風通しのいい生き方 (新潮新書)

  • 56人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (2014年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105647

風通しのいい生き方 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の興味と共通する部分は読みやすい。
    全く知識のない分野の話もあったが、丁寧な描写と説明だったため、すべて読むことができた。

    共感する部分がいくつかあり、「そう感じるのは自分だけではなかった」「あの気持ちはこのように表現するのか」と思った。

    もう一度読みたい。

  • なんとも読んでいて共感が持てる。非常に言葉が読みやすい。「うん、そうだ、そうだ」と言いたい。
    年齢を重ねた方の物事の見方は、やはり多角的である。

  • レビュー省略

  • 曽野さんの考え方は好きで、よく著者の本を手に取るが、本書は日記、雑記的な要素が強い。このため、否定するつもりはないが、著者の体験に興味を持てないと、メッセージが頭に入って来にくい。

    個人的に、本書に書かれた著者の体験に類する体験、経験がとぼしく、内容があまり頭に入らなかった。

  • 資料ID:98140391
    請求記号:081||S||564
    配置場所:普通図書

    人間関係は距離感が大事!
    世間の風が無責任に吹き風通しがよくないと人間関係はうっとおしくなる!
    人、モノに対して一定の距離感を持ち自分らしく生きていくことこそが潔い生き方!

  • 良書。
    我を通さず、物事に固執せず、諦めとともに、淡々と大して辛くない事だけする。
    今の日本でこの方程好き勝手に、説得力のある、品のある発言が出来る人は居ないのではないか。
    文章は、いささか読みにくい。最近の本は、読みやすいが、これはそうではない。でも品がある。

全6件中 1 - 6件を表示

曽野綾子の作品

風通しのいい生き方 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風通しのいい生き方 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風通しのいい生き方 (新潮新書)の作品紹介

家も人間関係も、風通しが大事。人間関係は、世間の風が無責任に吹き抜け、お互いの存在悪を薄めるくらいがちょうどいい……成熟した大人として、自分と他者、ままならない現実と向き合うための16話。

風通しのいい生き方 (新潮新書)はこんな本です

ツイートする