テレビ局削減論 (新潮新書)

  • 115人登録
  • 2.95評価
    • (0)
    • (11)
    • (16)
    • (7)
    • (3)
  • 23レビュー
著者 : 石光勝
  • 新潮社 (2011年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104497

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

テレビ局削減論 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 昔からそんなにテレビを見る方ではなかったのですが、
    ここ数年、ほんとに見なくなりました、、スポーツとニュース位ですかね。

    たまに見続けるドラマも、リアルタイムで見ることはまずありません。

    これはそんなテレビの現状に警鐘を鳴らした一冊、、になるのでしょうか。
    現状の「食ってばかり」「通販ばかり」「どこも同じ」とは、確かに言い得て妙です。

    - 公正・中立なジャーナリズムとしての立場を確立しなければならない

    そして、問題意識として持っているこの点も、理解できる内容です。
    物足りなかったのは、どうして現状がこうなっているのか、まで踏み込めていない点でしょうか。

    "権力機構"や"ネット情報"に対峙しうるのは"テレビ"のみとの気炎は頼もしいですが、
    最近でいえば、読売巨人の反社会勢力への献金問題などへの追及が封殺されている点など、、

    既存メディア(テレビ・ラジオ・新聞)や既存の芸能業界の根っこにある、
    "特定勢力"に対する自浄作用が働いていない点には言及できていません。

    意識して見ないようにしているのか、本当に知らないのかはわかりませんが、
    どちらにせよその点に言及できないと、画餅のまま終わり、衰退していくだけでしょうね。

    個人的には、面白いコンテンツが配信される環境であれば、
    既存のテレビにこだわるつもりもなく、CATVの形態で十分と、感じています。

  • 2011年刊行。◆阿鼻叫喚のテレビ局の実情を開陳し、よい作品が減少する実情を嘆きつつ、その解決策については、東京のキー局削減論を展開する。しかし、それでは不十分か。つまり、①ローカル局の地域的な統合による局数減(この点は関東ローカルも含む)、②キー局システムの打破、③UHF局の電波が届くのを県単位を超越することを広く容認。この方が地域の独自性、情報の東京発信集中を避けられるのでは…。◆なお、衛星放送の東京キー局独占は極めて問題。

  • 海外でもネットワークは5つもないから削減というのが趣旨だと思うが、テレビのライバルはテレビで無し、他のメディアになりつつあるのも一つの側面。

  • どこをどう削減するのかまで聞きたかったなあ。結論に触れた部分が終章のみで少し残念。

    個人的にはテレビ離れって言うほどそんなに進んでない気がする…。いわゆる受像機としてのテレビは使わないけど、コンテンツとしてのテレビは全然死んでない、というか、昔とそんなに変わってないのでは。テレビの話題で世間話が盛り上がるし。民放のVODもお金払って見るし。Twitterのバズワードもテレビ由来の言葉多いし。
    つまらないとは言っても、視聴者層のレベルをそのまま反映してるだけなんじゃないかなあ、とか。いくら良質な報道番組を作っても視聴者が見てくれないなら意味がない。
    貧乏な地方局でも良い番組はこれまでたくさん作ってきたし、単に費用の問題だけではないと思う。

    報道の中立性や公平性の確保に関しては同意。しかしそれが必要だからこそ、様々なカラーの放送局の中から視聴者が見たいものを選べるという環境も大事な気もする。

    まあたしかに24時間休みなく放送してる必要はないかな

  • 自分用キーワード
    検索連動型広告 ビデオリサーチ 放送外収入(局による劇場映画の作製、テレビ通販など) テレポリティクス  ナベプロ王国 発掘あるある大事典(制作費と制作体制の問題が浮き彫りになった) 中川勇樹『テレビ局の裏側』 南ベトナム海兵大隊戦記(日本テレビが作ったドキュメンタリー) 闇の波濤からー北朝鮮発・対南工作(横田めぐみさん拉致事件の発掘に繫がったドキュメンタリー) サバイバルオブニューオリンズ(ハリケーンを取り扱ったドキュメンタリー) フラッシュモブ ひとりっ子(反自衛隊をテーマにしたという理由で放送中止へ。その後第一回テレビ記者会賞受賞) マスメディア集中排除原則 クロスオーナーシップ 

