なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

  • 378人登録
  • 3.80評価
    • (20)
    • (55)
    • (31)
    • (4)
    • (1)
  • 61レビュー
著者 : 春日太一
  • 新潮社 (2014年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105869

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いまも細々と作られ続けられてはいますが、凋落した「時代劇」の現状に至った理由を辛過ぎる眼差しで次から次へと指摘するとともに、逆にそこから著者の「時代劇」に対する深い愛情が感じられる一冊です。
    自分もこどもの頃から時代劇は大好きでして、よく観ていた記憶があるのは大川橋蔵の『銭形平次』、東野英治郎の『水戸黄門』、中村梅之助の『遠山の金さん』『伝七捕物帳』、里見浩太朗の『大江戸捜査網』、杉良太郎の『遠山の金さん』『新五捕物帳』、高橋英樹の『桃太郎侍』などで、そのほか観ていた憶えがあるのは中村敦夫の『木枯らし紋次郎』や勝新太郎の『座頭市』、萬屋錦之介の『子連れ狼』『鬼平犯科帳』などがあります。また、NHK大河ドラマも記憶がある加藤剛の『風と雲と虹と』以来、毎年ずっと見続けていまして、こうやってみると自分もかなりの「時代劇」ファンであることを再認識しました。(笑)
    振り返ってみると、錚々たる俳優による時代劇ドラマを、昔は数多く放送していたのだなあとしみじみ思うところでありますが、著者の言う通り、いまでは演技もおぼつかない、自分の知らない若手俳優陣ばかりが主役を張っていて、明るい画面でアットホームな雰囲気のドラマをたまに見せられても、ちっとも面白さに浸ることができないです。
    著者は「時代劇」とは時代設定を過去にすることでファンタジーな世界として魅せることができる現在進行形のエンターテインメントであるとしていますが、自分も全く同意するところで、かつての多作や脚本のマンネリ化により、時代劇=ワンパターンなドラマと捉えられてしまったのは、製作の怠慢であり誠に残念なところであります。
    本書では時代劇の構造、役者、監督、製作などといった様々な切り口にて、「時代劇」の問題点を小気味よいほどに明らかにしていますが、これは日本のテレビドラマそのものの問題点であるといってもよく、ドラマ制作に携わる人々の大いなる欠陥を示したものであるともいえます。「時代劇」に限らず、このような質の劣化がところどころでみられるのも構造的であるがゆえに、今後もテレビ界では繰り返されていくのでしょうね。
    個人的には『水戸黄門』を成立させていた構造とか、京都撮影所の話とか、NHK大河ドラマの路線変更の話や、使えない俳優の名指しなどがとても興味深く面白かったですが、特にNHK大河ドラマについては、昨今のファミリー路線はまあほどほどなら許せるとしても、刹那的な楽しみのみ追求するアホな評論家の口車に乗ったのか、演出の大仰化、脚本のご都合化や不自然な物語展開、主役不在の若手大量投入など、ドラマそのものの質の低下を苦々しく感じていまして、1話完結のもはや「大河」なドラマとはいえない状況に暗澹たる気分となっています(特に『天地人』『江』あたりは酷過ぎて噴飯ものだった)・・・。いや、昔の大河も脚本のご都合化や不自然さはあるにはありましたが(山岡荘八原作の場合は特に目立った)、これは主演俳優の演技力というか魅力というか器量でカバーされていたものと思いますが、いまはそのようなこともないですね。(泣)
    気が付いてみると、いまもCSで時代劇専門チェンネルを観ていることが多く、著者の示す通りやはり昔の時代劇は面白さが満載されていたと思います。多様化の時代に「復活」ということまでは無理としても、せめて質の高いドラマの提供だけでも何とかならないものだろうか・・・。

