日本人の叡智 (新潮新書)

  • 280人登録
  • 3.80評価
    • (16)
    • (27)
    • (16)
    • (5)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 磯田道史
  • 新潮社 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104145

日本人の叡智 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【二星潤先生】
    歴史を学ぶ醍醐味の1つは、先人の言葉を通して、その叡智に触れられることだと思います。この本には、近世から現代までの98人の言葉が載せられており、その言葉の背景や人物の説明が書かれています。たとえば、西郷隆盛が何を「卑怯」と考えていたか、小早川隆景が「決断」において大切にしたものは何かなど、この本を読めばすぐに分かります。
    どの人物も見開きでレイアウトされて完結しているので、短時間でも読みやすく好きな場所から選んで読むことができますので、是非気軽に読んでみてください。その時々で自分に必要な言葉が見つかるはずです。

  • 「古めかしい書物のなかに無名ながら素晴らしいと思える人物に出会ったとき・・・ミミズがのたくったような古文書の文学を読み解くうちに・・・」
    古文書の文学を解読しているうちは良いが、既に読み解かれた人物伝についての偏見に違和感を覚える。元々偏見のある現代書物を参考にしている部分を読むから、人物像に偏りが生じる。やっぱり新潮新書・・・。

  • 才能には限りがあるが、労力は時間の許す限り投入できる 人は、必ず死ぬ。しかし、言葉を遺すことができる。どんなに無名であってもどんなに不遇であっても、人間が物事を真摯に思索、それを言葉に遺してさえいれば、それは後世の人々に伝わって、それが叡智となる。この叡智の積み重ねが、その国に生きる人々の心を潤していくのではないか 水戸藩6代徳川治保の言葉:民を苦しめない政治をしていれば、後で必ず国の利益はついてくる 人生の目的を人格の完成とそれによる心の安定におく人間は強くまた幸せになれる

  • 磯田さんの文は、いつも多くの語彙から簡潔・明瞭に言葉を選んで纏められていて感心する。
    取り上げられている方々の素晴らしさにもっと触れてみたいと、調べものをしたいという衝動にからせてくれる道しるべ?にもなってくれる。

  • 盛りだくさんの内容で、何回読んでも新しい発見があります。磯田先生の価値観がよくわかります。お勧めの本です。

  • 新聞への連載をまとめた内容で人物毎に2ページを割き先人の言葉を題材にしている。読みやすい反面、多くの人物を浅く取り上げており、気に入った言葉や人物があれば更に別の書籍で深く知るきっかけの本としては良い。

  • 配置場所:2F新書書架
    資料ID:C0032388

  • 三葛館新書 159.8||IS

    本書では歴史上生きた様々な人の言葉を切り出し、解説を加えて紹介しています。人間はいつか死ぬけれど、どんな人であっても物事を真摯に思索し、言葉を遺していけばそれが叡智となり、人々の心を潤していくという筆者の言葉には、多くの先人への敬意と感謝が込められています。有名な人の言葉も、そうでない人の言葉も私たちにとっては叡智となり得ることを実感することができる1冊です。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61015

  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    「聖人賢者になろうとする志がなく、古人の事跡をみて、自分にはとても及ばぬ、と思うような心であれば、戦いに臨んで逃げるより、なお卑怯だ」16
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【鹿野武左衛門】

    関西でお笑い芸が発達したのは、古代から寺が多く法話の文化があり、室町以後、権力者が面白い話をさせる御伽衆をおいたことによる。30
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【津軽信政】

    「天竺は仏の道で治める国。大唐は文国で文道で治める国。我が国日本は武道でなければ治まらぬ国」35
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【西郷隆盛】

    聖賢たらんと欲する志なく、古今の事跡を見てとても企て及ぶべからずと思わば、戦に臨みて逃げるるより、なお卑怯なり。98
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【新名丈夫】

    あわてた陸軍はつじつま合わせのため、新名の出身地香川から三七歳前後の二五〇人を急遽召集。彼らは硫黄島に送られ全滅した。205
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    【松田権六】

    「芸術の世界に満点はあり得ない。九九点まではまだ意味があるが一〇〇点はおかしい、取り消してほしい」208
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • (欲しい!/新書)

全25件中 1 - 10件を表示

磯田道史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
佐々木 圭一
落合博満
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の叡智 (新潮新書)の作品紹介

先達の言葉にこそ、この国の叡智が詰まっている。仁愛を決断の基本とした小早川隆景、一癖ある者を登用した島津斉彬、時間と進歩の価値を熟知していた秋山真之、教養の正体を見抜いていた内田百〓(けん)、学問を支えるのは情緒と説いた岡潔…。約五百年にわたる日本の歴史の道程で生み出された九十八人の言葉と生涯に触れながら、すばらしい日本人を発見する幸福を体感できる珠玉の名言集。

ツイートする