アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)

  • 305人登録
  • 3.84評価
    • (20)
    • (59)
    • (33)
    • (1)
    • (1)
  • 49レビュー
  • 新潮社 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104091

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 急速に経済発展を遂げているアフリカについて書かれた本.新興国市場としては中国やインドが取り上げられることが多いが,これらの国はすでにかなり発展してしまった感が強い.アフリカはまさにこれから発展しようとしている途中であり,なかなかおもしろい市場だと思えるようになった.気になったトピックをいくつか.

    ・携帯マサイ(ケニア、ウガンダ)
    最近のマサイ族は携帯電話を使用しているらしい.固定電話回線を敷くよりもアンテナを立てる方が安上がりなのだとか.先進国では固定電話から携帯電話という発展の歴史があったが,そういった固定観念を捨てることが新興国市場を攻める上では必要かもしれない.

    ・移民の受け入れと歪み(南アフリカ、ジンバブエ)
    ジンバブエでの歴史的インフレは周知の事実だが,その後経済状態の芳しくないジンバブエ人は仕事を求めて南アフリカへと移民している.そして安価な労働力としてのジンバブエ人と現地で職を探す南アフリカ人との間で敵対感情が生まれている.ドイツなどで起きた移民問題が新興国の間でも起きており,新興国の間にも格差による問題が起きている.

    ・中国の対アフリカ政策(エチオピア、ザンビア)
    中国が国を挙げてアフリカ攻略を狙っているようだ.中国とアフリカがくっついてしまうと,世界の天然資源の大部分を中国に押さえられてしまうだろう.しかし成功しているところもあれば,無理な展開で労働災害からデモ活動が起きるなど歪みも生まれている.個人的な考察になるが,他の国に進出するときは安価な労働力や資源にすぐに目がいってしまうが,フェアな条件でその国と協調関係を築きその関係を維持していくことが重要になるのではないかと思う.

  • 「先進国の食い物にされる大陸」

    アフリカのイメージはこうだったし、本書を読んでも変わらなかった。

    そしてアフリカが自立するにはまだまだ時間がかかるとも感じた。

    仕方ないことかも知れないが、他国の資本や知識を流入させ基礎を築いてからでなければ、「アフリカ独自の発展」は望めない。

    そんな伸び盛りな国故にビジネスチャンスは多い。

    しかし、「今の日本」はイメージ先行で大きく進出できず仕舞いなことがもったいない(不毛地帯のような時代の日本なら絶対進出していたはず)。

    逆に中国は政府の意向も汲みつつ私企業がどんどん進出している。

    そんな中で中国のアフリカでの強さは資金力ではなく、私企業であっても「国益とは?」という当事者意識を持って、ある意味で政府と連携して(チームワークを持って)事業展開している点にあると思った。

    どんな分野でも一人でできることよりチームプレイの方ができることは増えることの実例。

  • 2010年に3回シリーズで放映されたNHKスペシャル「アフリカンドリーム」の取材をベースに執筆された本。東アフリカの現状をを、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、エチオピア、ザンビア、タンザニア、ボツアナ、ジンバブエ、南アフリカの順で紹介している。
    民族紛争など様々な問題を抱えつつも豊富な鉱物資源をベースに発展し続けているアフリカの状況が理解できた。本書から7年、更に発展しているんだろうなあ。それにしてもアフリカに投資し続ける中国の動きが不気味。

  • これから有望な世界での市場はとなると、アジア、アフリカとなるが、アジアについてはかろうじて語れるものの、アフリカについては無知であった。

    したがって、本書を借りてきた。題名が「アフリカ 資本主義最後のフロンティア」NHKスペシャル取材班である。

    では早速内容を紹介していこう。

    アフリカにとって1960年は記念すべき年だった。ナイジェリア、カメルーン、コンゴなど17もの国がヨーロッパの宗主国から独立を果たし、「アフリカの年」と呼ばれた。

    しかし、アフリカの希望を謳った言葉に反して、独立を果たした国々の現実は過酷なものだった。待ち受けていたのは、紛争、貧困、エイズ、汚職、さらには新植民地主義とも呼ばれる先進国による支配と収奪にも振り回されてきた。

    アフリカには必ずしも、「希望」、「友愛」、「尊厳」をもたらさなかった。

    ところが、今、アフリカにはこれまでない新しい風が吹き始めている。21世紀に入ってグローバリゼーションが加速度的に進み、これまでなかった、人材・情報・マネーの流れが生まれ、アフリカを動かしているのだ。

