尼さんはつらいよ (新潮新書)

  • 77人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (19)
    • (7)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 勝本華蓮
  • 新潮社 (2012年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104534

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうらじゅん
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

尼さんはつらいよ (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • でもしか、なるしか、やるしか系が面白かった。尼さんは、人を救いたいと思う人に向いているらしい。
    -----
    2017_032【読了メモ】(171001)勝本華蓮『尼さんはつらいよ』 /新潮新書/978-4106104534

  • 現状、女性が尼僧になること・尼僧として生きていくことがどれだけ難しいかという話。

  • この人はテーラワーダブームに批判的だが一方で日本仏教のダメなところもこの本に書いてあるようによく分かっていて、スピリチュアル体験もしているのにハードな文献学やっていて変わった方だ。

  • 坊さん18万に対して16万もいる尼さん。ほとんどが新興宗教の。尼寺の実話が面白かった。201412

  • 仏教界の裏側がわかる本。閉鎖的な世界だけに、俗世以上にこわい状態がまかり通っているようである。尼さんを見る目がすっかり変わってしまった。

  • うーん、思った程ではなかった。
    特に、尼さんになる迄の過程がちょっと長いかな。
    もう少し、ゴシップ的なものを期待してました。

  • 尼さんだってつらいけど、庶民だってつらいよ。っていうか、尼さんも庶民だったんだなとわかる本。少数の学究者と稀な信仰者を除けば、あらかたは身過ぎ世過ぎの生業として尼をしているだけという、ある意味タイトルから予想通りの内容でした。

  • 著者は一般的にイメージしている尼さんとは違い、僧籍をもった研究者。実際、寺に住んで坊主らしい生活をしている「尼さん」は人数的に多くないらしい。男性でも同様に「なんちゃって」な人が多くいる。僧籍もどちらかというと「資格」に近く、司法試験に受かった人が一生を検事や弁護士として生きるのではないのと同様に、僧侶もいろいろな事情でやめてしまうことがあるというのが、少し意外だった。その中で、僧籍にあっても僧侶としての活動ではなく、著者のような研究者としての活動をメインとする人も出てきている。著者自身はお布施で生活しているわけではなく、公演や出版から生活の糧を得ているのであろう。それで儲けを出そうとしているわけではないけれど、一般の経済活動の中で生きているわけだから、やっぱりアウトローではある。■尼さんについては、「世をはかなんで」出家すると、世俗以上に生きづらい業界なので基本的にはオススメしないというスタンス。人を救いたい人は尼さんに、救われたい人は在家のまま寺に通うなどしたほうが幸せになれるとのこと。寺の嫁(著者が批判している何もしない嫁)も幸せそうだが。

  • (2012/3/5読了)尼寺の実態とか、なかなか知りえないエピソード満載である。この本で一番重要なところは多分、P142~。現実逃避で「尼さんにでもなれば・・・!」は120%勘違い、そういう動機で尼になるのはやめましょう、というススメ。そう思います。
    ちなみに日本の伝統仏教は僧侶になるまでの道のりとか必要事項が各宗派ごとにかなり違う。浄土真宗だと「尼僧」っていう何か特別なシステムはないですぞ。

  • 「尼さんといえば、瀬戸内寂聴、ゴマ豆腐の村瀬明道、曹洞宗の青山俊薫尼」と本書に書かれていますが、私は寂聴氏しか知らず、尼さんについてほとんど知識を持っていないことに気がつきました。
    著者は現役の尼僧。僧侶よりもはるかに表舞台に登場せず、謎に包まれている仕事内容について、かなりざっくばらんに語っている本です。
    軽妙に描かれてはいるものの、内情が包み隠さず語られるため、あまりに生々しくてリアルで「読むのもつらいよ」といった感じ。

    著者は、初めは尼寺に入ったものの、そこでの修行が思ったよりもはかどらないため、結局尼寺からも「出家」したとのこと。
    部屋には仏壇など無く、シンプルに仏像があるだけとのことで、一般人の変わらないようです。 

    日本で最初に出家したのは女性で、蘇我馬子時代のことだったそうです。
    尼さんは奈良時代まで重要な役割を果たしていたものの、平安時代以降、男僧にとって邪魔者とされ、仏教界からはじき出され、正式な受戒ができなくなったという話に驚きました。
    初めからはじかれた存在だと思っていましたが、飛鳥時代には重要な役割を担っていたとは。
    当時は性別差別のない、大らかな時代だったのかもしれません。

    日本では、女は業が深い愚か者のため、悟ることなど論外とされてきました。
    神がかり的な巫女がアマと呼ばれたものの、アマから遊女に転落するものも出たため、遊女の隠語でもあったそうです。
    現世で男女の修羅場をくぐった女の終着駅、吹き溜まりと見られる風潮もあり、著者もこれまでさまざまに誤解を受けてきたそうです。
    外国はまた状況が異なり、外国人の尼さんたちは概してみんな明るく勉強熱心なのだとか。

    著者が尼寺で修業した時の大変さが事細かに記されており、滅入りそうになりました。
    寺では精進料理が出るものですが、その尼寺では調理はせず、野菜と称して冷凍庫のミックスベジタブルに粉末コーンスープしか出なかったとのこと。
    これでは骨粗鬆症や貧血になるのは当然です。

