ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)

  • 268人登録
  • 3.94評価
    • (17)
    • (42)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 西岡文彦
  • 新潮社 (2012年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104916

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • いかにしてピカソが芸術家として富と名声を獲得したか。
    説得力があって面白かった。
    しかし、この本を読んで、ピカソの作品を「あんなヘタクソな絵が・・・」と思っている人も少なからずいることを知り、逆に驚いた。
    個人的にはピカソの卓越した造形能力を疑ったことが全くなかったからだ。
    しかし・・。
    ピカソという人は自分の描いたモチーフが何であれ親密な暖かい愛情関係を持つことはなかったかもしれない。
    ピカソは果して画家として幸せだったのかな?

  • 芸術家、美術大学教授の筆者が、誰もが思うであろう、ピカソの絵の法外な価格や、その芸術的評価の理由について、ピカソの天才性や、芸術というものの成り立ちなどの観点から教えてくれる。

    美術になど全く興味がない自分には、ピカソを始めとした現代芸術の絵というのに、100億という値が付くというのがまず驚き。
    そして、ピカソ自身生涯で14万点という作品を制作しており、総資産は7000億を超えるとか。
    まさに王。
    ピカソがそんな圧倒的な存在だとは、ちょっと想像を絶していた。

    現代の美術というものは実用性を徹底的に排し、絵そのものに絵を語らせることに主眼をおいており、革新的な理論を乗せた学者の論文のようなものだという。
    とすると、現代の美術というのは、多分に見る者を選ぶのだ。
    本書の最後の方で、その実用性を排した、作品を通した思想の探求に共感を得られるかどうかで、ピカソや現代芸術の個々人の価値が決まるのではという部分があった。
    自分は、物の背後に機能美や人の営みが感じられないと、楽しめない方だ。
    そこらにある、芸術的なオブジェ的なものに、根源的な違和感を感じる理由が分かった気がする。

  • 近代以降に生まれた絵画市場とその発展。
    ピカソの画才だけなく巧みな人心操作術と商才。双方が偶然合わさったとき画家に莫大な富(遺産7500億円!)と名声がもたらされた。ってな内容をピカソの人柄を紹介しつつ美術史も参考にコンパクトにまとめた良書。タイトルがちとダサいが、非常に有益で面白い本だった。

  • いわゆる「前衛」芸術を前にした時、何でこれが芸術?、という疑問を感じる人は多いのではないだろうか。

    このような疑問を抱く人の多さに対して、答えを見つけられる人はごく一部に限られていた。

    誰でもピカソのキュビズム絵画のような作品を前にして、こんなのが○億円!?、だとか、こんなのだったらうちの六歳の娘の方がずっとうまいよ、というようなやり取りを目にしたり耳にした事があると思う。

    本書を読めばこの答えが(もしくは自分が前衛芸術を前にした時に抱く疑問が芸術史においてどのように論じられて来たのか)が明らかになる。

    本書では芸術家の地位向上、絵画ビジネスの隆盛、「美」の解釈の変遷という三つのテーマを論じ、それらの現代における結節点としてピカソ芸術を取り上げている。

    それから多少芸術に興味がある人ならば知っているであろう、ピカソの女性問題についてもオマケとして言及している。

    ただ見るだけの物になぜこれだけ破格の値がつくのか?

    この問いに答えるためにルネッサンスからの芸術家の地位向上や、宗教改革による美の需要の変化などを追っての解説には、値段の裏にこんな歴史があったのか、と驚いた。

    果てにはアメリカ建国とその経済的発展の裏で働いた絵画の投機的側面など、この手の問題に関心のある読者なら快刀乱麻を断つようなスッキリした気持ちで読む事ができる。

    そしてそれらを巧みに操って成功したピカソは芸術だけでなく人心操作術の天才でもあった。

    そしてそのような人間関係における駆け引きの才覚と歴史的なタイミングが合わさってピカソの空前絶後の経済的成功が生まれた事がわかる。

    どうやらピカソほどの経済的成功に恵まれた芸術家は他にいないらしい。

    それ以前の芸術家は職人としての意味合いが強かったようだ。

    現在、我々が芸術家に対して抱く、気難しくてアトリエにこもって作品を作り、よくわからない作品をありがたがって億の値段で取り引きする、というイメージはどうもピカソが発端らしい。

    だが、それにも歴史的な意味があったということが本書を読んでわかった。

    また、芸術に対して素人が感じる疑問にこれほど正面から向き合った本も珍しい。

    次に行く美術展では値段の事なども頭の隅においてもっと素直に鑑賞できるようになるだろう。

    芸術におけるトリビアも満載で楽しく、それでいて長年の疑問にスッキリとした筋道を示してくれる一冊だった。

  • ピカソの落書きみたいな絵に対する素朴な疑問を解消しようとした本。

    誰もが思う、なんでピカソのあんなバカみたいな絵が評価されている? という疑問に対して、ピカソの生い立ち、人間関係の作り方や仕事のしかた、近代以降の「美術」の捉え方の歴史まで考察にいれ、あのような絵が、当時どういう状況下で、どう作られ、どう評価されていたのかをやさしく解説してくれています。

