婚活したらすごかった (新潮新書)

  • 407人登録
  • 3.03評価
    • (6)
    • (48)
    • (98)
    • (39)
    • (8)
  • 98レビュー
著者 : 石神賢介
  • 新潮社 (2011年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104305

婚活したらすごかった (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 婚活中の男性は読むべし(笑)婚活市場が「女高男低」はものすごく納得。私の周りでも魅力的な30代未婚って多いけど、男の30代以上未婚って結構ヒドイ。そう思うのは私が女性側だからなのか思ってたけど、著者の男性目線から見てもやっぱりそうなんだ~と。ちょっとエロかったけど面白かったです。

  • 同じ婚活をやってみた人間として、興味があったため、読んでみました。私がお会いした方の半分以上は積極的な方ではない方ばかりでした。もちろん自分も含めてです。でも、本に出てくるような変わった(?)方はそんなにいらっしゃらなかったように思います。あと、著者の経験された、婚活に役立つツールも紹介されているので、参考になるかと思います!

  • 40代バツイチから婚活を始めた著者の体験談と、婚活サイト運営会社,婚活パーティー主催者や結婚相談所への体当たり取材、そこで遭遇した個性あふれる男女の姿を追った、実用的(?!)婚活ルポ。

    婚活パーティーには、ギャンブルのような中毒性がある~という表現に、なるほどなぁと思った。でもたとえそうだとしても、ほかの人の成功を横目に見ながら(こうして婚活を続けていれば)私でも結婚できるかもしれない!って思うのって大事なことなんじゃないかな?
    うんうん。継続は力なり、だよ!笑

    十人十色の恋愛観/結婚観に触れられて、勉強になった。
    普段、出会いがないなあと思っている場合、いざ婚活を始めると、久々に新たな異性と知り合えただけで満足しちゃって、本来の目的を忘れそうになる~っていうのが、婚活の意外な落とし穴だなと思った。

    でも本当は、結婚とは二人のゴールではなく、はじまり。
    だからこそ、その出会いはとても大切にしなくっちゃ!と改めて思った。
    なんせ、この人とはもうダメかも~と思ったときは、二人が初めて出会ったときのことを思い出すといいらしいので、こりゃあ雑な出会い方したらいかんな!と思ってね…。笑

  • ネット婚活、お見合いパーティ、結婚相談所など、実際に体験した現代の婚活状況をリアルに書いてある。サラッと読めて意外におもしろかった。

  • バツ一の著者の婚活経験談。結局、婚活自体は、恋愛至上主義と情報の過多、スペック重視傾向の反映なんでしょう。しかし、実は、男性女性問わず、相手に利用されている感ある相手とは長続きしない。これは、まぁ当然でしょうが、細分化できる情報とは違い、人柄というアナログ的な要素が関係持続のキーであることを示してそうである。加えて、そもそも、男女の関係構築を自ら実行していくことが要請される現代において、婚活の意義は、異性との関係構築の練習、気軽に誘うことへの耐性ができる点にあるようにも思えてくる。

  • まあ、予想していたくらいの内容で、期待を上回る何かってのは特になかったです。

  • 「ネット婚活は、自分を商品として扱う”信用取引”だ。」

    婚活の3種類、ネット、婚活パーティー、相談所について経験した話が掲載されている。面白い。もっと闇が深いものだと思っていたが案外そうではなかった。

    婚活をナンパ目的でするのは勉強になった。よく考えたものだ。

    40代が30代よりも収入、容姿にこだわるのはなるほどだと感じた。バブルの遺産。自分の市場価値に気づいていないのか。

    ステータスから相手を知る。やはり外面は大切なのだと感じた。

  • 真剣さは払う金の具合によって変わる。

  • 婚活パーティーに行ったので読んでみた
    なかなかおもしろい体験談

    270805

  • フリージャーナリスト、バツイチの著者が、真剣に結婚を望んで、各種の婚活支援サービス(ネット婚活、お見合いパーティー、結婚相談所)を実際に体験してみたレポートです。キャッチセールス、悪徳商法、あやしい求人広告などの体験レポートも多く本になっていますが、この本がそれらと違うのは、著者が本気で結婚したいという動機を持って、何が効果的(あるいは盲点)で、どこに(どんな言動に)注意すべきなのかを当事者として語っている点です。

    私自身(将来何かあればともかく現時点では)婚活サービスのお世話になることはないわけですが、「もしも独身のままで婚活中だったら、かなり参考になっただろうな」と思う本です。経済的に安定している男性を求める女性が多い婚活市場において公務員はかなりの人気とのことですが、甘い言葉で近づいて、高級レストランで食事をおごらせたり、デパートで高価な服やバッグを買わせて、そのままフェードアウトする女性もいるとか(著者の実体験。他にも同性として同情を禁じ得ないような場面も多々あり)。利用するサービスによっていろいろポイントを押さえて女性に接しないことには、自分が思うような相手と一緒になることは難しそうです。お見合いパーティー、結婚相談所で、女性が気をつけるべき男性のタイプなども書かれています。

    結婚相談所に登録する男女の傾向として、人気のある男性は数人の女性と対面して気に入った人がいると、さほど悩まずに結婚するのに対して、女性は相性のよい男性と出会っても、もっとよい男性がいるのではとなかなか決めないうちに、その男性がほかの女性会員とつきあい始めてしまいということがあるとのこと。男性の婚活は女性のそれに比べると暗いイメージがあって長く続けたくないと思うからか、何度も傷つく前に決めてしまおうということなのか、よく分かりませんが、なんとなくそうなんだろうと、同性として想像はできます。(ここの未婚メンバーの方は将来、結婚相談所を利用することがあったら、覚えておいて損はないかと。)

