人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)

  • 1320人登録
  • 4.00評価
    • (123)
    • (155)
    • (76)
    • (17)
    • (4)
  • 164レビュー
著者 : 森博嗣
  • 新潮社 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105104

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルが大変にかっこ悪いけれど、コンテンツは流石です。「抽象思考の庭」の方が断然鋭いのに。

    昔はもっと過激だったような、丸くなったような印象を受けます。
    もやもやっとしたところもあるけれど、もやもやっとしたまま受け取っておけば良いのだろう。

    視点、立ち位置、スタイルみたいなものを、「このへん」に持っていくともうちょっと世界は平和になるんじゃないかな、という話。

    目先の具体的なもの、特に数字の類に追われてる人をよく目にするので(ホントに多すぎ)気をつけよう。

    三年後にもう一回読む。

  • 印象に残ったキーワード・キーフレーズ
    1. 漠然と庭をいじっていて「あっ、ここいいな」と思う瞬間が見つかった
    目的が漠然としていても思考をこねくり回すことで良いものを発見する(アイデアを思いつく、目的に対する具体的な手段が見つかる)瞬間がある。重要なのは「こねくり回す」の部分。

    2. 他者を抽象化してもいいが、自分が他者をどう抽象化しているかは他の人に言わない方が良い
    はい。

    3. 文系の人は理系の人より論理的だと思う
    学校の勉強で論理でなく「発想」が必要になることがあるのは数学だけである。発想があるとすぐ解けるような問題は「エレガントな問題」と呼ばれるが、エレガントな問題は二度と同じような問題を出せないので滅多に出題されない、という記載が面白かった。
    私も理系の人が論理的だとはあまり思わない。法則から推測しているという点では文系も理系も変わらないし、研究職をやっていると「どの法則に則った答えが正しいのかが分からないまま推測(思い込み、賭け?)で研究している」という点などは確かに理系の方が論理的の度合いが低いような気もする。

  • 何か具体的な「思考法」のようなものが書いてあるわけではない。
    分かる人は分かり、分からない人には一生分からないであろう。

    でも刺激にはなる。

  • 抽象的に物事を捉えることの有用性と、方法論。
    最初から最後まで雲をつかむような、漠然とした概念論が続く。

    ベースにあるのは著者の「こだわらない生き方」という考え方だろうが、自分が達成したい目標の本質や核を見極めて、それを目指す必要性を論じてた。

    答えやハウツーが溢れかえっている、と言うのは全くそのとおりだと思う。
    もちろんそれは悪いことではないし、それによって助かる人も多い。
    でも時折、その答えに至る道筋を自分なりに考えてみるのも悪くないとおもった。

    終章の「頭のなかの思考の庭」を手入れしていこう、という発想は情景が想像できてクスリとさせられた。

  • 【動機】森博嗣なので。タイトルがアレなので。
    【内容】抽象化おじさん。
    【感想】下品なまえがきに書かれている「客観」という言葉の使い方が自分の感覚とズレていて本の余白をハテナで埋め尽くしたくなったけれど、見下しながら我慢して読んでいるとだんだんハテナも溶けていって、らしい浮遊感を味わえた。そしてどちらかというとこっち(抽象)側である自分にとって、鋭い戒めの言葉も得られた。

  • ミステリー作家(引退?)の森博嗣の書。
    考え方のハウツー本ではなく、『もうちょっと考えてみよう』と勧めるだけの本なのだが、・・・さすが森博嗣っ!森博嗣ならではの言い回しが心地よかった。

    著者としてはタイトルに『抽象思考の庭』を考えられていたとのことが「あとがき」に書かれている。
    この本では、具体的に考えることからはなれて、抽象的な思考をすることの大切さが述べられている。
    ただし、抽象的思考は、論理的思考や具体的行動とセットにならなければ問題を解決をできないのだけれど、この三つのうち抽象的思考のみが手法が存在しないため教えること、学ぶこと、伝えることが難しいと述べておられる。

    なんでもかんでも具体的に考え、具体的な情報に触れることに価値が置かれるように思われるけども、そこから離れて抽象的に考える勇気も必要だと思った。なによりも、面白いかもしれない。

    後半、森博嗣が、趣味の庭いじりから得られた発想について述べられている点が面白かった。

    ----------------
    内容(amazonより)
    熟考したつもりでも、私たちは思い込みや常識など具体的な事柄に囚われている。問題に直面した際、本当に必要なのは「抽象的思考」なのに―。「疑問を閃きに変えるには」「“知る”という危険」「決めつけない賢さ」「自分自身の育て方」等々、累計一千三百万部を超える人気作家が「考えるヒント」を大公開。明日をより楽しく、より自由にする「抽象的思考」を養うには?一生つかえる思考の秘訣が詰まった画期的提言。
    ----------------
    第1章 「具体」から「抽象」へ
    アイデアはどこから来るのか / 「見えるもの」が既に偏っている

