国の死に方 (新潮新書)

  • 137人登録
  • 3.86評価
    • (13)
    • (13)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 片山杜秀
  • 新潮社 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105005

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

国の死に方 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 逆説の日本史?世界史?読んだことはないが苦笑 ヒトラーは独裁ではなかった。戦争中の日本は軍国主義ではなかった。文体のテンポがよく、すいすい読めた。本書と未完のファシズムは大学時代のゼミの先生に貸してもらった本。さぁ、未完のファシズムを読もう。

  • ヒトラー、スターリン、大日本帝国。
    特定の人間が出でこないのが日本の特徴かとも思う。

  • 切り口斬新で、初めて知る話も多く面白かった。

  • 国の中から共産主義者やユダヤ人を選別し排除することは平時の理屈では不可能。共産主義者もユダヤ人もドイツ国民に違いない。国内を例外非常の事態におき、特殊な立法や超法規的措置を友わせなければ不可能。
    ヒトラー自らが国家の仕組みを一生懸命に壊している。

    ゴルバチョフは書記長に選ばれたとはいえ多くの反対派に囲まれていた。
    チェルノブイリ事故を機に、今まで明るみに出てこなかったソ連の本当の姿をどんどん情報公開していく。グラスノスチはゴルバチョフの想定を超えた。

  • 著者曰く、日本という国は死につつあるらしい。3・11、福島原発を取り上げるまでもなく、明治時代から現在までリーダー不在の日本は迷走し続けている。

    そんな日本という国を、時にナチスドイツやソ連、ゴジラなどと比較しながら、新書らしからぬ軽妙な文体で描写する。述べていることはヘビーだが、短編歴史小説のような読みやすさ。

    映画「ゴジラ」で、日本政府は放射能まみれのゴジラに為す術がなかった。結局、ゴジラから日本を救ったのは、身を犠牲にした一人の民間科学者だった。今の日本にはそんな科学者が登場するような国ではない。じゃあ、原子力発電所については誰が責任を?

  • 国の安定のために、使われる火災保険、地震保険のくだりは面白かった。
    普通選挙の章を読み、政治リテラシーのない日本が終わる時の形がほんのり見えた気がした。

  • 特に、第2章「国家をわざと麻痺させる」と、第9章「舌先三寸と気分の衆愚選挙」を興味深く読んだ。
    歴史から学ぶべきことはたくさんある。そうあらためて実感させられた。

  • ゴジラの音楽を作った伊福部の話がいきなり出てきたので驚いた。
    たしかに、伊福部の暗い音楽って、原子爆弾や、放射能や、戦争や、機械や、民族主義や、神話や、・・・・そういったものを全部含んでいて、まさにゴジラの映画音楽にぴったりすぎるくらいピッタリだ。

    ヒトラーは意図的に国家を麻痺させたのだ。p.41

    スターリンがソ連に作り出した仕掛けは、上意下達で、上から下にノルマと思想を浴びせて、逆らうものは片っ端から粛清してゆく。
    フルシチョフは、指導者の個人崇拝は否定したが、スターリンの作った上意下達の仕掛けには手をつけずむしろ積極的に利用した。ブレジネフも、アンドロポフも、チェルネンコも、基本的には同じだった。 p85参照


    でも、ヒトラーのことも、スターリンのことも、後から言えば、何でも言えるぞ。片山の言う通りだとは思えない。そこまで単純化できないと思う。

    原発事故と、原爆投下には、いくつか重なる部分があることに気づかされた。

    この本は週刊誌とかに載せた軽い文章の寄せ集め。

  • 3.11のあと被害規模が明らかになるにつれ、また、被災地とは離れた首都圏や西日本にまで影響が出てくるにつれ、"日本が非常事態に陥った"、"いよいよ滅びの一途を辿るのか、"と不安に感じた人は少なくないと思う。
    非常事態、国の滅亡――「現在から想起される過去について書くことで、現在を思う糧が得られるようにやってみたい」(p.217)
    ・・という考えの元、行われた連載をまとめた一冊。
    中世~近世~近代の日本、加えてナチスドイツ・ソ連の政治史をかいつまみながら、国家の衰亡をプロセスを辿る。

