精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)

  • 157人登録
  • 3.55評価
    • (4)
    • (21)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 澤昭裕
  • 新潮社 (2012年8月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104831

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エネルギー政策の考え方は、個々人の頭がカチカチに固まっていると思うので、取り上げてもあまり意味がないかなぁ。だけど、説得されそうな文章の一例として読んでみてもいいかもしれない。※数字等の精査はしておりません。

  • いやほんと、まったくの正論だと思うんだけど、ではなぜ今の日本でこういった議論ができないんだろうなあとちょっと悲しくもなる。

  • 電力について、感情論を排し、現状を知り、問題点をきちんと把握したうえで、地に足の着いた冷静な議論を進め、現実的かつ具体的な構想を導くことが必要という著者の問題意識はもっともだし、電力問題では「多様化」が重要というメッセージはよく理解できるのだが、著者の議論にはやはり、原発ありき、再生可能エネルギーの過小評価というバイアスを感じてしまった。それは、例えば、原発について、その致命的欠陥である放射性廃棄物の問題にほとんど触れていないことなどに表れている。自分も、原発の即時撤廃は求めないが、中長期的には原発の稼働はゼロにし、再生可能エネルギーの技術革新を進めるような電力政策が必要であると考える。

  • 元経産省の官僚であった澤氏による日本の電力問題について述べた本。原発が悪、再生可能エネルギーが善のような現代の風潮に疑問を持つ自分にとっては頭を整理するのに役立った。

  •  経済学者が語る電力をどうするべきか。

     自然エネルギーの普及や電気自由化の問題点は確かに参考になるが、原発について放射性廃棄物の問題にふれなかったりと、中立をうたいながら原子力よりに思える。
     今の電力会社から発電と小売の機能を切り離した東日本卸売電力はなかなかいい案だと思った。
     電力問題はあっちを立てれはこっちが立たず。一筋縄ではいかないことが伝わってくる。

  • 題名が胡散臭いので、印象として損してる感じ。
    ページの割に内容盛り沢山でお得な感じ。

    電力問題全体をザッと俯瞰するにはかなり良い。
    このレベルの入門書が増えると良い。

  • 著者の立場ははっきりしていて「資源に乏しい日本はやはり原子力をエネルギー源の1つとして保有すべきであり、現下の経済情勢を考えれば再稼働も行うべし」。で、その根拠が縷々と語られる。主張は整然としているし、説得力もある。もっともだと思うことも多い。別の本で読んだヨーロッパの再生可能エネルギーも、必ずしもうまく行っていないという論拠が数字をあげて示される。勉強になった。
    にもかかわらず釈然としないのは、この人のいう「精神論」と「意志」の境目がはっきりしないからだ。経済的にも、エネルギー安全保障上も、代替手段が現実的には見つからないという点からも、原子力を保有した方がいいに決まっている。そんなことはわかっている。わかっているから、われわれは原発の建設を許したんだから。事故が起きないという前提の上で。
    でも事故は起き、日本のどてっぱらに大きな穴が空いた。震災の前に「原子力ってちょっと不気味だけど、安いらしいし安全ならまあしょうがないよな」と思っていたぼくみたいな読者が知りたいのは、そういうことではないのだ。天秤に載せるべきは経済や安全保障や代替手段の困難さだけじゃない。事故の被害が必要だ。故郷を失ったひとたちの痛みは数値化のしようがないが、経済を語るなら、現在と将来に渡る原発事故の被害総額を、環境を語るなら、事故によって失われた環境を天秤に乗せるべきだ。事故はもう起こらない、というのならその根拠こそ論じるべきだ。そうしないと、「感情論抜きで」判断することができない。
    感情的に反原発を叫ぶ人は、感情的に原発推進を叫ぶ人と同じように多い。でも原発事故に肝を潰して「怖いからもうやめて」と叫ぶ人のひとの声は、精神論なのだろうか? それは「意志」とはどのように違うのだろう?
    会社などで、「こういう風にしたい」という社長に対して、それが困難な理由を整然と説明する幹部、という図式がよくあるが、そういう議論を読んでいるようだった。会社をよくする幹部は、多くの場合そういう人ではない。

  • 感情的にならずに原発の是非や再生可能エネルギーについて論ずる必要がある、とはいえ、被曝者のことを考えると無条件で廃絶させないといけないと思います。
    …っていうのをもっと調べたり自分で考えてから言えってことなんですかね。

    大都市から離れたところに原発を造るっていうのもねえ。
    大局的に考えると、事故があったときに全体としては被害が少なくて済むんでしょうけど、そこに居住している人も、離れた都市で安全に暮らす人も同じ人間です。

  • 日本の電力政策がどうあるべきかを、元通産官僚が親書にまとめたもの。
    福島以前の原子力50%目標は行き過ぎだったが、各種電源はそれぞれ長所と短所を持っており、分散する必要がある。また、再生可能エネルギーは、安定性と経済性から予備にしかならず、原子力は少なくとも当面はポートフォリオに残す必要があるとする、全う勝つ普通な主張。特に面白いデータや目新しい点もない。

  • 和図書 540.93/Sa93
    資料ID 2012200163

全26件中 1 - 10件を表示

澤昭裕の作品

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)の作品紹介

震災後、国民的関心事となった電力問題。しかし議論がこじれる一方なのは、「理想」と「現実」が混同されているからではないか。再生可能エネルギーの将来性は楽観できないし、電力自由化や発送電分離がユーザーのメリットになるとは限らない。さらに世界の資源争奪戦は熾烈を極める一方だ。現実的で妥当な選択肢はどこにあるのか。電力問題のウラオモテを知り尽くした元政策担当者が客観的データをもとに徹底解説する。

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)はこんな本です

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)のKindle版

ツイートする