領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 新潮社 (2014年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105807

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 日本が尖閣を奪われたことで、地政学的リスクは危険度を一気に高めた。
    園田外相の時代に、中国と日本は尖閣を棚上げすることで決めていた。
    韓国人は、東南アジアなどの人と違って、雨理kあや日本に対しては反骨真を発揮して立ち向かうが、中国が相手だと従属してしまう。

    世界各国のパワーゲームの中にあっては、地政学的は発送は今も昔も変わらない。

  • 「棚上げ論に合意した」という野中,「尖閣は日本が盗んだ」と発言した鳩山。なぜこのような国賊ともいえる政治家が存在するのか。反日報道を繰り返す朝日新聞,毎日新聞,東京新聞。なぜ自分の国を貶めるようなジャーナリズムがはびこるのか。

全2件中 1 - 2件を表示

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)を本棚に登録しているひと

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)の作品紹介

日本人が知らない危険な真実! 「尖閣問題は、先人の知恵にならい棚上げするのが平和への道だ」と説く総理経験者、大物政治家、元外交官。一見、もっともらしい言説には驚きの詐術が隠されていた。

領土喪失の悪夢: 尖閣・沖縄を売り渡すのは誰か (新潮新書)のKindle版

ツイートする