    婚活サービスを利用するかしないかにかかわらず未婚女性が読んでも楽しめそうな本です。巻末には、(体験を通じて得た)「超実践的婚活マニュアル」も付いています。4年ほど前の本で、そこそこ売れたのか、ブック●フ108円コーナーでよく見かけます。その値段なら決した損した気分にはなりませんので、気になった方はどうぞ。

  • 回転ずしみたいな、婚活パーティー。婚活パーティーにはいったことないけど、いってみたくなった。婚活に役立つかはわからないけど(著者男性だし、私婚活してないし)、男性側からはこうみえてるのか!気をつけないと!と参考になりそうな部分はあった。気になったのは、こんなバブリーで大変そう女性は本当にいるの?と男性側より女性側の登場人物にびっくり。本当だったら、本当…男性って大変…

  • 短期間だけ婚活パーティに行ったりしていたので、あるあるーという感じで面白く読めた。

    今の時代ってモテ格差が広がっていると思う。
    女性なら若い可愛らしい人、美人な人やスタイルのいい方が有利だし、男性は収入がいい人に人気は集まる。
    モテる人はモテるし、モテない人はいつまでたってもモテないままって感じ。
    でも、このままじゃいけない、自分を変えようとして努力する真摯な態度の人は、婚活の末に結婚にたどり着いているのではないかな。

    周りを見ても、身の丈に合わない相手を手に入れたがっている友人たちはいまだに結婚出来ていない。
    自分の市場価値を分かっているって大事なことだ。

    筆者は結婚できたのかなー

    応援したくなった。

  • ネットや婚活パーティー、結婚相談所で婚活した人の新書。リアルというか生々しい感じであった。結婚相談所で、グイグイ来てくれる男が良いと言った女に対し、そういう人はうちに登録してません、という返しが面白かった。婚活する人は読んでおくと良いかもです。会社帰りじゃなくて週末にちゃんと時間とってくる人とか、無料だからってくる人、それぞれの本気度はよく考えなっせ。

  • 婚活のリアルな実態が体験談として書かれていて面白い。

  • これ、全部したなぁ。
    出てくる女性に共感は持てないけれど。

  • 著者は40代 バツイチのフリーライター。
    再び結婚したくなったで婚活を行ったとあります。

    思うのは、昔はお見合い等で、ある意味、地縁・血縁紹介による談合状態で結構活動はされてきたと思いますが、自由競争時代に入ると強者・弱者の区別が明確となり、強者[男の場合、年収の高さ・生活の安定感、女の場合、見た目の良さ]弱者は、ますます、モテなくなるという点があるかと。

  • 「抱腹絶倒!」と帯に書かれるほど面白くはなかったが、婚活の実際を知るにはまぁまぁ良かった。著者自身の体験談に加え、インタビューに基づいた内容も取り扱ってるので読んでて飽きがこないようにはなっている。
    ニューヨークの婚活で日本人女性が有利、というのは非常に興味深かった。でもまぁ、婚活の予定もなし。ホントに暇つぶし程度の内容だった。

  • ダンナが借りてきた本。面白そうなので読んでみました。
    色々な方法での婚活の模様が書かれていました。
    以前、結婚できなかったらツ○イに入会しようかと考えたいたことがあったので、興味深かった。
    自分で行動することもとても大事なんですな。
    特に面白かったのは、婚活パーティー。
    私も、まだ若かりし独身の頃に友人と参加しようかと話したことがあった。結婚相手探しが目的ではなくて、無料で参加できてケーキ食べ放題だから。ケーキが目的なのでした。結局参加はしなかったけれど。
    この本によると、そういった女性の参加費が安いのは、女性の本気度が低いという記述があった。
    うむ、全くもってその通りだろうなあと。

  • 凄いエピソードは最初だけ。あとは業界や参加する人の真面目な話。

  • 筆者による婚活レポート。
    最大限の努力をして場に臨む筆者には好感がもてます。
    最後に簡潔に活動のポイント付。

  • 好奇心だけで読むなら面白いです。

    仮に5年後独身の私が読んだら世知辛いって思うんだろうな。

    婚活の世界は女高男低。しかも自分の商品価値をまざまざと見せつけられる、らしい。
    それを考えたらまだ婚活市場に参入しなくてもいいかな、と思ってしまう。

全98件中 1 - 25件を表示

婚活したらすごかった (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

婚活したらすごかった (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

婚活したらすごかった (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

婚活したらすごかった (新潮新書)の作品紹介

突然、結婚したくなった四十代バツイチの著者が婚活で遭遇したのは、想定外の個性あふれる面々だった。初対面でホテルに誘うCA、情が深過ぎる銀座ホステス、八歳もサバを読むアナウンサー、詐欺スレスレの輩、やたらとムサい男たち…。現実はものすごいことになっていたのだ。ネット婚活、お見合いパーティー、結婚相談所、海外婚活の現状を体当たりで取材した前代未聞、抱腹絶倒ルポ。超実用的婚活マニュアル付き。

婚活したらすごかった (新潮新書)のKindle版

ツイートする