「地球のからくり」に挑む (新潮新書)

  • 277人登録
  • 3.83評価
    • (24)
    • (47)
    • (29)
    • (5)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 大河内直彦
  • 新潮社 (2012年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104725

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
高野 和明
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

「地球のからくり」に挑む (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 石油・石炭・天然ガス・原子力と、今では多くのエネルギー源を使っている人間ですが、これらはすべて地球が誕生してから長い年月を経て生成されたことをどれほど意識しているでしょうか。少なくとも日本では昨年(2011)の震災以来、原子力以外の発電方法が見直されてきている中で、石油・石炭・天然ガスの重要性が増してくることでしょう。

    この本では、化石燃料がどのように形成されたか、及び日本近海に多くあると言われている「メタンハイドレード」や、原子力エネルギー等が詳しく解説されています。類書を読んできたつもりですが、この本が一番わかりやすかったです。

    また、この本で「赤潮」の発生の仕組み、なぜ赤潮が問題なのか(p139)がわかりました。更には、窒素固定技術や黒船来航の原因について歴史の事件も踏まえて解説してあり歴史好きの私には興味深い内容でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・現在一人の日本人が1日に消費する総エネルギー量は30万キロジュール、毎日口にする食物はおよそ1万キロジュール(2400Kcal)なので、その30倍以上のエネルギーを使って生活している(p13)

    ・植物が光合成によって固定化する太陽エネルギーは、0.1%にすぎないが 1000億キロワット(1000億キロジュール毎秒)という莫大な量である(p20)

    ・人口が増えることになった転機は、1万年程前に人類が発明した「農耕」にある、人類が太地の一部を切り分けて自分たちのみの食糧を育てることを発明した(p27)

    ・植物の化学組成を多い順にあげると、炭素・水素・酸素・窒素・硫黄・リンとなる、4番目以降の元素は、土に含まれていたものを吸収している(p29)

    ・窒素こそが地球の定員を決めている元素である、以前はグアノ(鳥の糞や死骸が変質したもの)と呼ばれる肥料を欧州はペルーから輸入していた(p31、32)

    ・19世紀後半になると、グアノは肥料ではなく火薬(硝酸カリウム、ニトログリセリン)を合成する原料として消費されるようになった、グアノがなくなると、チリ硝石(硝酸ナトリウム)が19世紀前半に見つけられた(p35)

    ・ハーバーは高温高圧でオスミウムという触媒とともに反応させるとアンモニアが固定化されることを確立し、それをBASFへ売り込んだ、それを若いエンジニアのボッシュが3年後に工業化させた(p42)

    ・1913年に窒素肥料である硫安(硫酸アンモニウム)をビジネス化したが、第一次世界大戦勃発により、火薬原料の硝酸の合成プラントに変更した(p43)

    ・ドイツは講和会議にて、BASF社の工場閉鎖を免れる代わりに、アンモニア工業生産技術は開示することになった(p45)

    ・電気エネルギーに変身する第一次エネルギーは全体の40%、原子力は100%変更されるが、天然ガスは60%、石油は10%程度(p57)

    ・最初のオイルショックがくるまで、1リットルの石油が1セント、当時のコカコーラが1ドル(p67)

    ・シュメール人は多くの立像を残したが、接着剤としてアスファルトを用いた、水と混じらない性質や熱すると溶ける性質を利用(p70)

    ・コークスとは石炭を蒸し焼きにしたもので、硫黄などの臭いや煙の元になる成分が少ないうえ、燃焼温度が高いという長所がある、中華料理はコークスの火力により発達した(p73)

    ・イギリスでコークスが独自に発明されるのは17世紀、13世紀後半からは石炭の燃焼によって排出される煤煙が人類による初めての大気汚染をもたらした(p73)

    ・ペリーは日本人を威嚇するために、黒煙を大量に発生する質の低い石炭を燃やした(p84)

    ・三池炭田を購入したのは、三井財閥の一角の三井物産、落札価格は455万円... 続きを読む

  • 地球温暖化問題を科学的に分析した『チェンジング・ブルー』を書いた大河内さんの本。各章の前におかれた引用が著者の知識の広さと深さを示している。「地球のからくり」というタイトルだが、そこからイメージされるものとは少し違っていて、化石燃料などを中心とした「エネルギー」の話がメインである。

    あとがきに「改めて実感したことは、科学的な知識を伝えることの難しさと、考えが活字になることの重さである。正直なところ「象牙の塔」に閉じこもっていたい私にとって、気が重い現実を突きつけられた感じだった」と書かれている。「私はエネルギー工学の専門家ではないので、本書に具体的な政策提言があるわけではない。しかし、あまりにも極端な政策が叫ばれる今日この頃、私の専門とする地球科学に歴史科学的な視点をブレンドし、私なりの義務を果たそうとした次第である」と続く。どこかしら、著者のためらいが感じられる。

