心を操る文章術 (新潮新書)

  • 127人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (6)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 清水義範
  • 新潮社 (2014年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105555

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
クリス・ギレボー
いとう せいこう
國分 功一郎
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

心を操る文章術 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 文章術の本だが、作家のテクニックとして楽しく読んだ。
    特に面白かったのが「怒らせる」章。
    共産主義の宣伝のために書かれたプロレタリア文学を「ゲテモノ」と喝破し、
    新聞の社説に「利口ぶるな」と吐き捨てる。
    パスティーシュ作家で知られ、のほほんとしたイメージの清水さんだったが、
    「人を怒らせる文章なんか書こうと思ってはいけないのである」
    という言葉に作家としての矜持を感じた。

  • 文章のテクニックというより「次に読むべき名作」が次々と見つかる本。私にはそう思えました。
    作者ならではのコミカルでユーモアな文体は、文章を書く習慣や予定がないという人が読んでも楽しめます。

  • 前半は著者得意の「笑わせる」ための文章で、かなり「面白い」文章が続いていたのだが、後半は息切れしている感が否めないのが「面白い」。

  • 笑わせる、泣かせる、怖がらせる、怒らせる、そして和ませる、と人の心を動かすための文章技術指南。といっても、技術がすべてではなくなにより書き手の人柄が大きい、と釘を差しつつ、ただ漫然と書くのではなく目的を持って工夫して書くことで文章全体に磨きがかかることをおしえてくれる。
    新聞社説や1面コラム、プロレタリア文学や檄文などを批判的にとらえた「怒らせる」の章はなかなかおもしろく、共感した。

  • 笑わせる、泣かせる、怖がらせる、怒らせる、和ませる。5つの章立てで書くということの心得を説く。なかでも笑わせる文章は著者の真骨頂。褒辞絶賛の声多く最も評価の高い分野である。例示として挙げられている文章もなかなか面白い。思わず声をあげて笑ってしまった。加えて清水氏の心の優しさ、人を思う労りの気持ちというものに強く心が惹かれた。テクニックではなく最も大事なのは人を愛すること。大変素敵なことだ。

  • 笑わせる、泣かせる、怖がらせる、怒らせる、など…。どういう文章が人を笑わせ、あるいは怖がらせるのか、実例をもとに教えてくれる本です。でもいちばん大事なのは書く人自身、という指摘には大きくうなずきました。単なるハウツー本ではないところがよかったです。読者を本当に揺さぶるものは、自分が揺さぶられた経験なのだと思いました。

  • さすが清水義範。商売上手だ(笑)

  • 請求記号:816/Shi
    資料ID:50074303
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 文章で感情をコントロールするテクニックはあるけど、もちろんそれだけでいい文章が書けるというわけではない。
    ただ、著者は本当によく本を読んでいるなとは思う。

  • 文章術の本かと思ったけど、そうでないように感じた、残念。
    清水さんが、自由に、こんな文章あるよーって話してる感じ。

全12件中 1 - 12件を表示

心を操る文章術 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心を操る文章術 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心を操る文章術 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

心を操る文章術 (新潮新書)の作品紹介

今日からあなたも名文家の仲間入り! 読み手の心を揺さぶるために必要な発想とテクニックをつぶさに伝授。メール、ツイッターから小説まで、あらゆる文章に応用可能な「一億総書き手」時代の文章読本!

心を操る文章術 (新潮新書)はこんな本です

心を操る文章術 (新潮新書)のKindle版

ツイートする