ぼくは眠れない (新潮新書)

  • 178人登録
  • 3.07評価
    • (3)
    • (10)
    • (36)
    • (8)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (2014年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105937

ぼくは眠れない (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ読みながら、寝落ちしてしまい、あり得ないくらい爆睡してしまった。

    土曜日の早朝、素晴らしく気持ちの良い目覚めで、窓の外からは鈴虫の音が聞こえてきて、とてもリラックスしてる。

    いつも、朝一番にロイターの記事を読むんだけど、今朝は、ロンドンの地下鉄で爆弾テロがあったって報道されてて、びっくりした。
    北朝鮮はミサイル射ちまくるし、山口組は3つに分裂して抗争で死者も出てるし。

    なんだか頭が痛いことが多いんだけど。

    でも、個人的には、たいへんありがたいことに、最近、ものすごくよく眠れる。
    というか、ほとんど赤ちゃんと同じくらい長時間、眠ってる。どうしたんだろう?オレ。

    この本、読んでたら、本の途中に、オレの知ってる人の話が出てきたので、ビックリした。

    そういえば、彼は、椎名誠と付き合いがある、という話は以前から聞いてた。

    オレが彼の自宅を訪問したのは、もう10年以上も前のことだから、彼はまだ健在なのかな?って思って調べたら、とても元気そうだったので、また、驚いた。

    というのも、彼は、もともと優秀な編集者だったんだけど、睡眠障害の治療中に転倒して大怪我を負ってしまい、寝たきりになっていたからだ。

    その彼が比較的最近書いたものを読んでたら、『ぼくは眠れない』のレヴューが綴られてて、椎名誠は、ケンカも強いし、仕事もバリバリやって、毎晩、新宿で酒飲みまくり、友達も多くて、世界中を探検し、CMにも出たり、映画を撮ったり「豪傑」のイメージだけど、実は非常に繊細な神経の持ち主で、一面では、弱い人であり、奥さんも鬱病になったりしていた、という話が書いてあったので、また、少し、驚いた。

    睡眠障害っていうのは、重大な病気なんだよね。
    作家は、睡眠障害に陥りやすいんだと思う。時間が不規則だし。
    海外に行く機会も多くて、時差ボケの連続だろうし。
    危険な国々を旅してると寝てる間にヒドイめに会うこともあるから「安心してぐっすり眠る」ことにリスクを感じていて、脳のどこかで、常に覚醒してないとヤバい、みたいな危機感もあるんじゃないかな。

    それに、椎名の場合は、お酒の飲みすぎだよね。
    彼の睡眠障害の一因は、長期にわたる多量の飲酒にある。

  • 何冊か読んだことのある本が取り上げられてた。
    不眠症。治るのだろうか。

  • いかにも豪放磊落といったイメージが強い椎名誠氏が、何十年も薬を常用しているほどの不眠症だとは、まずそこに驚く。
    と同時に、いくら図太い神経の持ち主に見えても、作家というのは繊細な部分を持ち合わせていないと務まらないものなんだなあ、ということは腑に落ちるし、またストレスフルな現代社会に生きている限り、きっかけやタイミング次第でこういった事象は誰にでも起こりうることなのだ、と思い新たにする。
    そんな椎名氏も、アウトドア生活のキャンプ等では不眠に悩まされることはない、という事実は、近年流行りの理屈やそれらを著した書籍群を補強しているようで、大変興味深い。

    エッセイ然とした中身はいささか筋としてはとっ散らかり気味ではあるが、読み易いのであっという間に読了。

  • 椎名誠さんが不眠?
    イメージが結びつかず意外な感じがしたので、本屋で見かけて読んでみました。
    昔は熱心な愛読者だったんだけど、ここ20年ぐらいは読んでなかったので、とにかく懐かしかった。

    内容は新書だから、真面目なエッセイという感じ。35年の不眠歴を持つ作者が不眠症についてたくさんの本を読んだ知識や自分の経験などについて教えてくれます。
    ライオンとか馬とかの睡眠時間の比較は面白かった。

    椎名さんが70歳とかビックリです。
    当たり前だけど年を重ねられたんですね。
    そのぶん昔のようなパワーは文体に感じられなかったけど、しょうがないですかね。

    久々に昔の名作、国分寺書店のオババとか哀愁の街にとか読んでみたくなりました。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498.36||S
    資料ID:95150176

  •  椎名誠ちゃんと読むの何年ぶりだろう。少なくとも15年はたっている気がする。

    「ずっとちゃんと眠れなくて困っていたが、その辺の事情を頑張って調査してみたら解決の糸口が見つかったかもしれない……みたいな?」という本。

     昔に比べるとあちこちのテキストからの引用が多くなったなぁ、という印象。話題が話題だけに情報の正確性を採ったのかもしれないけれど、そうするとそもそもの椎名誠のエッセイの「力でねじ伏せる」的な面白さが損なわれちゃう……と、そういう作家の気合を面白がるような読者が少なくなったのかもなぁ、という方面で少し思い当たった。

  • 椎名誠が実は不眠症だったという衝撃の内容を含んでいるのにイマイチ。
    エッセイ的な部分は面白いのに、睡眠についての一般論になるとヒドイ。
    レポートの宿題か。

  • 2016年5月2日読了

  • 2014年12月10日購入。
    2014年12月21日読了。

  • 椎名さんの本が好きな事と自分が不眠症な事で読みました。
    不眠症は、結局自分と折り合いを付けていくしかないんだなぁと。
    椎名さんの本を読むと旅に出かけたくなります。
    椎名さん、もう、70歳なんですね!

全31件中 1 - 10件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
又吉 直樹
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくは眠れない (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくは眠れない (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくは眠れない (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは眠れない (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくは眠れない (新潮新書)はこんな本です

ツイートする