  • 本来なら、こういう言論はあまり好きではない。
    時代や人材に恵まれていた黄金時代、そのレベルを求めるあまり、(結果はどうあれ)今頑張っている人達を無能と切り捨て、少なからず存在する「今のファン」を観る目が無いとなじっているよう思うからだ。
    しかし作者自身もその点は覚悟の上で本著を描いているわけで、時代劇の置かれている状況は本当そこまで危機的なんだろうなぁと言う気がしてくる。
    作者自身も、多くの俳優や裏方の人々に直接聞いた言葉の上に本論を挙げているのであり、単なる「いちファンの思想」と切り捨てるのも難しいだろう(少々意見は裏方より…技術を残す的な…な気はする)。
    個人的な意見としては、「時代劇」というジャンルは残ると思う。数々の創作を見ていると、やはり「時代劇」的な舞台や設定を用いた物語はいまだ老若男女惹きつけている。ただそこには"京都で培われたノウハウ"は残ってはいないかもしれないけど。(それが良いか悪いか、それを判断できるほどの思い入れは正直言えば無い)

    また、本著は「一つのジャンル、組織が先細っていく過程」を描いた本としても興味深い。どんなに苦しくても、未来への投資を怠ればこのようになっていくのだろう。

  • なんで時代劇がつまらなくなったのか、はやらなくなったのかと感じている人は多いはずで、それがああ〜、やっぱりか〜!と一章読み進めるごとに、納得&悲しみが襲ってくるという、非常に辛い一冊でした。

    82年生まれの私は時代劇オタクではないものの、時代劇は普通に観ていて普通に好きだった類いの人間です。座頭一でかつしんってすっげえかっこいいんだあああ!と思ったり、必殺仕事人の前口上にたまらねえと思ったり、名前も覚えていない(たぶん八丁堀とかだと思われ)結構な量の時代劇をミーハーに楽しんできました。

    で、女子高生時代だの女子大生時代だのにも、周りの女子にはけっこう時代劇スキーが居て(私よりはるかに詳しかったり)、時代劇って普通にいいよねってモンだと思ってたんですけど。

    どうにも元気がないじゃないですか。何でだろうって悲しんで、それにしたって役者がひでえよなんでそれで飯喰ってんのに始めて時代劇入るなら所作とか歴史的背景とか学ばねえの?イミフ!とか、きっとカネとか局とか人とかいろいろあるんだろうなあとか適当な予想を立てては嘆息したりしてるわけです、こんな素人でも。

    それがきっちり証明されてしまって、ああ辛いなって。そういう一冊でした。

    あと、なんて言うかミーハーファン的には、ファン層のめんどくささはやっぱ…。時代劇ならこれ観なきゃ嘘でしょ的な。自分の好き嫌いのフリをして「やっぱ」とか言う人は本当にそのジャンル・業界・世界において垣根を高くし駄目にしてると思う。迷惑なマニアックさいらないんですよ、ミーハーなくらいでいいんですよ、コレおもろいよーってそんなんでいいんですよ…たのしむものなんだから。自己肯定の道具にされるとほんとしらけるんですよ。

    言うても、時代劇モノに挑戦したいなあと思ってもできないくらいの不勉強は自戒しかないです。時代劇はファンタジーですよね。時代劇好き女子は軒並みロードオブザリングとかのファンタジー愛好家でもありました。

    そして、今我が家にはおかーさまの(漫画経由での)鬼平&剣客商売ブーム到来により、延々と池波正太郎アワーが録画されては上映されています。それでいいんじゃないと思ってしまうと滅びるのかしら。。。時代劇チャンネルは昔から重宝しております。はい。

    時代劇観たくなります。テレビでいっぱい流れてたころには自分で好き嫌いで観ることができていたけど、そうじゃなくなるととんと離れてしまっていたので、新たな好き時代劇を発掘したくなります。ので著者次回作の時代劇100作だっけか、これも楽しみに買います。

    なんとかならねえかなあ、時代劇。

  • 過激だと言われているのかもしれないが、時代劇ファンなら大抵の人が以前から思っていたことを書いてくれたまでの内容だと思う。全面的に同意。時代劇ファンの気持ちに、時代劇を作る側の人が気づくことはあるんだろうか。

