暴力団 (新潮新書)

  • 1338人登録
  • 3.27評価
    • (36)
    • (162)
    • (308)
    • (55)
    • (11)
  • 251レビュー
著者 : 溝口敦
  • 新潮社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104343

暴力団 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 興味深く読めた。

  • ここ数年、アスベストが使われた建物の老朽化が進み、その解体工事が増えているとの事。確かに、街中でときどき解体現場を見かけますが、その工事を暴力団が担っていることが結構あるなんて知りませんでした。解体時に発生するアスベストの粉塵は、たとえ防塵マスク付けてようが体に吸収してしまうらしく、一般の人は誰もやりたがらないので、暴力団が引き受けて中国人等の安い労働者にやらせているそうです。それが資金調達の方法なんだとか。東日本大震災のがれき撤去作業なども暴力団が手をつけようとしているらしいです。何か、皮肉なモンですよね。僕らはただ自分達のやりたいことだけをやって、アスベストの除去とか放射線下でのがれき撤去とかやりたくないことを人任せにすると、結局それが暴力団の飯の種になっているなんて。いろいろ考えさせられる本でした。

  • 面白かった!幸いながら縁遠い、暴力団についてわかりやすく解説。
    内容もさることながら、構成が丁寧。読者が知りたいと感じるポイントをきちんと考え、それに対して深すぎず、浅すぎず解説している。
    暴力団対策法は却って暴力団に適法のお墨付きを与えていること、とはいえ暴力団はもはや斜陽産業で、遅かれ早かれ暴力団という枠組みは消滅するかもしれない事など、知らなかった事を知ることができて満足。
    「暴力団の入門書」に5点満点を付けるのは心理的に抵抗があったので4点。でも、ホントは満点でもいいかな、という評価。

  •  紳介の事件があったせいか、なかなか売れているらしい。暴力団ジャーナリズムの第一人者が書いただけあってなかなか面白い。そして分かりやすい。分かりやすいっていうのは、新書には必要不可欠な要素だよね。著者がまえがきで「怖いもの見たさの読者は大歓迎です」と書いているけど、心を見透かされたような気がしたよ。
     それにしても、やくざも大変だ。アパートも借りられず、車で暮らす組員もいるとは…。誰も同情はしないけどね。
     

  • 衝動買いしました。面白かったです。

    新潮新書お得意の口述筆記、、、だと予想しています。でも作るプロセスより結果が大事なので、それがいけないとは思いません。タイムリーに芸能人の引退に合わせてよくこの本を出せたと感心します。

  • 暴力団の現状を書いた本。山口組の六代目体制を客観的に分析している。外国のマフィアとの比較など平明で面白かった。予備知識として読むのに最適。

  • です・ます調の文体は読みにくかった。あとがきを見ると、著者の意図があったそうな。頭の中で「である」調にして読み進めたけど。暴力団の概論なんだろうな。今後の半グレ集団の動向が不気味だと感じた。著者とそのご子息が暴力団員から加えられた危害は、背筋が冷たくなるのと同時に、ジャーナリスト魂に尊敬の念を抱いた。

  • The 暴力団入門。

    暴力団ってどういうもの?という疑問に適切に答えてくれる。


    個人的には、現在の暴力団が陥っている苦境や、「半グレ」との差異がよく分かり、興味深かった。

  • 251203 新

  • 暴力団はサッカーで手を使うようなもので、労働を卑下する反社会的存在。
    なくなれば、他の犯罪組織になって余計に危険という考え方は現状維持で前に進むのが恐い後ろ向きである。

全251件中 1 - 10件を表示

溝口敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

暴力団 (新潮新書)に関連するまとめ

暴力団 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暴力団 (新潮新書)の作品紹介

なぜ暴力団はなくならないのか?学歴、年収、出世の条件とは?覚醒剤や野球賭博でどのように儲けるのか?女はヤクザになれるのか?なぜヒモが多いのか?刺青や指詰めのワケは?警察との癒着は?ヤクザが恐れる集団とは何か?出会った時の対処法とは?その筋をも唸らせた第一人者が、時代ごとに変化し、社会の裏で生き延びる「わるいやつら」を、やさしく解き明かす「現代極道の基礎知識」。

暴力団 (新潮新書)のKindle版

ツイートする