    また、戦後、僧侶は結婚するのが当たり前になっているのに、尼さんが結婚するのには世間の目は厳しいため、尼寺では子供を後継ぎにすることが実質不可能となっています。
    どこの尼寺も後継者難なのに、弟子に実権が映るのを警戒するあまりに、なかなか弟子を取りたがらず、ぎりぎりまで伸ばそうとするため、消えいく尼寺は多いとのこと。
    そういった本音の事情を知ってしまうと、世知辛さを感じます。

    明るい文章で書かれてはいますが、俗世間と変わらないほどの人間関係のしがらみの渦巻く尼寺のリアルな現状について、よくわかりました。
    読み終えると、重い気持ちになります。イメージよりも、はるかに大変なんだなあと思いました。
    まさに、つらき者、汝の名は尼。尼さんはつらいよ・・・!

    私は俗世を捨てるなら、尼寺ではなく修道院に行きたいです。
    そちらはそちらで大変なんでしょうけれど・・・。

  • 尼僧の、ほぼすべての現実がここにある。決して逃げ道として尼になるなんて考えちゃいけない。

  • いかにも新書らしい興味をそそるタイトル。ところが、その中身は尼僧の実態が著者の体験に基づいてしっかりと記されており、期待は見事に裏切られる。現実と一般的な固定観念とのギャップが面白く、楽しく読み終えた後は軽すぎるタイトルがあざとく思われる。

  • ナルホドと思えるかもしれませんが、読んでいて楽しいとは決して言えない本です。(少なくとも私はそうでした)

    「尼さん」というイメージからは想像つかないほど、実際の尼さんは大変なうえ、汚い部分もありますよ。
    尼さんの現実をお伝えしますので、本気でなりたいと思っている方々はよくよく考えて下さい。

    そんな内容。

    憧れと現実に差が大きいのは常ですが、「尼さん」と「お金」「権力」が結びつくのには抵抗ありました。尼さんだって生活しなければいけないのは分かるのですが。

    軽い感じの題名と比べ、専門用語が多めに出てきます。
    説明も、丁寧ですが長かったり、あるいは短すぎて「それはなに?」と疑問に思う部分がよく出てきました。
    そのため、著者が何度も訴える「尼さんの現実を伝えたい」というのが薄れてしまっている気がします。

    もう一度読みたい本…とは私には思えませんでした。

  • 仏教関係の本が、最近増えている。世の中が停滞している証拠なんだろう。救いを求める人が多いということは、由々しき問題かもしれない。でも、仏教という救いがあるなら、それはそれで構わないじゃないか。
    ただ、仏教が救いにならないとしたら・・・?

    仏教ブームの一つ、尼さんブームに警鐘を鳴らす一冊。

    尼さんは、清廉潔白なイメージと、男と一悶着起こしたようなイメージの両方を持つ。どちらも当たらずとも遠からずのようである。

    そんな尼さんを定義しながらも、自身の経験から暴く。
    衝撃なのは、筆者が入った寺の尼さん。その尼さんは猫を大量に飼いながら、寺に飼い犬を連れてくる人がいると猛烈に怒る。また、ある時は、筆者と職員の外での会話を中のインターホンで聞いていたそうだ。
    通常の人以下、いや未満だね。

    そんな暴露話もありつつも、下世話な感じがしないのは、筆者の人徳の成せる技か。
    尼さん、そして仏教界にツッコミを入れつつも自ら尼さんであることや仏教のあるべき姿勢を求め、期待していることが読み取れる。

    僕は、仏教に興味はあるが、特に熱心な仏教徒ではない。が、本著は自分の知らない世界の体験談としても十分に面白い。オススメです。

  • 尼という特殊かつ知られざる世界について、著者の実体験という狭い世界のことかもしれないが、垣間見ることができる。
    読後は、正直、物足りない感じもするが、一体験記と割り切って読むべきで、そう思えば、十分な内容と言えなくもないかな。

  • 我々が漠然ともっている「尼さん」のイメージと、本で描かれている実情との落差に、「へぇ」ボタンをたくさん押したくなった。仏教の専門用語を少なくして、お昼のテレビワイドショー並のレベルでわかりやすく書いている点もマル。

    ▼『ジセダイ』140文字レビューより
    http://ji-sedai.jp/special/140review/20120126.html

  • 未知の世界を知る、ということで。尼さんというとキリスト教の修道女のイメージで漠然と考えていましたが…想像を絶する世界のようです。

全17件中 1 - 17件を表示

尼さんはつらいよ (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

尼さんはつらいよ (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

尼さんはつらいよ (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

尼さんはつらいよ (新潮新書)の作品紹介

尼さんは、清く、正しく、美しい-なんてイメージは大昔の話。その実像は大きく掛け離れたものである。絶滅の危機に瀕している尼寺、女同士のドロドロとした人間関係、残念な修行生活、男僧に狙われる尼…。志ある尼さんは今、理想と現実のギャップに悩み、居場所を求めて彷徨っている。男尊女卑の仏教界、受難の歴史、今どき出家する女性のタイプなど、現役の尼僧が知られざる素顔に迫る。

尼さんはつらいよ (新潮新書)はこんな本です

尼さんはつらいよ (新潮新書)のKindle版

ツイートする