    面白かったです。
    特に6~8章の保険と関東大震災・戦災について書かれた部分は、こういう視座での考察には触れたことが無かったので新鮮でした。
    あと、ゴジラ。
    水爆実験がきっかけで覚醒した大怪獣は、口から放射能を吐き、野を被爆させる・・最終的には在野の研究者が自らの命を投げ出し、ゴジラを道連れに死ぬ――そんな話だったとは知らなかった。
    日本の「『国体より重い命のない国』から『人の命は地球より重い国』へ」の捻転(p.213)・・という一文とも相まってとても印象に残りました。

    ゴジラを語る部分や、3.11後の原発云々に揺れる日本を語る部分はやや叙情的すぎますが、"論考"というより"思索"と思って読めば良いかと。
    大いに面白かったです。

  • 連載記事を集めたものなので、章ごとに内容の統一感はないが、昨年の衆院選前に掲載されたという「舌先三寸と気分の衆愚選挙、普通選挙で国滅ぶ」の章は興味深かった。
    曰く、
    有権者の判断能力が劣悪ならば、候補者のとる戦略は、まずは小口買収、次にどうせ実行できるはずもないその場しのぎの公約の連発。
    判断能力のない有権者ほど、この世で危険なものはない。

    うーん、昨今の選挙結果を見ていると、著者の意見に肯かざるを得ないのがつらい。

  • 江戸期に水戸学で確立された国体論(「君臣相和し頭を垂れる」)が第2次世界大戦以後まで続くのだが、その国体論を実践し維持するには必要不可欠な要素があった。「犠牲を強いるシステムとしての国体」の側面だ。国体論が語られる際に表だって言及されなかったが、これこそが無条件降伏をした後でさえも維持しようとした国体を陰で支える要素だった、と片山氏はいう。しかし、この犠牲を強いるシステムはポツダム宣言(から、日本国憲法の制定ももしかして入るのか?)における軍国主義の除去と平和主義の徹底により機能停止される。《みんなで仲間意識を持ち、天皇を愛し相和せ君臣一体となる国体》を維持するには犠牲のシステムが不可欠なのに、「新たな犠牲の論理」を国家が生み出さぬまま戦後の日本は歩んできている。映画「ゴジラ」のように、犠牲は国家が強いるものではなく自発的に行うもの、というのが戦後なのかもしれない。しかし、国体を維持不能にするような装置(=原発)を作り続けている国が、国体を担保する犠牲の論理を成立させずに時計の針を前に進めるというのはどうにもおかしいことではないか?という論調。それはつまり、第2次世界大戦さえもくぐりぬけてきた国体が、今回の原発事故、あるいは今後も起こる可能性のある原発事故によっていずれ死を迎えるのではないか?という予測でもある。

  • これが2013年の「この国のかたち」なんだろうと思う。
    今思えば大げさだが、大震災の津波の映像や原発爆発の映像をリアルタイムで見たとき、身近な社会に対して感じる自分の中の常識が吹き飛んだように感じた。
    放射能を含めた震災に関するマスコミ報道やネット上の誤報やデマで社会の混沌を感じた。
    身近な社会に対する不安は、それを取り巻くコミュニティーに対して同心円状に広がって行き、
    最終的には国家というシステムそのものに対する不安になる。
    そんなことを思い出しながら読んだ。

    ゴジラのところは読み飛ばしたけど、
    戦前日本の組織論的なところは未完のファシズムを読んでいたので大変素直に読むことができた。

  • 幕末から戦前の話を書いているはずなのに、ここ数年のことを書いているようにしか思えないのは私だけだろうか・・

  • うーん。
    やはり歴史に対する視点が斬新で面白い。トリビア的なことも知ることができて読んでいて飽きない。


    でもですね。


    権力は低きに流れる生物の集団構造。ファシズムすら生み出せなかった縦割り構造の明治憲法体制。保険制度の不備から生じた罹災者たちの怒りが関東大震災時の朝鮮人虐殺を引き起こしたという仮説。日本初の地震保険を作った東条英機。浜松市で行われた初めての普通選挙が衆愚選挙となった経緯。