    自分にとっては、ピカソってなんだかぼんやりとした遠い世界のことでよくわからないんだけど、美術書とかでやたら大きく扱われているのでまあ、偉いんだろうな、みたいになんとなく考えていたのですが、西洋美術のなにやら歪んだ世界をちらっと知ることができて、ほんの少しアタマが整理できました。
    画集などにありがちな、美術史や思想や生い立ちをちょこっと述べただけのものや評論家が勝手な感想を述べただけのものとは違って、美術で生きることの泥臭さを知ることができ、等身大のピカソの人物像をかいま見られた感じです。

    あとがきで少々触れられていますが、基本的に著者が西洋現代美術を批判的な目でみているふしがあり、そのことで読んでいて面白さがなお増しているようにも思えます。
    図版が少なく印刷も白黒で見づらいのが不満といえば不満ではありますが。おもしろかったです。

  • 写実主義から、前衛主義へ。 作品の風潮と、その背景として、アメリカの経済発展と同調した取り巻く絵画市場環境の増大。 この波はもはや現代に再来せず、それに最大限乗ったピカソと同調の存在もまた不出世のもの。

    「女は苦しむ機械だ」と公言し、その激しい感情の力さえも、破壊的な芸術性に変えて描き続けた、まさに怪物。

    しかし、自画像として、死期が近い中で自ら描いたその暗澹たる表情は、生涯で手にした成功と同等、それ以上の闇を感じてならない。

    まさしく、ピカソ本人、作品、評価された背景が網羅的に読み取れた一冊。

    ニューヨークに、MOMAに行く前に読んで置きたかった。

  • 「どこがすごいの?」、「なんであんなに高い値段で?」という素朴な疑問に答えてくれる一冊。
    純粋なその技術の高さ以外に、その絵を受け入れる時代背景やピカソの戦略のうまさなど、複合的な要因をひとつづつ書かれていて納得。
    しかし芸術ってムズカシイ(^^;

  •  先日、西岡 文彦 氏 による「ピカソは本当に偉いのか?」を読み終えました。
     「ピカソの絵って、どこがスゴイの?」、初めてピカソを観た多くの人が抱く疑問です。私もその一人でした。
     著者の西岡氏は、本書で、「ピカソとその作品にまつわる素朴な疑問」に答えていきます。
     著者によると、ピカソの絵はピカソ以前の審美的基準でみると「美しくない」、しかし、誰も真似することができないほど、ピカソの画力は「驚異的に上手い」のだそうです。ともかく、ピカソはもとより、美術界にの歴史についての興味深い論考が山盛りの著作です。

  • 絵画ビジネスのバブルという背景。ピカソの英才教育でのデッサン力、破壊性、異常な人格、そこから出来上がる前衛作品。いろんなことがその時代にマッチして大成功したという感じか。

    あまり興味がなかった美術の歴史やピカソについていろいろわかって面白かった。

    ピカソの絵を自分でも描けると思う人がいるって驚き。私は美術に詳しくないし、わからないけど、あれを見たことのない時に描けるのかと言われたら描けるわけない。
    でも、この絵がなんでこんな高価なの?とか、中にはどこがいいんだろう?と思う絵もある。
    自分は飾りたい?いや飾りたいとは思わない。

    今日でいう芸術家は工事と同じで安い給料で働いていた。19世紀末から20世紀初頭に絵の市場のバブル。ちょうどピカソの時代。
    ピカソはビジネスに乗って描いていた。画商の好みを把握して。画商の好みに合わせて画商の肖像を描く。個性というより本当にビジネスに徹してサービスをしている。英才教育による絵画技術があってこそ。そしてロックイン状態で儲けたおす。
    “妻を替えるたびに、前の妻を焼いてしまわなければならない”女性を卑下し絵画の材料にしていた酷い男だ。

    キュビスム、ドラ・マールの肖像、魔除けとしての絵、母親の溺愛、父親の期待、破壊ピカソの絵は審美的審査にすれば美しくない、ピカソはすごく上手い デッサン力がすごい。

  • なかなかの人生だったことが驚きでもあり納得感がある。破壊と不機嫌、今も変わらず毎日どこかで起きている。

  • ピカソ芸術の最大の特徴は、その「わからなさ」
    p3

    「芸術家」という概念が生まれたのは、19世紀半ば過ぎ。当時の絵画彫刻の製作は、「工事」に近いもので、作家としての芸術家ではなく、「業者」としての職人に依頼するもの。p25
    ミケランジェロは、60代半ばに教皇からの特別認可によって脱退するまで、石膏の同業者組合。

