リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)

  • 250人登録
  • 2.93評価
    • (4)
    • (17)
    • (38)
    • (17)
    • (7)
  • 38レビュー
著者 : 山内昌之
  • 新潮社 (2011年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104411

リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リーダーシップの本質とは?

    →リーダーに必要なのは、
    1.総合力、つまり全体を見通す力、大局観
    2.胆力、何があっても動じない強い平常心
    3.人身掌握力、人をうまく使う能力であり適材適所で人材育成を活用する

  • 為政者としてのリーダーシップについて、歴史上の偉人のトピックと東日本大震災を契機とした日本の民主党政権を比較しながら説明している。その時代によってケースは異なると思うが、筆者がいうように必要な素質は同じであることが分かる

  • 明暦大火で将軍を江戸城にとどめて、緊急体制を迅速に敷いた保科正之。
    外交に正道を貫けと説いた西郷隆盛。
    歴史上の様々なリーダーに比して、民主党政権を率いた鳩山、菅をあげつらう。
    二人がダメなのはよくわかった。

  • 山内先生は一体どうしてしまったんだろう?という感想がまず出てくる。
    民主党政権の体たらくに対する怒りだけで書きなぐったという感じ。中東政治研究家として留まってくれんだろうか。床屋政談を出版しなくても。

  • 汚い悪口が多く読みづらい、単なる理想論かしら

  • 高杉先生よりいただいた宝物
    でも難しすぎた
    歴史を勉強しないと!

  • 文字通りリーダーとは何かを解いた一冊。

    歴史の色んな実例を引用して書いてるので、著者の豊富な知識は理解できる反面、全体としてまとまりがなく散漫な印層が。

  • 国家のリーダーシップの必要な資質を過去のリーダーを題材に論じた本。

  • 国家のリーダーのあり方を過去のリーダーより学ぶ。単なる経営論、ビジネスリーダー本にあらず。ところどころに、民主党政権のリーダーシップのなさを批判する箇所あり。

  • 一番上のリーダーは「戦略」を、各個隊のリーダーは「戦術」を、というイメージを受けた。

    とはいえ状況において役割は相対的。

    戦争なら「総大将」が「戦略」を考えて、「将軍」が「戦術」だが、それは全員が一同に居る場合で、各戦場においてはその「将軍」が「戦略」を適宜練り、「隊長級」が「戦術」を実行に移す。

    とにかく、場によって求められる能力は違う。

    その他にも、総合力、胆力、人身掌握力が挙げられている。


    この辺りは所謂、「サラリーマン社長」と「プロの社長」の違いにも表れていると感じた。
    「社長」という職業は「サラリーマン」と同様の発想では出来ないにも関わらず、年功序列というシステムにより適材適所が満たされない。

    少なくとも「違う観点から考えないといけない」という事を知っている、ということが最低条件かなーと。


    それにしても、菅直人のぼろくそぶりには笑った。
    「奇妙な笑みを浮かべる」とか、文章で読むと面白いが、実際は洒落になってないんやろうな

全38件中 1 - 10件を表示

山内昌之の作品

リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)の作品紹介

強いリーダーシップの不在が叫ばれて久しい。それは、目先の議論にばかり惑わされ、リーダーシップの本質を考えることを避けてきたツケに他ならない。では、いまリーダーにとって真に必要な能力とは何か。吉田松陰の歴史的思考法なのか、山口多聞のような危機に積極策をとる胆力なのか、リンカーンのような戦略的思考に基づく大局観なのか…。国家と国民を守るために必要な覚悟を説く、歴史家からの警世。

リーダーシップ―胆力と大局観 (新潮新書)のKindle版

ツイートする