    米騒動から共産革命を警戒した大正昭和の政党政治家たち。彼らは国民が食えるように足りない分を植民地米(外地米)増産で乗り切ろうとした。これがうまくいったが逆に内地米を圧迫し内地の、特に東北農村の疲弊を招き政党政治家へのテロの動機を生み出してしまったというアイロニー。映画「ゴジラ」に映し出された国体観念。



    個々の話は興味深いことばかりなんだけど、全体として何が言いたい本なのか分からない。震災直後に書かれた雑文やらエッセイを寄せ集めた感が一杯。タイトルも分かりにくい。無理やり新書という形で本を作る必要はなかったのではないか。

  • 歴史を知ることで、色んなことが腑に落ちた。

    韓国でお米を食べても日本と同じ味がするのは1920年からの「朝鮮産米増殖十五か年計画」のお陰かと思う。
    しかし、裏ではたくさんの血が流されており、現代において最低限ご飯が美味しく食べられていることはとっても幸せなことだ。

    冒頭から『ゴジラ』と東日本大震災〜原発問題を絡めて論じているのにもなるほどと思わされたし、
    そんな前から予告されていたのに、この国では何も学んでいなかったのか……とがっくりきた。

    また繰り返すか、今度こそ挽回するのか。
    自分を含めた日本の人たちのこれからを見守っていきたいと思う。

    バックミュージックは伊福部昭の曲で。
    科学研究に携わっていた時に被曝し、戦後は
    「科学よりも芸術に、産業よりも文化に、文明生活の追求よりも土俗的なものの復権に」と『ゴジラ』にもメッセージわ込めたようだ。

  • 権力は下降へ、官僚や専門家へ
    ヒトラーは、組織を二元化することで権力の下降化を防いだ
    明治憲法体制も縦割り多元化だが初期は元老がヨコのつながりを作っていた
    天皇機関説と政党政治
    生命保険と数学、火災保険

  • 大日本帝国、ナチス、ソ連の死に方、日本が死にかけた関東大震災、大恐慌とゴジラに象徴される現代をエッセイ形式で描いている。「未完のファシスト」と同様な意外な材料により説かれており何れの章も興味深かった。特に、昭和初期の東北農村の疲弊が、朝鮮産の米の導入によるとの話は、初めて聞いた。

  • 政治思想史が専門である筆者は、武家政権における執権、明治政府の元老、ヒトラー、ソビエト指導部などの例を引きながら政治権力の源泉について読者に考えさせる。
    そして、豊富なエピソードをもとに、大正時代以降の権力が分断されてリーダーシップを発揮出来ない政府、普通選挙がもたらしたポピュリズム、関東大震災や米騒動、戦争でやり場のない大衆の怒りと諦観を浮き彫りにし、これらの事象、構造は平成の今とまさに繋がっているとリアルに感じさせるのだ。
    この国はまた死ぬのではないかと3.11を契機に書かれたこの本の読後感は重厚な交響曲を聴いた後のように重い。

  • ナチス、ソ連、大日本帝国、近代日本をひとつひとつ挙げていき、国が滅んでいく原因・過程と、それを防ごうとした(あるいはしなかった)指導者の思考・行動をとても分かりやすく描いている。大変面白い。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配下場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:312//Ka84

  • なにが足りないんだろう…。

全21件中 1 - 21件を表示

国の死に方 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国の死に方 (新潮新書)の作品紹介

そんなに国を死なせたいのか?歴史はやはり繰り返すのか?リーダー不在と官僚組織の弊害、出口の見えない不況、未曾有の震災と東北の苦境…鬱積する国民の不満を受けとめられない政治は、相次ぐ国難にも右往左往を繰り返すばかり。近年、この国の有り様は、あの戦争前後の混迷に驚くほど通底している。国家が自壊してゆくプロセスを精察し、暗雲漂う現代の「この国のかたち」を浮き彫りにする。

国の死に方 (新潮新書)はこんな本です

国の死に方 (新潮新書)のKindle版

ツイートする