日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)

  • 162人登録
  • 3.06評価
    • (4)
    • (8)
    • (25)
    • (9)
    • (2)
  • 18レビュー
著者 : 野地秩嘉
  • 新潮社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104114

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • coco壱の受電対応は電話に出た時一度で相手の名前を覚える事を求められる。うん、やろうとすれば出来る事だよな。確かに名前を聞き返すのは感じが悪い。

  • 281.04

  • 「先用後利」の考え。セールスに携わる身として心に迫るものがあった。

  • 配置場所:広広新書
    資料ID:93119626
    請求記号:081||N

  • 著者の丁寧な取材が垣間見える。ある特定分野のスペシャリストたちの素晴らしい仕事ぶりは分かったものの、すごすぎて自分とは違う世界のようにも思えてくる。ビジネスの世界ではどうしてもゼネラリストを育てる傾向がある中で、本書のようなスペシャリストをどう育てていくのかも大切なことだと感じた。翻って、時分はどっちに進むのか、進むべきかと言ったことや、子供や後輩をどう育てていくかと言う観点からは、非常に悩ましい部分ではある。一つの方向性として、仕事への取り組み方の一例としては、参考になった。

  • 中村由美さんと出会っている?!

  • 途中まで読んで積読になってしまっていたのを、読み進めた。

    どんな職種だろうと、プロのひとの努力には脱帽。
    秘書の方のお話は、事務職をしているのでほんとうにかないませんと平伏したいくらい。
    名前覚えるの苦手だし、会社名とかきちんと聞き取るのも……苦手。

    富山の売薬の方はお目にかかったことがないお仕事の方なので、特に興味深かった。
    国民皆保険がはじまったのって、考えてみたらそんなに昔のことじゃないんだよなぁ。
    それまでの生活のことを考えたら、ほんとうに生命線のお仕事。売薬さんだって大変だったんだろうな。

    どのお仕事でも、細部にこだわられていてすごかった。

  • 野地さんのノンフィクションはよく調査されているので読み応え十分。
    そのへんの軽薄なレポートものとは違って自分で取材対象者にぶつかっている感じが見て取れる。
    これは有名無名にかかわらずサービスの達人と呼ばれる人についてそのルーツから働きぶりまでを紹介する。経営者でもなんでもない人でも読んだだけで会いたくなるような気分になる点は感無量。
    しいて言えばそのサービスの素晴らしさがテキストだけでは伝わって来なかったこと。版権の問題かあえてそうしなかったのかはわからないけど…

  • 「サービスの達人たち」について書かれたオムニバス形式の本。
    (ちなみにタイトルのような「秘書」は1名しか出てこないので、
    誤解を生むタイトルのように思います・・・)

    本に登場する方、どれをとっても仕事をする上での志の高さに感動しました。
    「神は細部に宿る」とはいいますが、
    その拘りの多さこそが美学につながり、
    結果として良い仕事につながるんだと思います。

  • なにをもって日本一と言うのか、それは疑問ですが、
    マニュアルにないサービスを、自分の頭で考えて実行する、
    ってことなのでしょうね。きっと。

全18件中 1 - 10件を表示

野地秩嘉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
高野 和明
落合博満
古賀 茂明
有効な右矢印 無効な右矢印

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)の作品紹介

誰からも「最高の社長秘書」と言われる彼女は、いったいどこがちがうのか?思わず心がくすぐられる、幸せな気分になる…そんな究極のサービスを提供する「サービスの達人たち」が全国にいる。四万人の顔を知る横浜の名物ドアマン、警察の偉才・似顔絵刑事、シミ抜きクリーニングの名人、まごころを運ぶ富山の薬売りなど、平凡な人による非凡なるサービス-その極意と真髄がここにある。

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)はこんな本です

日本一の秘書―サービスの達人たち (新潮新書 411)のKindle版

ツイートする