    1994年に民族の対立で100万人が虐殺されたルワンダでは「アフリカの奇跡」と呼ばれるほど目覚ましい復興を続けている。

    その復興を支えているのが、ルワンダの発展を見越して海外から祖国に帰国してきた“ディアスポラ”と呼ばれる優秀な人材だ。

    9億人の巨大市場に期待を寄せる世界のマネーは、伝統的な生活を送ってきたマサイ族の伝統も変えつつある。携帯電話の売り込みは熾烈を極め、マサイ族のほとんどが携帯電話を駆使した生活を送るようになったのだ。

    資源の現場でも、新しい現象が起きている。二エレンが初代大統領になったタンザニアは「21世紀のゴールドラッシュ」とも呼ばれる金採掘ブームに沸いているが、そこでは資源メジャーと地元の採掘業者との力関係が変わりつつある。

    これまで資源メジャーの支配に甘んじていた地元の業者が、インターネットを駆使して金の世界市場での相場をチェックして、もっとも高く金を買ってくれる所に販売するようになった。

    インターネットのお陰で小さいながらも自立できるようなったのだ。タンザニア政府もこのような地元の業者を育成することが国の将来につながると考え始めている。

    ボツワナでは、巨大企業デビアスに対して、国が主導権を持って交渉できるようになった。交渉の材料としたのは、ダイアモンド原石の残り少ない埋蔵量と世界市場の動向という情報だった。

    世界に張り巡らされたネットワークから得られる情報を武器にすることができれば、弱者も強者と対抗する力を持つことができるようなる。

    グローバリゼーションは、これまで先進国がアフリカから資源などの富を収奪するためのものだった。しかし知恵を使って、新たな人材・情報・マネーを活かせばグローバリゼーションを順風に変え、自立への追い風に変えることができる。

    そうしたことに気づき、実現した人々をアフリカの各地で見られるようになった。もちろんアフリカから、貧困、紛争、汚職などが消え去ったわけではないが、今、確実に新しい時代への胎動が始まっている。

    エチオピアでは、今携帯電話元年を迎えている。(注・この本が刊行されたのは2010年)
    2年前まで携帯電話を使えたのは、人口の1%以下にすぎなかったが、2010年のはじめには10倍に急増。国内で使われている携帯電話端末も600万台を超えている。

    この急ピッチの通信インフラの整備の立役者が中国でも有数の通信機器メーカーZTEである。鉄塔の建設から、アンテナや通信機器の設置、調整、メンテナンスまで、通信ネットワークの整備のすべて一社独占で請け負っている。

    都市部から3000メートルを超える山間部の農村にいたるまで、日本の3倍の広さの国土全域に通信ネット... 続きを読む

  • 久しぶりのアフリカ!
    移民のパワーに関して良く考えてたよねー。ということを思い出す。

  • アフリカの現実を、現地の人々のそれぞれの視点から語られていて面白かった。
    また、非常に読みやすく、ざっくりとした歴史の概要もわかり、読みやすい。

    「開発」する主体が旧植民地国からアフリカのそれぞれの国に移ってきていることが強調されていたが、結局それぞれの国の上流の、資本を持ち、人脈を持ち、海外で教育を受けた人たちの話が中心に思えた。
    これはかつて南米で起きたことにも似ているような気がする。
    つまり、ナオミクラインが「ショックドクトリン」で描いたような、新自由主義的な政府が主体となって、公共物を私物化していく。その利益は「国益」とされるが、国民には還元されない。テクノクラートと呼ばれる、アメリカの有名大学帰りのエリートたちやその人脈に通じる人々のみがその恩恵を受ける。
    そして彼らが主張することは、規制を緩和して海外の投資を呼び込むということ、そしてその海外の投資案件を自分の持っている会社の利益としていくということ。
    これらの要素が非常に似ているように思えた。
    結局、大資本を持つ、政権中枢部に近い人々が高級ショッピングモールを建てたり、高級ホテルを建てたりする話が主なモノだったように思える。
    このことは本書での取材先のアフリカの多くの国に共通なことのように思え、それを発展として捉えていいものかと思った。
    ただ、本書の素晴らしい点は、しっかりとそこに住んでいる、すむしかない人たちのひたむきな経済活動、そこから生まれる地場産業を捉えていたことだ。
    特に素晴らしいと思ったのは、タンザニアの金鉱山の話だ。
    金は「みんなのもの」として、多くの雇用者に対する安全への配慮や投資、そして利益を病院や井戸の建設へ還元する姿勢。
    こうしたその地の資源がその場で還元されること、この循環がうまくいくことこそが「経済発展」と呼べるのではないだろうか。
    この本はアフリカの小さな、しかし大きな意味を待つ循環を捉えている。
    その一点だけでもこの本は素晴らしい。