  • 元テレビ局役員の著者がテレビ業界の現状の問題点の解決策として民法ネット局の削減を提唱した本。
    確かに総合的な番組作りを行うネットワークが5つもあるのは過剰だと思う。

  • 300252921  S699.21-シン-449

  • かなり説得力があって面白い
    あとは総務省の出方ですねえ
    で、やっぱり系列の削減は無理でしょう
    4.2点

  • テレビ業界を取り巻く実態がよくわかった。

  • 昨夜(4/21)の「世界ふしぎ発見」にある映画出演者数名が、告知の為に出演していて愕然。そんな番組だったけ?

    通販だけでなく、最近はとにかく番宣・告知がらみが多すぎる。

    「見る側も作る側も不幸なこの構造を変えるには、もはや民放ネット局の削減しかない」と著者と言い切る。

    テレビの側の人間(しかも元常務)から見た構造上の問題点を指摘。

  • テレビ局、主に東京キー局の成り立ちや経営などについてよくわかりました。
    タイトルは、5系列ある民放地上波を3つに削減してはどうか というもの。
    まぁ確かに一理あります。

  • これだけテレビがつまらなければ、削減論が出てきてもおかしくはない。
    しかもこれを書いているのが元テレ東の人間だというところがポイントで、低予算で苦肉の策の番組をたくさん生み出してきたテレビ局にいたから、このような改善策を出すこともできるのだろう。

    困ったことに、当分つまんない番組は流され続けるようだが・・

  • 途中までは同意できるのだが
    削減すれば解決するかというとどうなんでしょう・・・
    もっとテレビだけでなく経済とか情報とかマスコミだとか
    世界的なウネリの中での話だと思います・・・

  • #021 テレビ局削減論
    テレビ局を減らせ。最近自分が思っていることと同じ主張なので読んでみた。しかも、著者は元テレ東常務と言うではないか。広告収入の低下やクレームを恐れた当たり障りのない番組作りで、どんどんテレビがつまらなくなって、視聴者が減ってさらに広告収入が減る、という負のスパイラルはとめられないところに来ている。ならば一時期の都市銀行のように局を統合して数を減らさないと生き残れないところまで来ている、という趣旨。主張は同意だが、特にこの本だから読める独自論は特になく、せっかく局の統合を提案するなら、どことどこはこういう番組作りがうまいからこうやって統合すれば、などという内部事情を押さえた提言があると尚良かった。また、改正放送法についてほんのちょっと触れているのだが、施行後に解説している文献はほとんど見たことないのでもう少し詳しく説明してほしかった。誰か知っていたら教えてください。
    テレビネタはいろいろ追いかけてきたけど、この本を最後にちょっと離れます。

  •  タイトルの通り、現在の地上波放送のNHKプラス民法5局を削減するべきという主張が一貫して述べられている。主張の根拠として、年々減少する広告費やそれによって生じてきた問題点、ネットの状況などを示しており納得できる部分が多い。

  • 少なくとも3年前まで週末の楽しみは、録画してあった平日のドラマ(2~3本)を見ることでした。ところが昨年(2011)の震災後あたりから、テレビ番組が急につまらないと感じるようになり、また、どの局も似たようなバラエティ番組が増えたようで、テレビを見る時間が極端に減りました。

    ドラマがつまらなくなったのは、テレビ広告の減少による製作費の減少にあるのでしょうか。それとも私の趣向が変わってしまったのでしょうか。

    この本の著者である石光氏は、かつてテレビ局に身を置いていた人で、テレビ局を統合すべきだと主張しています。特に若者を中心にテレビ離れが進んでいるようで、統合する効果はどの程度か不透明ではありますが、テレビ番組の制作の現状について解説されていた点は、問題点がよくわかりました。

    また、テレビ局が必死になって競争している視聴率の誤差がプラスマイナス2.4%もある(p26)は興味深かったです。やはりテレビ局の人には、本来の業務に戻って、良い番組を”自分たちの手で”情熱をこめて作ってほしいと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・VTRとDVD再生視聴の時間が、2000年の1週平均43分から、2010年には、2時間8分と伸びている、多いのは20-40代で、10代は男女とも目立って少ない(p28)