  • かつて、時代劇は娯楽劇の王道であった。
    しかし、映画で衰退し、そしてテレビでもレギュラー枠から消えてしまったのが、偽らざる現在。
    その現状を憂い、そして原因を、様々な視点から著者は徹底的に追究する。時に厳しく、時には弾劾も。
    正鵠を射るその指摘は、とりもなおさず著者が時代劇をこよなく愛するが所以。
    そして、「おわりで」で著者はこう記す。
    「恐らく、時代劇はこのままではそう時間がかからないうちに『死ぬ』だろう。人を育てることを放棄し、若者が希望を持てない業界に未来はないからだ。」
    この文言の「時代劇」あるいは「業界」という言葉の裏に、日本あるいは社会という言葉を、連想してしまった。

  •  日経夕刊のレビューで文芸評論家の縄田一男さんが五つ星を付けて絶賛していた。「この書評コーナーの最高点は星5つだが、この一巻に限り、私は10でも20でも差しあげたい。……(中略)本書を読んでいる間、私の心は泣き濡(ぬ)れていた。いや、時に号泣していた。春日よ、死ぬ時は一緒だぞ――。」。著者のあとがきに縄田さんの批評が引用されているのを読んで、このレビューの真意が分かった。著者が2011年に出した「時代劇の作り方」の縄田さんの批評に対する返歌がこの本であり、それに対して縄田さんが再び、日経のレビューで答えたということになる。

     映画・テレビで盛んだった時代劇はなぜ衰退したのか。著者はかつて視聴率30%以上を誇った「水戸黄門」終了の理由から説き起こして、さまざまな要因を挙げていく。製作費がかかる割に時代劇は視聴率が取れなくなった。その理由は内容のマンネリ化だ。テレビのレギュラー番組は徐々になくなり、次第に時代劇が分かる役者も監督も脚本家もプロデューサーもいなくなった。レギュラーがないから時代劇のスタッフは時代劇だけでは食べていけない。人材を育てる場もなくなる。こうした負のスパイラルが進み、今や時代劇は風前の灯火なのだそうだ。

     今年2014年は映画「るろうに剣心」2部作や「柘榴坂の仇討」「蜩ノ記」という良質な時代劇が公開されたのでそんなに衰退している感じは受けないのだけれど、時代劇を巡る状況は相当に深刻らしい。時代劇の分からないプロデューサーが作ったNHK大河ドラマ「江」や時代劇の演技を拒否した岸谷五朗主演の仕事人シリーズを著者は強く批判する。時代劇を愛する著者の危機感は大きいのだ。

     ただ、時代劇衰退の理由と現状はよく分かるが、ではどうすればいいのか、という提言がこの本にはない。テレビでレギュラー枠を復活させるのがいいのだろうが、視聴率が取れない以上、いきなりは難しいだろう。単発で質の高い面白い時代劇を作り、視聴率の実績を挙げ、レギュラー化を勝ち取っていくしかないと思う。これは相当に困難な道だ。

  • ここ1年ほど昭和40年代頃までの日本映画を集中的に観ていて、当時の時代劇の面白さにびっくりしていたが、なぜそれが衰退してしまったのかはよく分からず、本書を読んで腑に落ちた。時代劇が衰退した原因はいくつも挙げられているが、これはアニメやマンガ・音楽・TVなどの他のメディアにも共通するリスクだと思う。興味深いのはマーケティングの細分化・効率化であり、たとえば1996年から視聴率調査の細分化が行われて年齢別の視聴率が明らかになり、それによって時代劇のターゲティングが大きく変わっていったなど、これはアニメや音楽にも通じるのではなかろうか。また、TV産業が肥大化するにつれて効率化から過度のリスクヘッジを行うようになり、企画がどんどん無難になっていき、結果的にコンテンツが貧しくなるという流れも興味深い。コンテンツを持続可能な形で生み出すエコシステムというものを考えてゆかねばならず、たとえばディズニーなどは(成功しているかはともかくとして)そのような視野を持って世界戦略を行っているが、日本のTV・映画産業ではそこまでグランドデザインを持つことができなかった。これは戦略的な無知による必然的な結果であり、時代劇が衰退する布石はいずれも十数年以上前に蒔かれていて、昨今になって生じたものではない。人材が豊富である時期に、その豊饒さに甘えて、焼き畑的なコンテンツ制作方法に陥ってしまうリスクを乗り越えることはできないのだろうか。

  • 時代劇がなぜ終わったのか。

    とにかく演者、スタッフともに人材不足。
    これにつきると思いました。
    ただ現代劇やバラエティも同じことなんですけどね。
    著者の岸谷"SET"五朗の評価はまことにその通りですが、火野"チャリ"正平の評価はちと高すぎませんか?