  • 2009年GDPの280%に及ぶ債務残高でワースト1の財政赤字国だったジンバブエ。白人の農園を黒人に強制的に再分配したムガベ大統領。 反発した欧米が経済制裁を課し、財政赤字が膨らんだ。赤字補填のために通過を大量発行したためインフレが起きた。 人々が食品を買い占めたためにモノが不足し、さらに物価が急上昇。紙幣がどんどん発行されるなかで、物価コントロールができなくなった。ジンバブエの通過は消滅し、アメリカドルが使われている。

    戦後、世界に例のない猛烈なインフレの中でも、財産を築いた人たちがいた。ワニを飼育して革をグッチやプラダなど欧米の高級ブランドに売り、ワニ肉を中国に売って外貨を稼いだ企業。 超インフレで地価が暴落したときに、倒産した会社などから破格の値段で大量に土地を買い占めた企業など。

    日本もこれから大きくインフレになると、海外から外貨を稼げる人たちが強くなるのでしょう。

  • 中国人は大学を卒業してもアフリカに来なければ仕事がないから、勇んでくる。
    アフリカの人々はとにかくたくましい。

  • アフリカの各国の特色、問題、歴史がざっくりとわかる。
    曖昧に、アフリカに対して興味を持っている人の好奇心を満たす一冊

  • アフリカと言っても、アフリカの中には多くの国や文化が存在し、多くの人が暮らしている。まだまだ知らないことばかりだけど、もっと多くのことを知りたいと思った!
    野うさぎが輝く日がきっと近いうちに来るのだと思う!

  • アフリカ東南部での経済発展のきざし。紛争、搾取の歴史を超えて仕事に精を出すひとたちの今に触れられるのはいいけれど、ところどころ若干作為的。

  • うあー!アフリカに行きたくなります。

    ザンビアに進出する中国の巨大企業の進出と現地の雇用ニーズの合致
    経済成長を目論む南アフリカとジンバブエからの大量移民の雇用ニーズの合致
    そんな東部~南部のエネルギッシュな話が多いけど、その裏に潜む問題は数しれず…といった感じかな

    現地人からのインタビューや会話をもとに書かれていて、特にジンバブエのハイパーインフレの話なんか悲し過ぎて読んでて泣きそうになりましたが、逆に現地の人のエネルギッシュさや温かさに胸を打たれる場面も多いです。

    ケニアのMPESAのようなBOP的な視点から、国の政策、経済格差、グローバリゼーションの功罪など(ちょっと功の部分が多いけど)、広くアフリカの今が真っ直ぐな視点で書かれていておもしろい。

  • アフリカで何が起きているか,普段目にするニュース等の情報ではなかなか入ってこない「今のアフリカ」が記されている.
    ただし,この内容も数年で古くなるものであろう.それだけの動きが今アフリカにはあるようだ.

  • 自分の中のアフリカのイメージが崩れ去ってしまう内容であった。
    アフリカの情勢に疎い私は、アフリカについてまだなんとなく開発途上
    だろうくらいにしか思っていなかったが、本書で紹介されているのは、
    以下のようなアフリカについての最新事例であった。

    ・携帯電話を駆使し、出稼ぎなどを行うマサイ族(ケニア)
    ・ルワンダ虐殺という悲劇を乗り越え、ツチ族・フツ族双方の共同事業
     を立ち上げた経営者(ルワンダ)
    ・国家をあげてアフリカ投資を行う中国とその企業(エチオピア・ザンビア)
    ・金採掘と資源が枯渇したとの国家戦略を考え、行動に移している官僚
    (ボツワナ)
    ・経済破綻したジンバブエからの移民を積極的に受け入れる南アフリカ

    個人的にはボツワナの官僚の先見性がすばらしいと思った。さすがに
    金という資源だけだと枯渇した後が厳しいということを予見し、川下産業
    まで自国で抱え込んだり、金を自国に集まるよう誘致したり、研磨技術を
    磨いて金以外の資源についても対応できるようにするなど、これが官僚
    だよなと思わせる取り組みでした。