    『チェンジング・ブルー 』は名作である。一通りエネルギーについて知ることはできて悪い本ではない(よい本だと思う)のだが、前著には熱量含めておよばないという印象はぬぐえない。その前に、義務を果たすというふうには思わなくてもよいのでは、とも思う。



    ---
    『チェンジングブルー』のレビュー
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4006032803

  • 文系の僕には難しかったが、知ることも多かった。
    植物の成長には窒素が必要で、窒素を取り出すためにアンモニアを作るとか、メタン・ハイドレートがメタンガスが凍ったものだとか。
    「宇宙全体で見ると物質は増えておらず、形を変えて存在しているだけ、つまり我々の体も元は別の物質だった」という話を過去に聞いて「なるほど。そういう意味では輪廻転生もありか」と考えたことがあったが、本書を読んで地球レベルでも物質は回転していることを改めて考えさせられた。

  • この地球上で人類が生きていく上で、エネルギーの確保について再考させられる本。大河内直彦の本は読みやすく分かりやすく楽しい。

  • 「いいから、読んでみろ」と言いたくなる、圧巻の語り口。エネルギーに関する史実、科学的事実を興味深いエピソードを交えながら書き上げた本書は、今年読んだ中ではいまのところ、最も面白かった。特にエネルギーの変遷について、大きな流れ以外について、一応は専門である私も知らなかったことも紹介されており、網羅的に、しかも、楽しく知ることができる(私もこういう授業や執筆ができるようになりたい…)。同じ著者の「チェンジング・ブルー」も評判がよいのでこれから読むのが楽しみだ。

  • 地球物理学のようなタイトルだが、中身は地球上(地球内部も含む)のエネルギー収支のからくりにフォーカスしている。実質的にはエネルギー問題、環境問題の本であろう。最終章を除けば、歴史的・科学的な事実を淡々と散文的に----ただし問題の存在はきちんと指摘している ---- 述べているだけだが、非常に理解しやすい。ありがちな政策提言などはなく、ニュートラルな立場だ。これらを読み、原発再稼働やホルムズ海峡封鎖等の諸問題をどう捉えるかは読者次第である。

  • 大河内さんの新書。

    エネルギーを主軸に人間生活・産業活動の推移を描写。

    控えめながら「あとがき」には科学者論も。

  • エネルギーの収支という面から、地球上の現象や人類の活動の移り変わり、歴史についてトピックス事に考察。
    食物連鎖によりバランスをとっていた地球の中で農耕によりそのバランスを崩した人類。窒素固定によるその回避。
    薪から石炭、鯨油、石油から原子力へとエネルギー利用方法の進展やこれらの資源のエネルギー利用以外の利用方法などについても言及。
    色々と話題を提供するが、惜しむらくはだからどうだと言うような提言は見られない。

  • 科学者,技術者の紹介を交えながら,地球のエネルギー史を俯瞰した一冊.エネルギー開発の歴史(農耕のための固定窒素利用,石油,石炭,天然ガス,原子力)は,人類の歴史(政治,経済,戦争)の背景そのものともいえる.最後に,生物による炭素サイクル(年1回)と地球の炭素サイクル(数億年に1回;分解されない有機物の堆積,火山等による噴出)の差を,人間が活動のために化石エネルギーを使用することによって壊しているとまとめている.

    <キーワード>
    太陽エネルギー,光合成,窒素固定による酸素生成(シアノバクテリア),石油:有機物由来,石炭:植物由来

  • 2014/2/1読了。

    エネルギーの視点から歴史や現代社会を支える仕組み、人間社会と自然界・地球との関わりが表現された一冊。
    震災と原発事故が発生して以来、日本のエネルギー問題はリスクと経済の二面性に政治を加えた形で語られることが殆どであろう。
    大多数の人にとって、エネルギーといえば身近な電気(もしくは発電の為に必要なもの)とガソリン、灯油といった燃料であり、原発の経済性とリスクは家計事情と不安感情だと思われる。
    本書の窒素固定の章では、食糧生産の為の肥料の製造に、大量のエネルギーを消費する事実が語られる。これは、身の回りに溢れる工業製品や食糧もエネルギーを土台としており、その議論から逃れられないことを示唆している。
    本書を読んで、目先の経済と感情、政治の議論に付け加えるべきは、生活の土台としてのエネルギーの存在であり、社会の在り方そのものであると感じた。

