国の死に方 (新潮新書)

  • 139人登録
  • 3.81評価
    • (12)
    • (13)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 片山杜秀
  • 新潮社 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105005

国の死に方 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 逆説の日本史?世界史?読んだことはないが苦笑 ヒトラーは独裁ではなかった。戦争中の日本は軍国主義ではなかった。文体のテンポがよく、すいすい読めた。本書と未完のファシズムは大学時代のゼミの先生に貸してもらった本。さぁ、未完のファシズムを読もう。

  • ヒトラー、スターリン、大日本帝国。
    特定の人間が出でこないのが日本の特徴かとも思う。

  • 切り口斬新で、初めて知る話も多く面白かった。

  • 国の中から共産主義者やユダヤ人を選別し排除することは平時の理屈では不可能。共産主義者もユダヤ人もドイツ国民に違いない。国内を例外非常の事態におき、特殊な立法や超法規的措置を友わせなければ不可能。
    ヒトラー自らが国家の仕組みを一生懸命に壊している。

    ゴルバチョフは書記長に選ばれたとはいえ多くの反対派に囲まれていた。
    チェルノブイリ事故を機に、今まで明るみに出てこなかったソ連の本当の姿をどんどん情報公開していく。グラスノスチはゴルバチョフの想定を超えた。

  • 著者曰く、日本という国は死につつあるらしい。3・11、福島原発を取り上げるまでもなく、明治時代から現在までリーダー不在の日本は迷走し続けている。

    そんな日本という国を、時にナチスドイツやソ連、ゴジラなどと比較しながら、新書らしからぬ軽妙な文体で描写する。述べていることはヘビーだが、短編歴史小説のような読みやすさ。

    映画「ゴジラ」で、日本政府は放射能まみれのゴジラに為す術がなかった。結局、ゴジラから日本を救ったのは、身を犠牲にした一人の民間科学者だった。今の日本にはそんな科学者が登場するような国ではない。じゃあ、原子力発電所については誰が責任を?

  • 国の安定のために、使われる火災保険、地震保険のくだりは面白かった。
    普通選挙の章を読み、政治リテラシーのない日本が終わる時の形がほんのり見えた気がした。

  • 特に、第2章「国家をわざと麻痺させる」と、第9章「舌先三寸と気分の衆愚選挙」を興味深く読んだ。
    歴史から学ぶべきことはたくさんある。そうあらためて実感させられた。

  • ゴジラの音楽を作った伊福部の話がいきなり出てきたので驚いた。
    たしかに、伊福部の暗い音楽って、原子爆弾や、放射能や、戦争や、機械や、民族主義や、神話や、・・・・そういったものを全部含んでいて、まさにゴジラの映画音楽にぴったりすぎるくらいピッタリだ。

    ヒトラーは意図的に国家を麻痺させたのだ。p.41

    スターリンがソ連に作り出した仕掛けは、上意下達で、上から下にノルマと思想を浴びせて、逆らうものは片っ端から粛清してゆく。
    フルシチョフは、指導者の個人崇拝は否定したが、スターリンの作った上意下達の仕掛けには手をつけずむしろ積極的に利用した。ブレジネフも、アンドロポフも、チェルネンコも、基本的には同じだった。 p85参照


    でも、ヒトラーのことも、スターリンのことも、後から言えば、何でも言えるぞ。片山の言う通りだとは思えない。そこまで単純化できないと思う。

    原発事故と、原爆投下には、いくつか重なる部分があることに気づかされた。

    この本は週刊誌とかに載せた軽い文章の寄せ集め。

  • 3.11のあと被害規模が明らかになるにつれ、また、被災地とは離れた首都圏や西日本にまで影響が出てくるにつれ、"日本が非常事態に陥った"、"いよいよ滅びの一途を辿るのか、"と不安に感じた人は少なくないと思う。
    非常事態、国の滅亡――「現在から想起される過去について書くことで、現在を思う糧が得られるようにやってみたい」(p.217)
    ・・という考えの元、行われた連載をまとめた一冊。
    中世~近世~近代の日本、加えてナチスドイツ・ソ連の政治史をかいつまみながら、国家の衰亡をプロセスを辿る。

    面白かったです。
    特に6~8章の保険と関東大震災・戦災について書かれた部分は、こういう視座での考察には触れたことが無かったので新鮮でした。
    あと、ゴジラ。
    水爆実験がきっかけで覚醒した大怪獣は、口から放射能を吐き、野を被爆させる・・最終的には在野の研究者が自らの命を投げ出し、ゴジラを道連れに死ぬ――そんな話だったとは知らなかった。
    日本の「『国体より重い命のない国』から『人の命は地球より重い国』へ」の捻転(p.213)・・という一文とも相まってとても印象に残りました。

    ゴジラを語る部分や、3.11後の原発云々に揺れる日本を語る部分はやや叙情的すぎますが、"論考"というより"思索"と思って読めば良いかと。
    大いに面白かったです。

  • 連載記事を集めたものなので、章ごとに内容の統一感はないが、昨年の衆院選前に掲載されたという「舌先三寸と気分の衆愚選挙、普通選挙で国滅ぶ」の章は興味深かった。
    曰く、
    有権者の判断能力が劣悪ならば、候補者のとる戦略は、まずは小口買収、次にどうせ実行できるはずもないその場しのぎの公約の連発。
    判断能力のない有権者ほど、この世で危険なものはない。

    うーん、昨今の選挙結果を見ていると、著者の意見に肯かざるを得ないのがつらい。

全21件中 1 - 10件を表示

片山杜秀の作品

国の死に方 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国の死に方 (新潮新書)の作品紹介

そんなに国を死なせたいのか?歴史はやはり繰り返すのか?リーダー不在と官僚組織の弊害、出口の見えない不況、未曾有の震災と東北の苦境…鬱積する国民の不満を受けとめられない政治は、相次ぐ国難にも右往左往を繰り返すばかり。近年、この国の有り様は、あの戦争前後の混迷に驚くほど通底している。国家が自壊してゆくプロセスを精察し、暗雲漂う現代の「この国のかたち」を浮き彫りにする。

国の死に方 (新潮新書)はこんな本です

国の死に方 (新潮新書)のKindle版

ツイートする