ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)

  • 99人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (8)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 根岸規雄
  • 新潮社 (2012年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104848

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • オークラのこだわりがわかりやすく説明されている。
    料理関係は淡泊。

  • S596.23-シン-484 300272606

  • Kindleで。
    お腹が減る本だった笑。でも一回くらいオークラでご飯を食べたくなる。
    ルベルナルディンとか懐かしいお店もでてきたし、堪能した。いつか挙げられてるお店に行ってみたい。

  • 2013/6/10
    なかなか読みやすかった。ホテルオークラの料理長の半生を書いた感じ。

    高級レストランで食事をしたくなる。

    ただ、話のつながりがいまいちなところもある。お勧め料理とかがところどころはいってくるけど流れがぶった切られる感じ。

  • オークラの総料理長まで上り詰めた著者によるオークラの精神、料理人としての修養と矜持を様々な料理の紹介と共に語る本。すごく面白かった。氏の恩師が常々言っていたという「客よりも美味いものを食べろ」というのはサービスの真理だと思う。
    オークラは2回だけ行ったことあるけど、雰囲気がすごく落ち着いててアメリカ式の帝国ホテルとは随分違うなぁ、という印象だったことだけ覚えてる。残念ながらメインダイニングで食事したことはまだないので、次機会があれば是非メインダイニングでローストビーフを頂きたいと思う。
    いつかは日本だけじゃなくて海外の色んな美味しいものも食べれるようになりたいなぁ。ポール・ボキューズやトロワグロやエル・ブリやジュエル・ロブションに行けるように、まずは痩せて相応しい精神と肉体を手に入れる所から始めないと(;´Д`)

  • 読了。
    日本が世界に誇るホテルの総料理長が振り返る、料理とその影でのたゆまぬ努力。
    現代の飲食店では当たり前の事が、60年代、70年代を経て先人達が積み上げて来たモノなのだな、と。
    読みやすいです。

  • フランス料理を追求したシェフ人生の回顧録

  •  ホテルオークラの第四代総料理長だった著者による本。
     ホテル創成期の話から、著者自身の修行時代、世界中のVIPたちへ出した美食のエピソードなど、この本を手にとった時に予想していた内容が書かれていて、安心して読めた。『美味礼賛』や『天才シェフ危機一髪』『ザ・ホテル』に期待していた内容と同じで、ページ数は薄いけど満足だった。

     ところが、ラストの10数ページほどにさりげなく驚愕の内容が書かれていて、期待を上回る満足度を得られた。著者の根岸さんは総料理長になってから、半世紀続くホテルオークラの味と質を今後もいかにして維持するか悩み、ついに料理の「見える化」に挑戦する。冷蔵庫の出し入れを観察して肉の品質を維持するアイデアを思いついたり、ある工夫で在庫の無駄を排除したりと、まさに現場改善を(おそらく独力で)実践されたのだ。
     長年守られてきたコンソメの伝統レシピを変えるかどうか悩む場面では、「変わり続けながらも普遍であること」をホテルオークラの料理の存在理由と認識し、大決断をする。これはまさに武道で言うところの「守破離」ではないか。
     料理人の経験と感性だけで作られていると思われていた料理が、古い伝統に縛られず、なおかつこのように品質を維持されていると思うと感動した。

  • ストーリーが軽い。伝統的な重厚さを継続したいとする内容に対して、薄っぺらい感じが否めない。なぜかと考えたが、哲学とユニークさが見えないからだ。読んでもフレンチトーストを食べたいと思わない、ワクワクがない本になってしまった。ミシュラン的な本。私はゴミヨーがいいな。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:596.23//N62

  • 営業やってた頃、いろんな国のナショナルデーに見たこともない料理を出していただきました。自国で食べるより美味しいと褒められたこともありますw

  • 20120927 しっかりとやって来た人だから書ける本かもしれない。タイトルと内容が違うようでビジネス書としても読めそう。

  • 料理長の腕=それまでにどれだけ最上級のものを実際に食べていたか、という事実。

  • ホテルオークラの総料理長だった人物の回顧録で、ホテル建設のいきさつから人材の育て方、皇族の方々やアメリカ大統領の饗応を担当したときの思い出まで。ホテル本体とレストランは裏表の存在であり、伝統を守り続けることが重要だけれど、改革していくべき時は変えていかなくてはならないなど。

全16件中 1 - 16件を表示

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)の作品紹介

濃さも味わいも倍の"ダブル"コンソメスープ、行列のできるローストビーフ、「世界一」のフレンチトースト。ホテルオークラには食通も唸る数々の逸品がある。開業以来腕をふるってきた著者が初めて明かす、美食と饗応の極意とは-。「客よりも美味いものを食え」という師の教え、給料をつぎ込んだ本場美食ツアー、VIPの大好物、天皇陛下のトナカイ料理…「最後の総料理長」による矜持と秘話に満ちた半世紀。

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)はこんな本です

ホテルオークラ総料理長の美食帖 (新潮新書)のKindle版

ツイートする