とまらない (新潮新書)

  • 174人登録
  • 3.81評価
    • (13)
    • (28)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 三浦知良
  • 新潮社 (2014年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105630

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
又吉 直樹
東野 圭吾
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

とまらない (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • とまらない!
    カズは、本当に、とまらない!

    前へ、前へ。
    読んでいると、力が出てくる(真似をできるかはさておき……)。

    静岡のお父さんのエピソード(130ページ)、微笑ましいなぁ。

  • 2014年15冊目。

    キング・カズ、やはりかっこいい。

    過去でも未来でもなく、「今」を本気で生きる男。
    常に準備を怠らない男。
    向上心の耐えない男。

    この人のビックマウスも自慢も、なぜか心地よい。
    それを言えるだけのことをしているから。

    まだまだ走り続けて欲しい。
    僕もまだまだこれから。

  • 「やめないよ」の続編。キングが紡ぐ言葉は心に刺さる。日々成長。一日一日をやりきること。
    寿人とのエピソードも個人的に嬉しかった。

  • やっぱり、カズは偉大だ。

  • 「サッカー人として」というタイトルで新聞に連載されたコラムをまとめたもの。ワールドカップの代表から外され、帰国した空港から直行して練習に出た。外されたからといって、サッカーを取り上げられたわけじゃない。どんな場所であれ僕には通過点。リーグ最年長ゴールはご褒美。付録。大事な本体は練習と言うカズ。東日本大震災復興支援のチャリティー試合でのゴールも多くの人がどんなに勇気づけられたことだろう。見守っていきたい。

  • 50歳の誕生日を開幕戦に迎える"キング"カズが2011年〜14年春に寄せたコラム集。震災復興慈善試合でのゴールからカズダンスを覚えている人も多いのでは。大規模災害を前にサッカーをする意味を問い、悩みながらもサッカーの力を信じ、前人未踏の道を歩むカズの挑戦し続ける姿勢がコラムの節々から感じられる。

  • キング・カズが日経新聞で隔週掲載しているコラムをもとに構成されている。
    Jリーグ以前からサッカーに興味があった自分としては非常に楽しかった。

    気に入ったセリフ
    ・強者になるいーむが必ずたどる道がある。出来立てのクラブはまずは決勝の舞台に立ちたいと願う。
    そこで敗れ、カップを掲げる優勝者を眺め、お膳立てしかしなかったような寂しさを味わうとき、初めて「2位では駄目なんだ」と気づく。
    積み重ねたおkとに意味のないものはないとしても、勝負の世界は優勝しなけれが意味はない。

    ・成功は約束されていないが、成長は(本人次第で)約束される

    ・どんなに速く走れてもボールの方が速いから

    ・レンタル移籍する選手が「必ず帰ってきます」とあいさつをするが、それは違う。移籍先のチームが「頼むからか残ってくれ」と言われるように頑張れ

  • カズがほとんどフォーメーションに興味がない、ということに興味を持った。

  • 「僕は学び続ける人間でありたい」同感。自分が年を重ねることで完成したと考えるのは危険。「学ぶ」気持ちがあれば、どんなことにも向かっていける気がする。変に自分の年齢を気にしすぎると自分の成長を止める。パフォーマンスに裏打ちされた努力。地道な努力。続ける。やめない。腐らない…私もこうありたい。

  • まさしく、とまらない男、カズ。

    クラブに、自主トレに、チャリティーマッチにフットサル。

    サッカーに熱中して、突き動かされている姿が清々しい。
    自分もそんな人になりたい!

    一日一日を大切に、地道にトレーニングを積み重ねる。

    3.11チャリティーマッチでのワンゴールに感動!

