異形の日本人 (新潮新書)

  • 250人登録
  • 3.23評価
    • (7)
    • (22)
    • (26)
    • (19)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 上原善広
  • 新潮社 (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106103872

異形の日本人 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上原節

  • 上原のルポを集めた作品集
    タイトルはちょっと無理やりなので
    信じてはいけない
    ターザン姉妹と春團治が特に良かった
    4.5点
    四捨五入で★5

  • マスメディアが伝えようとしない、異端とされた人々、タブーとされた出来事を通して、日本人の隠された本質的な何かをあぶりだそうとした本。

  • ターザン姉妹、解放同盟に弾圧された漫画家、パチプロの元槍投げ選手、筋委縮症でセクハラ裁判の女性、ストリッパー、皮田藤吉(初代桂春團治)に関するレポ。

    主に各紙に掲載されたものをオムニバス形式に。

    読み物としては、鹿児島のターザン姉妹に関するものが秀逸。

  • やり投げ溝口の生き方が好きだから、溝口の章は☆5

  • 哀しい宿命のターザン姉妹、解放同盟に徹底的に弾圧された漫画家、パチプロで生活しながら唯我独尊を貫く元日本代表のアスリート、難病を患いながらもワイセツ裁判を闘った女性、媚態と過激な技で勝負する孤独なストリッパー…社会はなぜ彼らを排除したがるのか?マスメディアが伝えようとしない日本人の生涯を、大宅賞作家が鮮烈に描く。
    ------------
    たいそうなタイトルと興味を惹く作品紹介に思わず読んでみたけれど
    新書ということもあり、物足りなさが残った。
    それぞれテーマは深く考えさせられるものばかりだけれど
    文章量が少ないため、いまいち深く伝わらない。
    もう少しネタを少なめに、1章の濃度を濃くしたものが読みたかった。

  • 上原氏の本は読まされてしまう。

    単に文章がうまいだけではないハズ。

  • 変な人のお話です。感情移入できないのは、まともさの証明か。被害者意識についていけない。痛々しくて読むのがつらい。

  • オムニバス形式なんだけど、この著者の本にしては、ひとつひとつ薄かった印象。

全30件中 1 - 10件を表示

上原善広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
シーナ・アイエン...
三島 由紀夫
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

異形の日本人 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異形の日本人 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異形の日本人 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

異形の日本人 (新潮新書)の作品紹介

虐げられても、貧しくとも、偏見に屈せず、たくましく生きた人たちがいた。哀しい宿命のターザン姉妹、解放同盟に徹底的に弾圧された漫画家、パチプロで生活しながら唯我独尊を貫く元日本代表のアスリート、難病を患いながらもワイセツ裁判を闘った女性、媚態と過激な技で勝負する孤独なストリッパー…社会はなぜ彼らを排除したがるのか?マスメディアが伝えようとしない日本人の生涯を、大宅賞作家が鮮烈に描く。

異形の日本人 (新潮新書)のKindle版

ツイートする