気にするな (新潮新書)

  • 156人登録
  • 3.05評価
    • (4)
    • (17)
    • (21)
    • (10)
    • (6)
  • 41レビュー
著者 : 弘兼憲史
  • 新潮社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103681

気にするな (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ややゆるーい感じで書かれていて読みやすい本でした。
    長年著作活動をしているからこそ感じること、わかること、といったことが書かれていて、楽しく読める本です。

  • まんが道のような本でした。 弘兼さんが松下電器で経験したことが初芝電器という名で書かれており、そのままビジネスの失敗や成功、またはあこがれや想いが漫画となっている。 読んでいると確かに面白いがこんなことがめlつたやたらと起こるものではないなあと思えてくる。現実のビジネスはもう少し平坦でもある。その反面突如としてびっくりする様なことも起きる。

  • 自分語りが多く、求めていたものとは違っていた。島耕作があの時こう行動したのは、こんな意図があってさ、みたいなのを期待してしまっていたのが誤りだった。正直面白くなかったけど、気にするな!

  • 漫画家も才能だけではダメだよ。
    社会性は必要だよ。

    この方、とても理知的。

  • 締切は厳守する。
    それがプロ。
    世の中の仕事の多くは単体で成り立っているのではなく、様々な要素が含まれている。その仕事のことだけ苦wしくなれば能力が向上するという単純なものではない。
    総合的な能力が必要とされる。

  • くよくよ悩まないで気にしないでOK。
    人生楽しんだ者勝ちだから。

    →了解です。

  • 軽い読み口のエッセイだが、弘兼氏の人生観や考え方から学ぶことが多く、勉強になった。
    人生は楽しんだもの勝ちなのだから、くよくよせずに前向きに生きるというのは、心がけたい。

  • 何が期待値かはひとそれぞれでしょうが、弘兼さんの経歴を改めて書いて、だから何?

  • 具体的に計画や目標をもって動いてきたというよりも、細かくは考えずいきあたりばったりで上手くいってきた、という自らの経験を語っている。
    だから「気にするな」というタイトルの様な考え方が大切と思っているのだろう。

    ここで考えたのは、成功するには「細かい事は気にしない」ことが必要なのか、成功したから「細かい事は気にしなくていい」と思っているのか、この関係性の前後が分からない所だ。

    どうも「気にしない」が成功のためのマスト条件なのではなくて、たまたま著者はそういう性格でも成功した、というように感じたのだが、どうだろうか。

  • 課長島耕作で有名な作者のエッセイとも言える本。一般的な感性に、漫画家としての昔の話は中々面白かった。しかし三年程度の社会人生活で、そのあとも永遠と社会人経験が活きたと言うのには苦笑いしかない。

全41件中 1 - 10件を表示

弘兼憲史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

気にするな (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

気にするな (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

気にするな (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

気にするな (新潮新書)の作品紹介

「上司と合わない」「仕事が面白くない」「未来が見えない」等々、人生は暗く捉えればいくらでも暗くなる。でも、どんな経験もそのうち必ず役に立つ。細かいことは気にせず、目先の目標に全力を尽くす。そう考えれば嫌な上司との接し方も変わってくるものだ。-人気漫画家が生い立ちから社会人時代、「島耕作」シリーズ等、ヒット作の裏側まで、キャリアを振り返りながら語る。読むと気分が晴れて元気になれる人生論。

気にするな (新潮新書)のKindle版

ツイートする