  • 正直なことを言うと昔は好きではなかったカズ。

    でも、今はサッカーが大好きで続けているカズを尊敬しています。

    多くの人から彼の姿は努力をしているように映るのでしょう。

    だけど本人は好きなことを続けているだけ。

    いや、好きなことで成長するためにしているだけなんでしょうね。

    カズだって出来なかったことに挑戦してるんだから自分も何かに挑戦してみよう。

    そう思える一冊でした。

  • キングカズ、ぶれない感じの素敵なベテラン。面白かった。

  • 成功よりも成長する

  • 日経新聞の隔週コラムのまとめ本。シンプルな言葉なんだけどカズの今までのコンテクストを多少なりとも知っていと、共感できたり考えさせられる言葉が多い。刺激になった。

  • メモ

    【きっかけ】
    前作がよかったのでモチベーションアップに

    【概要】
    日経連載コラム総集編の第2弾。
    本人は現役で年を重ねるとともに、欧州で日本人選手が飛躍しWCが近付き、また震災に見舞われた時期。

    【感想】
    独特のカズ節がとまらない。
    分かり切ったことを淡々とやり続けられること、柔軟性と向上心を持ち続けられることがこの人のすごさか。

  • 人間は忘れる。生きていくには忘れることが必要な場面だってあるだろう。
    変化は拒めない。でも、そこにしか発展もない。
    努力は報われると信じること。

  • 松井秀喜の「不動心」にも出てきた、自分でコントロールできることとできないものを分けて考えるという部分が印象的だった。自分で行うことができる準備や、結果が出た後の受け止め方、継続すること、そのあたりを前向きにコントロールしていくことがプロなのだと思った。

  • 考え方に共感した

  • 「やめないよ」の続編。ブレない筆致が心地よい。ここにも、3.11を越えてきた記述があった。日本人全員の問題だなぁ。人は自分の本分を淡々と全うするだけ。ブレることなく、前に。改めてそう思わせられた。誰に押しつけるでもなく、カズは自らの行動でそれを示している。
    さて、3冊目は、ひらがな5文字で、なんと銘打ってくるかな?

  • カズの考え方、姿勢が詰まった1冊。
    色々と気付かされる言葉もあって、また読み返したくなる。

  • キング・カズ。
    日本サッカー界のパイオニア。
    人が歩んだことのない道を行き、切り開いてきた人。
    50歳前になる今もなお、人が通ったことのない道を歩み続けている人。
    若いころから今までずっと気持ちにブレがないんだと思う。
    試合で活躍するためにトレーニングをし、自分を律して体調をコントロールし、それでも試合に出られなければ、どこが悪いんだろうと自らを振り返り、また日々の練習へと戻っていく。
    信念みたいなものは変えちゃいけない部分だけれど、やり方とかはどんどん変えていかないと生き残れない。
    芯がしっかりしていながらも柔軟な発想の切り替えや行動ができるから、今もなお人々を魅了し続けることができるのだろう。
    キングの生き様に人は敬意を払い、慕い、集まってくるんだと思う。
    勇気の出る本でした。何度も読み返しては自分を見つめ直し、キングのように成長し続けていきたい。

  • 変わらない、情熱の男。
    3、4年前に読んだエッセイと、中身は変わらない。生き方が変わらないから。
    「強くなりたい」「うまくなりたい」という飽くなき欲求、それが47歳の今も絶えず、その体を苛め抜いてる。
    僕も、サッカーに迷いそうになったら、またこの人の本を読もうと思う。
    カズさん辞めるまで、僕もサッカー辞めないぞ。ありがとう。

  • なにごとも、全力でやった結果に対して、うまくやれなかったとしても謝る必要はない、ってところになるほど、と思った。

  • カズの変わらぬアツい魂を感じる本。生き方の参考にもなる。そして、何より早くピッチでプレーする姿が見たい。

  • 三浦知良の生き方や考え方がよく分かる。特にモチベーションの維持の仕方には感服。47歳で現役を張るのは並大抵のことではないよな。

全34件中 1 - 25件を表示

とまらない (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とまらない (新潮新書)の作品紹介

次、そしてまたその次の1点へ。そしてまた次の1勝へ。無理だと周りが思うのは、そんな人が今までいなかった、というだけなんだから──。歩みをとめない「キング・カズ」自身による、前人未到の領域での前進の記録。

とまらない (新潮新書)のKindle版

ツイートする