余計な一言 (新潮新書)

  • 360人登録
  • 3.57評価
    • (11)
    • (38)
    • (30)
    • (8)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 新潮社 (2014年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105777

余計な一言 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すぐに読み切れる本だが、だからこそ本を読む習慣がない人にも読んでもらいたい本。
    深みのある人間になるためには、「余計な一言」を会話から削ぎ落とす必要がある。
    僻みからネガティブな一言を挟んでしまうことがよくあるので、意識して直そうと思った……。
    何度でも読み返したい本に久々に出会えた。

  • 「で」より「が」、がんばる禁止は実行していることなのもあり、深くうなずける項目が多く、すっと読了。

  • 最初っから、耳が痛い…(T_T)
    でも、だって、と言うな。あと、あと、とくどくど話すな。簡潔に、要点を話せ。全然できてないことを痛感。
    良い内容だと思うが、文字が大きくて行間も広い。情報量は少なすぎ。

  • あと、って多用してる!色々気づかされた。少し間をおき、改善できたか、確認する意味で再読します。

  • 人間関係はほんのちょっとしたことで壊れてしまうことがあります。その原因となる「余計な一言」が,なぜ生まれてしまうのか?,改善するにはどうすればよいのか,実践できる予防策を説明しています。よりよい人間関係を築くための一助になればと思い推薦します。

    *推薦者(農教)T.S
    *所蔵情報
    http://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16049225?caller=xc-search

  • 20160326

  • 曖昧なものいいや辛口コメント。実例と解説。フォローもかいてある。
    C0281

  • 私もかつては言いたがりな人間でしたが、いつの頃からか、基本的に嘘は言わないが本当のことも言わない、に方針転換しました。
    他人の悪口を言ったり、悪意をぶつけて敵対する気なんて全くない。だけど、嫌なものは嫌で、嫌いな人は嫌い。口に出して言わなくてもいい、腹の底で何をどう考えるかは本人の自由。だったらノーコメントというのもありだろうと。
    本当のことも言わないというのは誠実ではないんじゃないかと最初は思いましたが、本音が本当に必要とされる場面はそんなに多くないというのはこの本に書かれている通りだし、相手を不快にさせるつもりはなかったのに、そのひと言は失敗だった、という事態に陥ることもなくなりました。余計なことを言わずにいることで、無駄に敵を作らなくなったことのメリットも大きいですね。発言するのは本当に何かを言わなければならない状況になった時だけにしても、そんなに困ることはないんです。そして多分今も、口数が少ないからといってないがしろにされるようなことはありませんし、そもそも口数の少ない人間だとは思われていないようです。
    他人を不快にさせずにこちらの意見や気持ちを伝える方法を試行錯誤して身につけることで、生きていく上で重要なスキルを身につけたのだと今では思っています。
    この本の内容は私の経験や見解と合うことがかなり多く、私にとっては既知の内容と言えますが、こういうことを例を出してわかりやすく書いてある本にお目にかかったことはないと思います。
    さて蛇足ながら、村上春樹の小説は「フェアプレイの精神」で書かれているんだと。そんな風に思ったことは一度もありません。そもそもそんな切り口があるとは知りませんでした。何作か読んで懲りているはずなのに、また読んでみようかと思ってしまいました。あとがきに書かれている本も読んでみようかなっと。(某読書術の本で薦められている本よりはよっぽど読む気になりますね。←これこそ余計なひと言ですか。)

  • 「あるある」の連発。
    「余計な」一言でどれだけ損してきたか。よく考えて発言したい。

  • なるほどな、と思うこと多々。「逆に」はよく使っちゃう。オリジナリティのなさが露呈してるそうです。もう使わないようにします!いろいろ気づかされました。

全41件中 1 - 10件を表示

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

余計な一言 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

余計な一言 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

余計な一言 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

余計な一言 (新潮新書)の作品紹介

なぜあの人にムカつくのか? 元凶は、その一言! 「だって」「でも」の連発、「行けたら行く」という曖昧な返事、下手な毒舌、「ごめんごめん」のリピート病、バカ丁寧な敬語乱用……職場、家庭、人間関係に潜む28の「地雷」を徹底解剖。

余計な一言 (新潮新書)のKindle版

ツイートする