    TV時代劇はもうNHK以外は新作はムリでしょ、なんて思ってたら水戸黄門復活のニュースが⁉︎
    しかもまさかの金八っつぁんですって。
    TBSも無茶しますね〜。
    金八っつぁんには昔世話になったからですかね?
    きっと印籠出してから長いですよ、説教入りますからね

  • はじめに
    【時代劇の凋落】
    映画ブームの終焉 / 不振の始まり / 長期低迷の時代劇映画 / 主戦場はテレビへ / 一九八〇、九〇年代の攻防戦 / レギュラー枠消滅の過程 / 時代劇はテレビの「お荷物」になった / 視聴率調査法の変化 / フジのレギュラー枠消滅 / 映像京都の解散 / 『水戸黄門』の終了 / ナショナル劇場の特異性 / 『水戸黄門』はなぜ終わったのか
    【時代劇は「つまらない」?】
    「時代劇=高齢者向け」という固定観念 / 時代劇は現在進行形のエンターテイメント / 「新しい」からこその時代劇 / 戦後時代劇の発展 / 一九七〇年代の転換点 / 物語のパターン化 / 『水戸黄門』の戦略 / そして高齢者だけが残った / 京都の惨状 / 撮影所の下請け化 / 停滞する技術 / 伝統という甘え / 時代考証の問題 / 窮屈になった時代劇表現 / 「時代考証の通り」は「正解」ではない / 「イイ加減」は「ファンタジー」ではない
    【役者がいない!】
    次世代の時代劇役者がいない / 時代劇は役者が第一 / 役者事情の変化 / 芝居が下手な人気者たち / 基礎のない俳優たち / 時代劇への意識が低い俳優たち / 酷すぎた「岸谷梅安」 / 名脇役の不在 / 「なんちゃって名優」の傲慢
    【監督もいなくなった……】
    名優を育てるのは名監督 / 育成システムの崩壊 / 教養なき監督たち / テレビは没個性が求められる / 余裕のないテレビ出身者たち / 役者を育てられない監督たち / 歌舞伎役者の「癖」が抜けない / ポスト・フィルム時代の弊害
    【そして誰もいなくなった】
    余裕のないプロデューサーたち / 「火野正平がいない」 / 地味すぎる《助さん》 / 東映時代劇末期のミスキャスト / プロデューサーたちの無理解 / 饒舌な脚本たち / 悪の不在
    【大がドラマよ、お前もか!】
    失墜した「国民的番組枠」 / 『利家とまつ』の「革命」 / ほのぼのとした戦国時代 / リアリズムの喪失 / たくまし過ぎる女たち / 二人の篤姫 / 歴史的有名人との無理な邂逅 / 手を汚さない主人公 / 綺麗ごとのオンパレード / 大河の朝ドラ化 / 人気目当てのオジリナルキャラクター / 焦点なきドラマ
    おわりに

  • 帯文:”作家(『村上海賊の娘』など)和田竜氏も驚愕!この毒舌!やり玉に挙げられた人たちが気の毒になるほどである。” ”圧倒的な熱量で放つ、時代劇への鎮魂歌”

    目次:はじめに、第一章 時代劇の凋落、第二章 時代劇は「つまらない」?、第三章 役者がいない!、第四章 監督もいなくなった……、第五章 そして誰もいなくなった、第六章 大河ドラマよ、お前もか!、おわりに

全61件中 1 - 10件を表示

春日太一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
冲方 丁
恩田 陸
ピエール ルメー...
朝井 リョウ
塩田 武士
アンディ・ウィア...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)の作品紹介

本書は、時代劇への“檄文”である――。なぜ時代劇は、つまらなくなってしまったのか? 華も技量もない役者、マンネリの演出、朝ドラ化する大河……凋落を招いた“真犯人”は誰だ! 撮影所取材の集大成として、悲壮な決意で綴る時代劇への鎮魂歌。

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)はこんな本です

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)のKindle版

ツイートする