    中世以来の身分秩序(祈る人(聖職者)、戦う人(戦士)、働く人(労働者))の、最下層である「働く人」としての画家や彫刻家。p26

    ピカソは、19世紀後半に急成長した画商(印象派の販売で、上得意の客筋を確保していた)というビジネスの可能性を見抜いていた。p28

    宗教革命によって、教会からの宗教画の注文が激減。代わりに、オランダの新興商人や王侯貴族が、世俗的な(市民生活の一部や風景画など)テーマの絵画を購入。また、画家は、「風景」や「市民生活」といった各テーマごとに専門性を持つようにるとともに、自分の好きなものを描くようになる。
    ・宗教革命前…マーケットイン。教会のオーダーに応える
    ・宗教革命後…プロダクトアウト。画家が好きなものを描き、それを画商が販売する。

    その後、19世紀後半のフランス革命による王侯貴族の影響力が減少と、印象派の登場により、画商ビジネスが勢い増す。p30

    「アメリカ値段」という、アメリカの新興富裕層の虚栄心につけ込んだ、フランス市場比の高プレミアムがつくようになる。p32

    ピカソが始めてパリに来た1900年頃、ピカソは、絵画史上初めて登場した「最初から投機目的で買われる絵画」を描くことに。p33

    ナチス高官による第二次大戦末期の買い占めにより、「通貨」として、価値が高騰。p35

    破壊のための芸術。p49
    破壊の対象としての女性。p53
    子供のような好奇心と、探究心とわがままさ。

  • ピカソの絵の凄さが全くわからない美術教養永遠のゼロの僕にはうってつけの本だった。
    美術史の流れ(ビジネスとしての美術が成立していく過程も含め)から読者目線まで落として解説していってくれるので凄くわかりやすかった。
    最終的に、ピカソは本当に偉いのか?という最初の疑問とそれに付随するいくつかの疑問に答えてくれる。
    最初の方にピカソと美術にまつわるいくつかの疑問が素人目線で挙げられているので、書店で立ち読みしてみてそれらの疑問に共感したら購入してみるのもいいと思います。新書で割と薄いのでサラッといけます。

  • 伝統的基準では美しくないが、驚異的に上手い。美術館に入ることを目的に制作された近代以降の絵画では、価値は「自分語り」「前衛」に変わり、圧倒的なまでに突出した存在だった。

    ピカソの読み解き方がよく理解できました。役に立たない、美術館がゴール、というのもなるほどです。

  • ほとんどの人が思ったことがあるだろう「ピカソの絵は本当に凄いのか?」をうまく説明してくれている。
    狂人ピカソ、絶対に共感できない。
    でもピカソは素晴らしい。「パイプを持つ少年」は恐ろしいほどにリアル。これだけでも初心者の私にもピカソの絵画の才能が分かった。

    その絵が描かれた時代の時代背景も密接に関係していることが分かった。
    時代背景以外にも、ピカソ以外の画家も一緒に紹介してくれ、初心者の僕にとっては勉強になる本になった。

    個人的には、モネの絵が好き

  • ピカソ作品の、絵が上手いのか?、芸術なのか?、なぜ高値なのか?といった素朴な疑問に、完璧に答えてくれています。また91歳まで生きたピカソ本人の傲慢な生き方とその魅力も知りました。ピカソの生きた時代が大きく影響しているわけですが、やはり実力は認めざるを得ないと感じました。総作品数13万点以上、遺産が7500億とか、興味深い数字もありました。201310

  • 美術の基本的なことから、ピカソの人柄まで分かる、易しい本だった。
    美術史についても、ピカソを軸に学べるので分かりやすく、いい勉強になった。
    美術について殆ど何も知らない人を想定して書かれているので、入門書としてもおすすめ。
    ピカソ晩年の自画像、芸術と人生を考えさせられる。

  • 題に魅かれて軽い気持ちで読んだが、美術史を俯瞰する視点でピカソを捉えた油断できない評論だった。フランス革命の後、印象派が出てくるあたりの絵画が新興勢力の市民に支えられた芸術になっていく過程からピカソに至るまでを簡潔に論述している。印象や感情による解説を極力排除し、当時の世相や風俗、個々の画家の手法などを中心にした解説は絵画の門外漢にはとてもわかりやすい。コードチェンジとかモード奏法とかを具体的に説明する菊地成孔のジャズ評論と同様に感心し、ピカソの革新性と商業性にマイルス・デイビスを思い浮かべた。

