が報じている。

     こんな事実を隠して、歴史を反日教育のために捏造してしまい、今ではほとんどの韓国人がウソの歴史しか知らない。我が国でも遠慮してそのままにして抗議しないし、知る人はあまりいなくなってしまった。
     
     そういう意味で日韓ともに正しい歴史認識が必要だ。

  • 2012/6/8読了。

    古代朝鮮の歴史書を読んだことはなく、本書の内容が正しいのかどうかは私には判断できないが、本書を読む限り、正史がこのような記載をしている以上、倭人が新羅王となったことなどは、間違いない史実のように思える。なぜ、このような歴史が教えられないのか、戦後65年以上が経過しても、相変わらず自虐的贖罪意識に囚われ、客観的であるべき学問まで歪められている状況に、嘆息せざるを得ない。

    文章はちょっと読みにくい。関心のあった任那に関する記述もほとんどなかったのが残念。

  • 朝鮮半島には倭人の国があり、今の朝鮮半島の大元を築いたのは日本人であるということを指摘した本。
    特に偏見が入っているわけでもなく、韓国の古書を丹念に追っているのだから確実性は高そう。しかし、それを半藤の人たちは無視し、捻じ曲げているとう主張。
    自分のところに都合の悪いことは言わないはある意味常識。

  • ソウル特派員で韓国が嫌いって大変だっただろうな・・・。
    知識が乏しいので読むのが大変だったがとても面白かった。歴史的な書物に沿って持論を展開している。著者の想像部分は多少突飛すぎやしないか・・・?と思われる部分があったのだが、素人目であるのでなんともいえない。取り敢えず日本の神話と朝鮮の神話がいかに似ていないかがよくわかったのでよしとする。また読み返したい本である。

全39件中 1 - 25件を表示

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)の作品紹介

古代日本は朝鮮半島から稲作などの先進文化を学び、国を発展させてきた-という"定説"は大嘘である。半島最古の正史『三国史記』には、新羅の基礎を造ったのは倭人・倭種、中国の『隋書』には、新羅も百済も倭国を文化大国として敬仰していたと明記されているのだ。日韓古代史の「常識」に異義を唱え、韓国の偏狭な対日ナショナリズムと、日本のあまりに自虐的な歴史観に歪められた、半島史の新常識を提示する。

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)はこんな本です

日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書)のKindle版

ツイートする