    第2章 人間関係を抽象的に捉える
    決めつけてはいけない / 奥深い人、浅はかな人 / 「友達」を抽象的に考える

    第3章 抽象的な考え方を育てるには
    なにが「発想」を邪魔しているか / 普通のことを疑う / 自分でも創作してみる

    第4章 抽象的に生きる楽しさ
    「方法」に縋らない / なにもかも虚しい? / 自由のために働く

    第5章 考える「庭」を作る
    自分で自分を育てるしかない / 「知ること」に伴う危険 / 「決めない」という賢さ

    (「目次」より抜粋)
    ----------------

  • 森博嗣が庭仕事や工作の作業中に幾度となく閃きを得ていることは日記シリーズの読者には周知のことであるが、その辺りを掘り下げているのが本書。内容や感想など具体的なことを書くことが躊躇われる(ようになる)本だった。あとがきの最後の一文がとにかくかっこ良くて痺れる。

  • 「抽象的な思考」について書かれた本。
    論理的な考え方や(成功するための)具体的な行動について書かれた本は書店にたくさんあるけれど、抽象的に考える方法についてはなかなか見たことがない(そんな本があったら森博嗣はわざわざ書かない)。そもそも「抽象的」というのが「具体的」の反対で悪い意味で捉えられがちで、論理的な思考と混同しがちなのだ(これは僕も区別できていなかった)。抽象的に考えるというのは生きていく上で必ずしも必要ではないのかもしれないけれど、具体的なことに囚われずに少しでも自由になれたら良いことではないだろうか(少なくとも僕は、そういう自由を手に入れたい)。
    本書では、そもそも抽象的に考えるとは、というところから始まるが、一般的なハウツウ本と違ってこうすれば抽象的に考えられますよ、という具体的な方法がない。一朝一夕で身につくものではなく、自分の頭の中で「庭」を育てるようなものなのです。

    この本は、感想を書くのがあまりに私的で恥ずかしいかなって思う。あまり公に書かない方がいい(本の中でも似たようなことが述べられていた)。それくらい自分自身と身の周りについて考えた本である。
    あと引用やメモもしていない。したい部分は何箇所もあったけれど、そんなものはあまり意味が無いし、忘れてしまって「森博嗣があの本で"◯◯のようなこと"を言ってたな」くらいぼんやりさせた方がいい、って本を読んで思ったからだ。

    【目次】
    まえがき
    第1章 「具体」から「抽象」へ
    第2章 人間関係を抽象的に捉える
    第3章 抽象的な考え方を育てるには
    第4章 抽象的に生きる楽しさ
    第5章 考える「庭」を作る
    あとがき

  • 著者が考えていたというタイトル「抽象思考の庭」の方がイメージが掴みやすいかも知れません。
    でも、このざっくりしたタイトルも、本書に合っている気もします。端的に言えば、抽象思考のススメ、といったところでしょうか。
    ですので、あまり具体例というのは出て来ません。

    ・余分な枝葉を排する事で本質を掴めるし、本質を掴む事で他の事にも応用することが出来る。
    ・一朝一夕で身に着くものでもないし、誰かに教えてもらえるものでもない。
    ・常日頃から抽象的にぼんやりと捉え、決めつけず限定しない。

    終始一貫として、仕事だけでなく、人間関係や幸せへの追求において、抽象思考の有用性が説かれています。
    ただ、なるたけ抽象的に考えようとしたとしても、なかなか応用までは難しいと思ってしまったのは、自分の思考がまだまだ主観的である事を捨てきれていない証拠なんだろうと思います。。。

    具体的なものが悪い訳ではないけれど、はっきりしていて分かりやすい分、そこで思考停止してしまうという指摘には、考えさせられてしまいました。

    『もうちょっと考えよう』。自戒の意味を込めて。

    図書館スタッフ(学園前):あんりみ0

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100382385

  • 頭の庭いじり 好きな表現だなと思った。

    普段小説しか読まない私。
    抽象的だの客観的だのそう言ったワードに対してなんの興味もなかった。

    物事の本質とか、自己を見つめるとか、
    そんなの高校の倫理の授業で聞いたきり。

    この本を勧められたとき、なんか難しそうな本だなぁって思った。

    ところが、とても読みやすい文章。たとえもわかりやすかった。頭がまだまだ具体的思考なので、作者の問いかけに対する答えが欲しかったり、ぼんやりとした話にモヤモヤもするけど、読んで損はなかった。

全164件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)に関連するまとめ

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)の作品紹介

熟考したつもりでも、私たちは思い込みや常識など具体的な事柄に囚われている。問題に直面した際、本当に必要なのは「抽象的思考」なのに―。

累計一千三百万部を超える人気作家が「考えるヒント」を大公開。明日をより楽しく、より自由にする「抽象的思考」を養うには?一生つかえる思考の秘訣が詰まった画期的提言。

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)はこんな本です

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)のKindle版

ツイートする