続・暴力団 (新潮新書)

  • 257人登録
  • 3.35評価
    • (6)
    • (37)
    • (42)
    • (11)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 溝口敦
  • 新潮社 (2012年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106104923

続・暴力団 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芸能界と暴力団、新しい法律。めまぐるしく状況が変わったと観るのが正しいよう。ではどうするのが一番いいのか答を出すのは難しい。個人的にはもう十分ヤクザ屋さんは潜っていると思う。条例にあるようなフロント企業の名前も本丸は出せずに居ると思う。関係のない中小企業が大ダメージを受けるような仕組みはちょっと考えもの。利益供与のところなんか無茶苦茶だと思う。ではヤクザを医者が観たらどうなんだ?それはよくて、食事やゴルフはだめなのか?その線引はなんなんだろう?暴力団が問題なのは確かだが敵役がいないと都合がわるいと考えている警察にも少なからず問題があるように思う。

  • 第一弾が結構ためになったんで、こっちも読んどかないとってことで。前作からそんなに時間は経っていないけど、暴力団界隈の事情は、結構変化があったんですね。自暴自棄になりかねない暴力団に、対して役に立たなそうな警察組織。怖っ。アカンやん、それ。と思いました。

  • 警察が国民と同じ方向を見ていない。なるほど、でした。
    法律で存在を認め、条例で締め出しを謀るのは、国民に矢面に立たせるため、とはなんとも恐ろしい

  • レビュー省略

  • 清原逮捕や少し前なら餃子の王将事件など、暴力団絡みの事件は多い。けれどもそもそも暴力団という組織がなぜ存在しているのか?彼らはどうやって食っていっているのか?よく「必要悪」などと言われるが、実際のところどうなのか?自分自身が暴力団とかけ離れたところにいるために彼らに対する知識は驚くほど少ない。本書は暴力団にとどまらず、暴力団に対する警察のあり方について知る上で良書である。

    本書は「暴力団の存在は否定されるべきものだ」というスタンスを基本としている(当たり前といえばそれまでだが)。そのスタンスに立った上で法や警察のあり方にも踏み込んでいる。たとえば各地で制定されている暴力団排除条例。なんとこの条例の主体は「暴力団」でも「警察」でもなくなんと「住民、市民」なのである。市民が暴力団と付き合わないというのは分からなくもないが、それじゃあ警察は一体何をするというのだ?

    ただし、仮に暴力団がいなくなったとすれば、これまでのパワーバランスが崩れることも必至だ。それでも「正当な」権力で平和を維持しようとするなら、警察はこれまで以上の働きが求められる。それに本書も指摘するように、警察はその食い扶持を(退職後でさえも天下りという形で!)維持するという意味で暴力団を本気で無くそうとは思っていない。つまり警察は全然本気なんかじゃないわけだ。

    結局、暴力団を減らすためにはそもそも暴力団に入る若者を阻止することしかないのではないだろうか。でも経済状況の悪化、学力の低下、学力の軽視(一部の層だが)などが進んでいると思われる現在、暴力団とまではいかずともそれに近い半グレは増えていく気がする。そしてそれがまた権力を持ち始めて、それに警察が乗っかったりするのだろうな…頭痛い。この本を読むと警察不信もますまふ強くなるよ。個人的には前作『暴力団』よりも面白かったし勉強にもなった気がする。

  • 前作に引き続き読み進んだが、やっぱり物足りない印象。
    ただ一つ、現行法下では、暴力団はもう組織としては存続できないのではないか、という指摘だけは覚えておきたい。
    イタリアのように、誰がマフィアのメンバーか分からない、という状況に日本もなっていくのかな。

  • 読了。

  • 前作との違いは、暴力団の置かれている状況が中心に描かれていること。暴排条例が市民を守らないものであり、同時にヤクザにダメージを与えている。警察側の都合や、芸能界の事情など。

  • アウトレイジを観てそちらの世界ってどうやって成り立っているのか気になっているところ、
    本著をおすすめしてもらった。
    著者が命をかけて追っている極道の世界。本著は暴対法改正以降を追っている。暴対法での取り締まりがひどくなり、変わる彼らの生活や行動。
    本著を読んでから改めてアウトレイジを見返すと面白いかもしれない。

  •  前著の「暴力団」の続きで、暴対法と暴排条例が暴力団に与えた大きな影響を詳しく説明している。これらの法律と条例の解説、一般人への影響、警察の対応や振る舞い、暴力団の今後についての考察などを記しているが、「前にも述べたように」と繰り返しながら説明を進めるので分かりやすく理解しやすい。
     暴力団はこの法律と条例で困窮してきていて、社会との関係も変わってきているが、このまま暴力団がなくなることはないだろうと筆者はみている。それは、昔から持ちつ持たれつの関係がある警察が困るからだと喝破する。
     このように現在の暴力団をとりまく状況を整理したうえで、筆者は暴力団は他国のように法律で非合法化すべきと主張する。非合法化で予想される問題も挙げての主張であり、説得力のある筋の通った議論が展開されている。

全39件中 1 - 10件を表示

溝口敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

続・暴力団 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続・暴力団 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

続・暴力団 (新潮新書)の作品紹介

暴力団排除条例は、新たな恐怖の始まりだった。殺傷される市民、襲撃される企業、私刑される警察官…条例施行後に頻発する兇悪事件。なぜ一般人が狙われるのか?福岡で兇行が連続するワケは?警察はなぜ無力なのか?新しいシノギや殺しの手口とは?組長や現役幹部がその裏事情を激白!有名芸能人との癒着、半グレ集団の肥大化、出合った時の対処法など、誰もが知らないではすまされない「現代極道の最新知識」。

続・暴力団 (新潮新書)のKindle版

ツイートする