悪韓論 (新潮新書)

  • 377人登録
  • 3.51評価
    • (15)
    • (45)
    • (47)
    • (12)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 室谷克実
  • 新潮社 (2013年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105166

悪韓論 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ朝鮮人が嫌いなのか理由が分かった。
    日本人として許せないことを平気でやるからだ。
    明治人もそれ以前の各時代の日本人も朝鮮人が嫌いだったようだ。
    そんな隣国と無理してつきあうことはないのでは?

  • 韓国人の国民性がよく理解出来る。お隣ではあるが、日本人には全く理解出来ない価値観や文化があります。隣国と仲が悪いのは世界基準なので、韓国と無理に付き合うことはない。ましてや日本にとって何の利益も影響もない国なので、日本は韓国に対してもっと強く出るべきである。国交断絶しても大丈夫な気がしました。

  • あの国に学ぶことなど一つとしてない!
    正に韓国の実態の一部を知る事ができるのが本書である。

    内容は、ソース付で丁寧に解説されているので読みやすい。
    日本人から見て、韓国の異常性がよく分かる内容である。

    ただ、ある程度ウオッチしてる方なら
    聞いたことのある内容も多いので、
    初めて触れる初心者にオススメ。

  • もっと過激な内容かと予想していたが、存外たいしたことがない。本書の内容は、韓国は日本以上の格差社会、かつ自己主張が激烈な人々がいると要約可。この程度なら韓国の実情を少しウオッチしてれば判る。また、程度の差はあれ、日本も同様の傾向を歩んでいるよう。ただし、誣告や偽証事案が多いのは、二重の意味で驚き。事実面のみならず、摘発ができているという意味でだ。なお、著者は政治記者で、詐欺の実態把握やその日韓比較の稚拙さは社会部記者未経験に由来か?。アングラマネーの分析は興味深いが、ソースが表データのみなのが玉にキズ。

  • 「滅公奉私」の「欺瞞大国」、「外華内貧」の「体面絶対文化」。本書には過激な言葉が並ぶが、隣国の現在の混乱(朴槿恵大統領の不正疑惑と弾劾)の根っこが理解できたような気がする。
    気になったのは、重労働やブルーカラーを蔑む風潮があること。職人工不在でもの作り中小企業が育たないこと、外観にばかり気を使って中味に心を配らない品質軽視の企業体質。これでは、韓国の輸出産業も永続きしないのではないか。

  • 韓国を「悪」として語っている本。
    嫌いとかという前に、悪としてとらえるのはすごい!

    内容はソウル特派員として韓国に滞在していた筆者がその地で経験したこと、感じたことを、韓国の新聞記事や統計結果をベースに韓国がいかに「悪」かを語っています。

    正直、自分にとって目からうろこといったような驚愕な新事実はあまりありませんでした。
    今までネットなどで語られていた内容がエビデンスで強化された感じ!

    日経のネット記事でも
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120120/226331/
    として韓国の現状を語っていて、本書を読むことで、納得度が高まるところはあります。
    見栄っ張りとか..
    韓国の執拗な日本への口撃、異様性とか。

    さらには、本書では、格差社会、学歴社会、就職難、退職者増、エンジニアが育たない風土、訴訟、捏造、売春、汚職のオンパレードなどなど、
    たくさん事例とエビデンスが出てきますが、さすがに後半はもうお腹いっぱい。
    やっぱり、悪口ばっかり書いてあるものを読むと後味悪いですね。

    また、エビデンスという意味では、韓国の新聞を引用していますが、そもそも韓国を信用していないのに、その新聞の内容を信用するのはどうよって思います。
    日本にも某新聞社のようにリベラルを称して反日記事を書いている新聞がありますよね。
    なので、言葉半分で理解しておくのがちょうど良いかも..

    とはいえ、いずれにしても、平和ボケしている日本人は本書をきっかけにして、もっと隣人をしっかりと見たほうが良いと思います。

  • 自分用キーワード
    時事月例世論調査のクロス分析 李麟栄(親孝行か?) 両班、奴婢、白丁 『古今笑叢』 揚水水車を作れなかった 大学進学率(日本は満18歳年齢人口、韓国は大学入学者数が分母) 韓国の大学就学率 失業率が低く、就業率は高い オイコス大学 ライタイハン、コピノ 韓国大学生の就職率 セマウル運動 KTX(韓国の高速鉄道) ヒムドゥロヨ ケンチャナヨ 韓国の高齢者自殺率 伝貰(チョンセ) 私債(サチェー、闇金) 韓国の「賭博による問題を経験した割合」 45定 韓国の性産業 コリアン・マッサージ追放運動 ワーキングホリデービザ(売春で金を稼ぐ) 浮遊粒子状物質平均濃度 

  • 両班支配体制の歴史を考えると、今の韓国の姿が理解できよう。若者と老人には、日本とは比較にならないくらい生きづらい国に感じます。201409

  • 2014年11月6日読了。

  • みなとLib

全50件中 1 - 10件を表示

室谷克実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田尚樹
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

悪韓論 (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪韓論 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪韓論 (新潮新書)の作品紹介

こんな国から学ぶべきことなど一つとしてあるはずがない! 韓国メディア自身が図らずも報じていた民族に染み付いた悪弊、悪習の数々。そして外見は華やかでも内部は貧弱な《外華内貧》の国柄とは。隣国の姿を冷徹に捉える。

悪韓論 (新潮新書)のKindle版

ツイートする