やめないよ (新潮新書)

  • 1374人登録
  • 3.79評価
    • (140)
    • (202)
    • (149)
    • (42)
    • (7)
  • 247レビュー
著者 : 三浦知良
  • 新潮社 (2011年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104053

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
村上 春樹
ジェームズ アレ...
長友佑都
有効な右矢印 無効な右矢印

やめないよ (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんでか、読みづらかった。
    ひとりひとりの考え方に触れてみたいから読んでみたのだけど、ほとんど入ってこなかった。日記みたいな内容だからでしょうか。

  • 三浦知良。キング・カズ。
    彼が、キングであるのが理解できる本。
    一時は、40歳にもなってサッカーを続けているなんてほかにやることないからだろうと、斜めからカズを見ていたこともあった。
    けれど、彼が多くの人から慕われているのを見て、少しずつ見方が変わっていった。
    この本を読んで、多くの人がカズを慕う理由が分かったように思う。生き方がまっすぐで、真剣で、ぶれていないんだと思った。
    1センチでも前に。本の中に書かれていた言葉だけれど、昨日の自分を超える自分を作り上げようと、一生懸命に生きている。
    一生懸命なって言葉、陳腐に聞こえるくらいの覚悟で一瞬一瞬を生きている。人生は、いつの瞬間も挑戦なんだ。
    キング・カズのように、一年一年をやり切った!と思える生き方ができたらいいね。

  • カズについては色々と言う人がいるが、若い時にブラジルに渡ってサッカーを極める覚悟は

  • カズの信念ここにあり!という感じ。

    「続けることに意義がある」と心底感じた一冊。

  • まず、この題名!
    このたった五文字ですべてを言い表してる。
    すごい。

    サッカーのことではあるけど、
    生きていくうえで「うーん、なるほど」とか
    「はあ、そういうふうに物事をとらえるのか」と
    刺激を受ける部分がたくさんあり、
    いくつになってもやろうと思えばできる、って
    いうことも教えてもらいました。

    こうなったらとことん「やめないで!」

  • 「1センチでいいから前へ進むんだ」。毎日少しでもいいから成長しなければいけないと感じた1冊です。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=81&catid=2

  • リアルタイムにコラムを読んでいたら面白いと思う。その時々に感じたことがつらつらと書かれているだけなので、興味のない人の日記を読んでいる感じ。というか、サッカーファンじゃないのに面白いと感じるわけないか。

  • カズはキング。日本サッカーにそんな人がいるだけですごいことだ。

  • こういう有名人のエッセイとか名言集みたいな本は、実はあんまり好きじゃないのですが、カズには前々から惹かれるものがありました。ピークを過ぎても、自分なりにサッカーと精一杯向き合う姿、かっこいいです。「学ばない者は人のせいにする。学びつつある者は自分のせいにする。学ぶということを知っている者は誰のせいにもしない。僕は学び続ける人間でいたい。」←カズさんのお言葉。

  • カズはできたばかりのこの本の表紙を見て「やめたいよ」と、言ったらしい。爆笑。

    44歳になっても現役プロサッカー選手にこだわる彼はハンパじゃない努力をしているはず。でも、彼はユーモアも忘れない。この本でも自分の苦労や挫折はとりあえず脇に置き、前向きなメッセージと他人を思いやる心にあふれている。そんな気持ちで人生を過ごしているからこそ、誰からも愛され、戦力として認められているんだろう。

全247件中 1 - 10件を表示

やめないよ (新潮新書)に関連する談話室の質問

やめないよ (新潮新書)に関連するまとめ

やめないよ (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やめないよ (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やめないよ (新潮新書)の作品紹介

これまで本当にいいサッカー人生を送ってきた。でもそれは昨日までの話。今日もすぐに過去となる。明日をどんな一日にして、どう自分を高めるか。僕はそれだけを考えていたい-。40歳を超え、若手選手とは親子ほどの年齢差になっても、あくまで現役でサッカーをプレーし続ける。そんな「キング・カズ」が、苦楽を味わいながらみずから刻んだ足跡と思考の記録。

やめないよ (新潮新書)のKindle版

ツイートする