    ザンビアも資源国であるボツワナから学ぶところはいっぱいある。

  • アフリカで日々起こっていることをもっと追いかけないといけない。ビジネス、政治、文化、民族対立。すべて同じ人間の世界なのに、しんじられないほど違う前提になっている。学ぼう。

    ケニアのサファリコムとかの話もとても参考になる。ビジネス的にも良いことがいっぱい書いてある。

  • 天然資源に頼る国
    一部の富裕層が殆どのマネーを握る国
    周辺国との格差にあえぐ国
    政治腐敗が進む国
    中国という「巨龍」に開拓され、携帯を持つマサイ族

    その他、知らなかった国々が沢山。
    非常に興味深いルポ。象牙海岸地域の本も読みたい。

    ビジネスチャンスは多分にある地域、アフリカですが、全ての人々が平和に発展させるには、多くの問題があるな、と考えさせられました。

  •  なんとなく「発展途上国」という画一的なイメージを持っていたアフリカの国々の、知られざる急成長の最前線を追ったノンフィクション。認識を新たにすることが多かった。
    ・携帯電話を駆使するケニアのマサイ族
    ・大虐殺から急成長したルワンダ
    ・中国政府・企業と手を組んで成長するエチオピア、ザンビア
    ・隣国ジンバブエの移民を格安労働力として使って成長する南アフリカ
     どの国も、発展にともなう希望をかいま見ることができ、その影で急激な成長がもたらす貧富の格差や民衆の悲鳴も聞こえてくる。周回遅れの競争レースには、リードしている国もあれば脱落寸前の国もある。
     本書で取り上げているのは東沿岸のほんの数カ国のみだが、少なくともこれからは、ひとくくりに「アフリカ」と語ってはいけないことは認識できた。

  • 久々にアフリカ関連本。

    一方が何かを得れば
    一方がその行為に不満を得る。

    どのような仕組みが
    彼らに、そして私たちに
    win-winをもたらすのであろうか。

  • 今の熱いアフリカを知るのに適した本 これからはアフリカだ!

  • NHKスペシャルの取材班がまとめたアフリカ各地のレポート
    あなたがアフリカと言って思い描くことはなんですか?
    それはいつのイメージですか?
    今のアフリカを知るにふさわしい書籍です。

  • ひとくちにアフリカと言っても
    その情勢は多様であった。

    アフリカの国々は開発途上であるだけで
    未開の地ではない。

    もっとアフリカのことを知りたいと思ったが
    自国のことをよくわからないのに
    他国の問題を考えるのも本末転倒かなぁと思いながら
    いつかかなえたい目標のことを考えた。

  • 不幸な歴史に苦しめられてきた、豊かなる大地で何が起きているのか?このシリーズは変貌を続ける『アフリカの現在』が描かれています。アフリカの抱える光と影が色濃く映し出されています。

    この本の元になったのはNHKスペシャルの番組でした。これは番組で放映された内容を書籍化したものです。僕個人に限って言えば、このシリーズを見てはいましたけれど、諸般の事情で何回か見落としていたので、今回この本を読む機会がああって、リアルタイムでは見ることができなかった回を補完することができて、非常にうれしかったです。

    ここで描かれているアフリカは、僕個人がイメージしていたものとは大きく変貌を遂げていて、マサイ族の人間が中国から提供された携帯電話で出稼ぎに行っている男たちと会話をしたり、ルワンダではツチ族のディアスポラの一人で経済的に成功した人間がかつて対立していたフツ族の村で事業としてコーヒー農園を彼らとともに作り上げていこうとする姿には、読んでいて感銘を受けました。

    しかし、ジンバブエのように経済的に破綻した国が、一体どういうことになったりするか、ということにも鋭く迫っていて、国全体が崩壊に向かってくる中にもそれに逆行して、とてつもない大金持ちが生まれて、その日常が写っていたりと、ロシアでもそうでしたが、こういう時期には、桁外れの大金持ちが生まれる、という事実は万国共通だな、ということを痛感しました。

    そして、アフリカの豊富な地下資源を『新・帝国主義』を掲げる国たち、特に中国が国を挙げてのプロジェクトで現地に乗り込んでいく姿に、あの国が持つ、底知れないバイタリティーを感じます。アフリカの『今』を知りたいという方には必須の文献だと思います。

  • 一年間の現地取材により収集された生の情報が満載。独自の問題意識を持って取材した取材班が実際に感じたことを包み隠さず書いている印象。
    タンザニア、ケニアでの携帯電話事業最前線の取材は秀逸。