  • どうして、あんなオレでも描けそうな絵に何十億円もの値段が付くのか? そもそもあのいたずら書きみたいな絵は「うまい」のか? 共感できない私は芸術が理解出来ていないのだろうか? 世界で一番有名な画家の一人であると同時に、様々な疑問が人々の頭に湧き上がる20世紀最大の画家。

     ピカソは一夜にしてピカソになったのではない。「アヴィニョンの娘たち」がなぜ生まれ、同時代の人々に衝撃を与えたのか。著者はピカソを語りながら西洋絵画の歴史を紐解いていく。そうしなければひとつの帰着点であるピカソを理解することが出来ないから。
    (続きはブログで)http://syousanokioku.at.webry.info/201308/article_1.html

  • 芸術の価値というモノは本当に不可解なものである。
    特にピカソをはじめとして、「前衛」的なものはその最たるもの。
    それらの作品を前にしたとき思う疑問、「これは、芸術なのだろうか。なぜこんなものに価値があるのだろうか。自分でも造れる、描けるのでは。」
    などなど、疑問が浮かびつつも
    「やっぱり、いいねぇ」
    などと、つい知ったかでのたまってしまう。

    この本はピカソをはじめとした前衛芸術について、それらの疑問に対してある程度の納得できる答えをくれる。
    特に宗教改革、フランス革命やダヴィンチの進化論などの文化・歴史的背景が芸術に及ぼした影響など、なるほど~と。

    ピカソがなぜモテるのかといった人生については(2章、3章)、いまいち興味がないが、まぁ題名がピカソは~なので、しょうがない。

    これで、一歩進んだ知ったかぶりをできる笑

  • 芸術って、どこか不思議な世界。数学や物理のように明確に説明できるわけじゃないだけに、理解出来ないことも多い。かといって「わかんない」とも言い難いシーンもあったりするので、つい「天才のすることは私のような凡人には理解不能」と、自分を卑下して終わりにしてしまうという経験をしたことのある人も、少なくないだろうと思う。

    ピカソのキュビスムも、その際たるもののひとつ。しかもその理解し難い作品に途轍もない高値がつけられているのだから、余計にわけがわからなくなる。

    正直、私にとってピカソやブラックのキュビスムは、中学の頃にはトラウマでもあった。セザンヌやゴッホは私に安らぎをくれるのに、ピカソのキュビスムは心をかき乱すだけだったから…しかしながらそれらが世界的に高い評価を受けていることで、自分だけがそれを理解出来ないのだと思うこともしばしばだった。それで、どんどんとトラウマが大きく育ってしまったのだと思う。


    そんな、私のような美術体験を多かれ少なかれ経験したことのある者には、覚醒感を与えてくれる一冊だと思う。
    少なくとも私はこの本を読んだことで目から鱗が落ちたし、大袈裟に言うなら、日常が生きやすくなったように感じる。

  • 絵画の値段のカラクリが分かった

  • ピカソって天才かもしれないけど…天才と狂気は隣り合わせ。
    ピカソの絵を見る目に変化が生じた。

  • この本のことが前回のレビュー
    『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』で
    紹介されていたので早速読んでみました。

    画家として稀な、絵の才能とビジネスの才能を持ち
    作品の(作家の)価値を思うがままに吊り上げていった手腕には
    目から鱗が落ちました。

    魅力的な反面、周りの女性たちが可哀想かな、
    でも、わかる気もするな。

    とにかく凄い人ですね。

    純粋に芸術してる人にはちょっと毒かも・・・

  • 絵画の金額が高い=偉いじゃないという感覚が普通であることがよーくわかった。

  • 先日、著者がラジオで話しているのを聴いてとても感銘を受けたので。ピカソの絵を前にして「よくわからない」「こんなのは自分でも描けるよ」とやり取りを交わし揶揄する反面、これが理解できない自分はおかしいのか?と思うこともあった。でも自分が感じた「美しい」が美しいでいいという事。フッと軽くなった。ピカソは写実の絵ももの凄く上手いということ。そして破天荒な生涯。そういう人物だからこそあのような爆発した絵が評価されるのだと。破壊の創造、ピカソの見方が変わった。読後にピカソの絵を観ても「なんじゃこりゃ」なんだけど。

全36件中 1 - 25件を表示

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)の作品紹介

「なぜ『あんな絵』に高い値段がつくのか?」「これって本当に『美しい』のか?」。ピカソの絵を目にして、そんな疑問がノド元まで出かかった人も少なくないだろう。その疑問を呑み込んでしまう必要はない。ピカソをめぐる素朴な疑問に答えれば、素人を煙に巻く「現代美術」の摩訶不思議なからくりもすっきりと読み解けるのだから-。ピカソの人と作品に「常識」の側から切り込んだ、まったく新しい芸術論。

ピカソは本当に偉いのか? (新潮新書)のKindle版

ツイートする