  • 書名から想像してたのとはちょっと違って,人類とエネルギーと地球の話。雑誌連載の書籍化で,一章ごとに区切りがつくので読みやすい。内容もしっかりしてる。
    しかし70億人は殖えすぎた感ある。一億倍も周期の異なる炭素の生物サイクルと地球サイクル。この間をバイパスすることで人類はここまで急速に肥大してしまった。食糧生産のための窒素固定に,原発150基分のエネルギーを費やすようなやり方が,いつまで続くんだろうか。ちょっと先行きが不安になってしまう。

  • エネルギーとそれにかかわる人間との歴史という感じ。とてもわかりやすかった。ある面ではこれ以上ない宝だけどその裏面にはとてつもない恐ろしいものだっていう。そうよなーと唸りながら読んだ。

  • エネルギーを切り口に、
    地球科学に歴史科学を掛け合わせた内容。

    第1章  地球の定員
    第2章  窒素固定の魔術
    第3章  エネルギーの現実
    第4章  化石燃料と文明
    第5章  人工燃料の時代
    第6章  大論争の果て
    第7章  赤潮の地球
    第8章  石炭が輝いた時代
    第9章  燃える氷
    第10章 炭素は巡る
    第11章 第三の火
    第12章 おわりに

  • エネルギーの量や変遷について学べました。化学的なこともわかりやすく書いてあってよかったです。
    もう少し提言的なことを書かれていると面白いなあと思いました。

  • エネルギーに焦点を絞って人類の歴史を展開した本。
    石油や石炭と人類発展の関係を理系的観点から紐解いている。
    太陽光、地震、火山など様々なエネルギーが数値化されており、新しい視点が得られた。

  • オットー・フォン・ビスマルク 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

  • エネルギー発展の歩みと、問題についての考察。

  • 地球が誕生してから、46億年程度。地球が誕生してから現在までを1日とすると、人間が誕生してからの時間は数秒のオーダーになります。その間、文明という盾をもとに地球に多くの変化をもたらし、環境の急激な変化を起こしています。それが数秒の間に。

    ただ、地球温暖化も生物の絶滅も今まで地球は経験済み。それを考えると、ちっぽけな自分たちなのですが、ちっぽけなりとも一つの命、それをつなげて何かが達成されるのだろうという壮大感も感じてしまいます。

    いわゆる化石燃料系の生誕と、人類の浪費による環境への影響を知ることができるオススメの一冊。

  • エネルギー問題に関連する興味ある話が満載.赤潮のヘドロがシアノバクテリアの作用で石油に変わったこと,17億年前に天然の原子炉が存在し活動していたこと,またそれを予測したのが日本の科学者だったこと など.理系の内容を分かりやく記述しているのは素晴らしい.

  • まず前提となる地球のエネルギー総量と農耕に頼ると地球の定員は窒素の量であることが書かれいます。
    ハーバー・ボッシュ法の窒素肥料がなければ現在の70億人の人口はなかった。
    石油や石炭などがどのように発見され使われてきたかが書いてあります。

    脱原発は燃料を海外から輸入し続けて公害問題を受け入れて火力発電に頼るか横浜駅と浅草寺を一辺とする正方形の面積のパネルを設置する太陽光発電をするぐらいでないと現在の生活は維持できない。

  • エネルギーを中心に人類がどのように歩んできたか、分かりやすく書かれている。
    地球の定員の話が面白かったけど、最終的に、どれくらいまで人が住めるのか知りたかった。

    ただ、「科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている」と「二酸化炭素温暖化説の崩壊」を読んだ身としては、二酸化炭素による地球温暖化を基に書かれていたので、今ひとつ納得できない部分もあった。

    でも、全体的には面白かった。
    ミイラやスモッグの語源とかの、ちょっとしたこぼれ話もあって、読んでいて飽きなかった。

  • エネルギー問題もさることながら人工窒素の問題もあることを知った。
    あと日本人はアメリカ人に比べておならのメタンの含有量が少ないのでおならが臭いことも知った(゚д゚(  人  ) =3 ブッ

  • なかなか面白い。
    前半部は数字でエネルギーについて語られ、後半は地球科学的な話。

全37件中 1 - 25件を表示

「地球のからくり」に挑む (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「地球のからくり」に挑む (新潮新書)の作品紹介

地球は謎の塊である。その塊からエネルギーを次々に獲得し、万物の長となった人間は、今やエネルギー中毒に罹っている。なぜこんなことになったのか?そもそも地球の定員は何人か?宇宙から飛来した石油の源、毒ガス開発学者が生み出した新肥料、未来の新エネルギー…第一線の地球科学者が工学、文化人類学、文学などの広範な最新知見を縦横に駆使し、壮大な物語を綴る。科学と文明史が見事に融合した快作。

「地球のからくり」に挑む (新潮新書)のKindle版

ツイートする