編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)

  • 298人登録
  • 3.35評価
    • (9)
    • (21)
    • (37)
    • (10)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 柴田光滋
  • 新潮社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103711

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 光文社のリストラ現場を生々しくカミングアウトした、たぬきちさん効果もあって、悲壮感の漂う編集者という職業。

    まぁ、大手とその他ではそもそもの従事する仕事の中身や待遇からしてまったく異なる世界なのだが、時代は個人でも簡単に出版できる電子書籍ブームなんで、「もう編集者っていらなくね?」ムードが漂いつつある今日この頃であります。

    そんな折に読む本書。帯に「電子書籍にはない職人技に迫る」の文字があり、ちょっと泣けた(笑)。

    本来は、本が大好きでたまらなかったり、もしくは編集を仕事に(しようと)しているような人にしか関係なさそうな、編集のイロハ的な内容なのだが、今が旬なテーマへの引っかけ方はなかなか上手にマーケティングしているのかも。

    自分の購入したシチュエーションが神保町の三省堂書店本店というのも効いてて、コーナーに山積み展示されていたのを思わず1冊ピックアップしてしまった。一般の人でもこういうのって買うのかな。


    話は戻って、電子書籍時代になろうとも、本を読みやすくしたりするためにも編集者は必要だとは思うのだけど、きっとプログラムでかなりの部分が自動化されるんだろう。かつてDTP化が進んだときに、写植を筆頭とする職業が破滅に追い込まれたりする反面、編集者の仕事が圧倒的に増えたりしたりしたことは記憶に新しいが、今回もまた、編集者の仕事は増えるのかもしれない。

    繰り返すけど、本書はそういうことを考えさせるような本ではないので悪しからず。

  • 編集者なら読んでおいて損はない。単に自慢話ではなく、印刷や紙、レイアウトなど、汎用的な話が多く、役立つ。

  • 本の各部名称や本作りの流れなどを知らない人でも分かりやすく解説してくれた本なのだが、いかんせん文章の端々から「お前らはこんなこと知らないし、気にしたことないだろ? おれは知ってるぜ?」という上から目線感がにじみ出てくるので、人によってはそこら辺に不快感を抱くかもしれない。また、実際の本作りの流れは著者の経験したものであり、若干古臭いところもあるし、出版社ごとに言葉の使い分けがまったくことなるので、あまり内容をうのみにするのもいかがなものかとは思った。

  • 本の物理的な作りについて本でした。

  • 編集者の仕事、というよりは、本についてのあれこれ、というかんじ。モノとしての本が好きな著者が、本について好きに語る。仕事の片手間で読んだから、時間かかった。こういうゆとりのある(?)本が出てると、それだけでいいなぁと思う。

  • 読みやすい本でした。
    電子書籍で読んだので文字などをについては少しとまどいましたが、わかりやすく解説されています。
    ですが、何故か記憶にあまり残っていない…
    集中力と覚えなきゃという危機感がないからでしょうか。
    読みながら、ここ最近読んだ本は、読んだなという気にはさせられましたが、何も自分の中に残らなかったり、自分で何も考えなかったりすることが多く、最後のページまで目を通したなというすこしの達成感が得られるだけだったなと思いました。
    もう少し真剣に読まなければと考えさせられました。

  • 編集の仕事の面白さ、不思議さがよくわかる一冊。本に対する見方が変わります。

    本を読むとき、その内容ばかりを気にしているような気がするけれど、実はそうではない。内容の良し悪しはもちろん重要だけど、内容を気持ち良く読者に伝えるためにはいろんなことが工夫されている。

    本のサイズ、紙の種類、フォント、文字の大きさ…。とにかくいろんなことが、工夫されている。本を読むとき物理的にいちばんよく見える部分になされている工夫なのに、いちばん見逃されている工夫。

    でもきっとそれは、見逃されてしまうくらいのものがいちばん読者にとって自然で心地よいものだからなのだろう。逆にいろいろ気になってしまうようでは、編集者が正しく仕事ができていないということになるのだろう。

    何より、著者の「本」に対する愛や思い入れが感じられる。手元の本を、編集者の視点で読み返したくなる、本をもっと大切にしたくなる、そんな本でした。

  • なぜコピーした本の活字は読みにくいのか。また電子書籍はよみにくいのか。モノとしての本をさぐることにその答えがあった。今の時代だからこそ読む価値があるのでは。一昔前では単なる雑学本になってしまっていただろう。

    ・一次元の原稿を三次元に、の章全般
    ・校正にお金をかけない(時には全く)出版社が多いのは残念。その通り。

  • ある冊子を作る機会があり、基本的なことを知ろうと思って読みました。

    新書・文庫・単行本など、決まった型があるものだと思い込んでいましたが、そのもの全体として、「本」なのだということがよくわかりました。

    電子ブックが増えていますが、紙媒体がなくならないのは、編集者の魂が宿っているからなのかもしれません。

  • 「金閣寺が地味に見えなければその本当のよさはわからない」らしい。

    こういう本の存在意義がわからんのだがなー。

全38件中 1 - 10件を表示

柴田光滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)の作品紹介

本の良し悪しは、読まなくても分かる。なぜなら「いい本」には、オビから奥付まで随所に工夫が凝らされているから-。「1頁が存在しないのはなぜか」「目次と索引こそ技量が問われる」「余白の意味」「明朝体の美しさ」「本文紙は白ではない」など、数々の名著を手がけた編集歴四十余年のベテランが、本づくりについて縦横に語る。"電子書籍元年"と言われる今こそ伝えたい、昔ながらの「紙の本」の知られざる魅力。

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)はこんな本です

編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)のKindle版

ツイートする