    ・視聴率調査は、小型の受像機やパソコンのワンセグは対象外である(p32)

    ・TBSの持ち株会社は、2008年夏には、「マキシム・ド・パリ」を持つスタイリングライフ・ホールディングも傘下に収めた(p37)

    ・テレビ放送が始まった時は平日の夕方は放送はなく、週を通しての全日放送は、5年後の1962年から(p50)

    ・1973年に朝日新聞は日経新聞が持っていたNET(テレビ朝日)の株式を引き受けて、日経新聞は東京12チャンネルの大株主になった(p56)

    ・読売新聞ー日本テレビー読売テレビ、朝日新聞ーテレビ朝日ー朝日放送、毎日新聞ーTBS-毎日放送、産経新聞ーフジテレビー関西テレビ、日経新聞ーテレビ東京ーテレビ大阪(p57)

    ・全米で40を超える新聞が廃刊となった理由は、広告収入の激減(p66)

    ・2008年3月には、NBC,FOX,ABCの3社は合弁で、無料の動画配信サイト「フールー」を始めた、広告収入は発足1年後でYuTube(15分以内の映像の投稿可能)に並び、2011年9月から日本にも進出した(p77)

    ・アメリカのドラマがいまだに根強いのは、日本にはハリウッドがないから(p93)

    ・ホットなメディアとは、文字通り「熱く」伝わるメディアで、受け手は常に受け身の状態で、送り手の情報や感情がそのまま伝わる、ラジオ・新聞・写真が属する、クールなメディアはテレビ(p165)

    ・通信・放送分野の8法を一体化する「改正放送法」を民主党政権が成立させた、電波法と有線電気通信法のもとにあった放送と通信の6法を、コンテンツ・伝送サービス・伝送設備の3業務に区分して2法にまとめた(p177)

    2012年2月11日作成

  • 確かに著者のおっしゃるとうりなのかもしれないが、これだけコンプライアンスだとか視聴者のいいががりみたいなクレームだとかがうるさくなると制作者側も番組作りには苦労するのでは無いかと思う。結果無難な方向に行ってしまうのではないかと思う。
    あえて、無理に減局しなくとも経営が行き詰まれば自然と減っていくと思う。

  • テレビ局の歴史、特に、1970年代の関西ネットのねじれ現象があったことなど初めて知る事が多く、勉強になる。アメリカにおける現在のテレビ・新聞事情も詳しく書かれており、あらためて日本の問題がクローズアップされている。テレビ局を削減する、という著者の提言も理由が明確でわかりやすい。今後のマスメディアの行く末に興味がある方は、読んで損はない。

  • 時間を水増しした特番、タレントが空騒ぎするバラエティ、増殖を続ける通販番組……視聴者離れに歯止めはかからず、広告費も減少の一途。メディアの帝王は瀕死の状態である。もはや民放ネット局の削減しかない。元民放キー局役員が放つ渾身のメディア論。

    刺激的なタイトルだが、それに触れたのは最後の10ページだけ。それもどの局を削減するかは「わからない」。羊頭狗肉本と言われないだろうか。
    (D)

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:699//I77

  • どうせなら、どの局を削減するべきかという青写真まで示してほしかった。これだと一般論レベルかも。

  • 以前、「テレビ番外地」という現・テレビ東京(当時は東京12チャンネル)の開局当時を描いた本を読んだ。瀕死の状態を迎えた民放テレビ局の今後を憂い、大胆な提言をしている。
    確かに通販ばかりじゃつまらないですよね。

全23件中 1 - 23件を表示

テレビ局削減論 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テレビ局削減論 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

テレビ局削減論 (新潮新書)の作品紹介

時間を水増しした特番、タレントが空騒ぎするバラエティ、増殖を続ける通販番組…視聴者離れに歯止めはかからず、広告費も減少の一途。メディアの帝王は瀕死の状態である。視る側も作る側も不幸なこの構造を変えるには、もはや民放ネット局の削減しかない。ビジネスモデルとしてのテレビを俯瞰して辿りついた結論は「民放3NHK1の4大ネットワーク」への大転換である。元テレビ局役員が放つ渾身のメディア論。

テレビ局削減論 (新潮新書)のKindle版

ツイートする