    ジャーナリストによるこういう良書がもっと出ればいいのに。

  • 9億人の大市場。資本主義最後の大陸アフリカ。とかく経済的観点から語られることの多いアフリカについて、NHK取材班が1年をかけて現地を取材した内容をまとめた一冊。
    ケニアなどで普及する携帯電話、大虐殺の歴史から一転、急成長を遂げつつあるルワンダ、中国が国家、企業一体となって資源開発に挑むエチアオピア、ザンビア、そして経済破綻したザンビアと、そこからの移民を活用して経済発展を続ける南アフリカ。まさに更なる激動の時代を迎えようとする国々における人々の姿が生々しく紹介されている。
    もしかしていつの日かアフリカでのビジネスに関わることになる可能性もあるだろう。中国、インドは既に発展途上国ではなく、しっかりと成長エンジンが回転している。一方でアフリカはまだこれから成長エンジンに点火されるかどうかという段階の国が多い。既にして中国、インドの進出に遅れをとっている日本企業だが、こういう地域こそ、官民一体となった先行的取り組みが必要なのではないか。ようやくインドとのビジネスに目覚め始め、アジアとの自由貿易協定が議論になってきた状態は、いかにも内向きで歩みが遅いと感じる。

  • 携帯電話を使いこなすケニアのマサイ族。
    ウガンダのビクトリア湖のナイルパーチ捕獲が生命線となる漁民や難民たち。
    フツ族とツチ族が対立するルワンダでは、「ディアスポラ」と呼ばれる海外で活躍して来たエリートたちが舞い戻り、過去5年間の経済成長率は世界トップクラス。「ルワンダはアフリカのシンガポールになる」とカガメ大統領は豪語し、その躍動を続けているが、フツ族、ツチ族の対立が完全になくなったわけではない。しかし、その歩み寄りはゆっくりと進んでいる兆しが見える。
    エチオピアには通信網、ザンビアには銅採掘、中国の強力なパートナーシップを得つつ、2国は成長している。そこには、胡錦濤主席の積極的な外交もあった。
    タンザニア、ボツワナでのゴールドラッシュ。
    財政赤字ワースト1位のジンバブエ。国土は日本ほどながら、人口は1200万人あたり。自国通貨を持たない。経済が破綻し、ハイパーインフレが起きたからだ。かつてはアフリカで最も豊かな国のひとつであった。破綻の原因はムガベ大統領の政策である。白人に対して黒人を優遇し、農地改革をおこなったばかりに、欧米諸国から経済制裁を受けてしまったのである。技術のノウハウを失い、さらに大統領は紙幣を刷ったため、インフレが起きたのである。なんとか人口湖でワニを育て上げ、それが国を何とか支えているといっていいだろう。
    ジンバブエからの難民を受入れる南アフリカであるが、移民を受入れることによるトラブルは絶えない。経済発展のために移民を歓迎する政府と仕事をとられることで対立が起きる。

    【感想】
    日本はこれから人口減少、少子高齢化、財政赤字でこれからマジにやべえって思ってるけど、アフリカはガチで今やべえ。気を抜いたら死ぬレベル。日本人は今、不自由していない人が多いから、危機感がない。
    ただ、海外で経験積んで自分の国のために帰ってくるってカッコいい。本当に人の命を救っていく、生命線となっていくビジネスを生み出さなければならない。わたしは生きる姿勢やハングリーさを学ぶべきだと思う。自分の好きなことをやるという夢を追いかける一方で家族や国民を幸せにするという夢を追いかけるアフリカ人たち。
    家族や国民や日本を幸せにしていきたい。現実から眼をそらさずに、この書物そして旅での経験を自分のものとしていきたい。
    アフリカに旅行するなんて考えなければ、きっと読まなかったであろうが、いい1冊でした。

全49件中 1 - 25件を表示

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)の作品紹介

いまアフリカに、世界中の熱い視線が注がれている。「大虐殺の地」ルワンダは「アフリカのシンガポール」を目標に急成長。マサイ族の生活も携帯電話の普及で一変した。タンザニアやボツワナは、資源をテコに「中進国」への戦略を描く。不幸な歴史に苦しめられてきた豊かなる大地で何が起きているのか。大反響を呼んだNHKスペシャル「アフリカンドリーム」の取材チームが深層に迫る。

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)のKindle版

ツイートする