沖縄の不都合な真実 (新潮新書)

  • 234人登録
  • 4.00評価
    • (27)
    • (47)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 30レビュー
  • 新潮社 (2015年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106019

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:



  • 沖縄批判ではない。
    既得権益を貪る「公」の体制の問題提起な一冊。

    癒しの島、自然の楽園。そうした側面があるのも事実だが、この一冊を読むとそれらは瓦解するかもしれない。いや、それこそ沖縄幻想。本編でも書かれているが。

    もはや、地場産業は公共事業と呼べる。
    自主財源25%の沖縄と財政赤字千兆円の日本と、ズブズブの関係にアメリカが宜しくどうぞ。
    基地返還が叫ばれるが実際、まったく使われていない基地に数千億円の税金が注入されている。振興資金でジャブジャブ。基地を置いてもらわないと、地主含め、特権階級の懐が温まらない。
    沖縄における公務員がヒエラルヒーの頂点に立つ歴史的背景は琉球王国時代に遡るという。二人の農民で一人の士族を養うという恐ろしい隷属文化がいまだに脈々と続いていると。

    本書は決して、沖縄を批判しているわけではない。対岸の火事ではなく、目を向ける良いきっかけになるように思う。

    日本であり日本に非ず。
    ウチナンチュがナイチャーと使うのも、少しばかり分かる気がする。

  • とくに大久保さんの章がよかった。
    沖縄だけの話じゃなくて、寄付ビジネスとか、税制とかで多くの人から搾取するこの世の仕組みが見える。
    対立構図をつくり、支配階層は利権を守るため膠着状態を作り続ける。被害を被るのは支配階層以外の沖縄県民と、日本国民で税負担を負担と感じる大部分の奴隷の身分の人達。
    繰り返すけど、沖縄の話だけではない。
    ぜひ、読むべき。

  • 基地をめぐる沖縄のリアクションにどこか病んだ雰囲気を感じてはいましたが、本書を読んで完全に病んでいるとわかりました。

    基地をめぐる沖縄の反応の裏には吐き気がするような利権構造が横たわっている、それはわかりました。しかし一番驚かされるのは(対米課題や基地問題といった外政ではなく)沖縄の内政状況です。これまで数兆円規模の振興予算が注ぎ込まれたにもかかわらず沖縄内政は圧倒的な格差を生んでおり、(ジニ係数をはじめとした)さまざまな指数にそれがあらわています。基地問題によってある意味それがマスクされている。

    色々と参考になった1冊でした。

  • 米軍基地があることで沖縄経済がなりたってる
    ところもあるのかな。

    沖縄振興予算
    土建利権
    軍用地借地料

    中国の工作、影響をもっと知りたかったですが。

  • 沖縄の基地反対運動について、実際は、運動に参加している層は公務員の労働組合の人間が多数を占めていること、沖縄の官民の給与格差が大きいのにも関わらず、国からの振興金が公共事業に使われ、本当に必要とされていることに届いていないこと、などを主張し、沖縄の構造的差別とそれをもたらしている層を批判する本。
    安全保障云々の問題から沖縄の基地問題を考えることが多かったが、本書のように沖縄経済や社会構造に焦点を当てている本に出会うことはなかった。その意味では貴重な本だと思う。沖縄の基地をめぐる問題は沖縄の社会構造や歴史、伝統に関わる難しい問題であることを痛感した。

  • 同僚のNくんから「読んでみる?」と半ば押し付けられた本ですが、沖縄に関するものの見方を少し違う角度から俯瞰して書いているようで、こういう考え方、見方もある、という感じの書き出しです。

    いつものごとく、まだ読みかけて半分も進んでいませんか、読み切ったらまた書き足そうと思います。

    一通り読みきりました。そして、これは不都合な真実でもなんでもない、ただの真実のある側面を描き表しているにすぎないと思いました。沖縄にある格差の固定化、拡大化は沖縄に目立ってみえたものかもしれないけれど、沖縄だけではなくどこの土地にも微妙に形を変えながら存在するのでは?と考えてしまいました。

    深刻さの程度の違いなのかもしれない、そしてその程度が著しく大きいのかもしれないとは思う。だけど構造的な格差というのは日本の国の津々浦々まで行き渡っているんじゃないだろうか?と思います。沖縄にある格差の根源をことさら詳細に捉え、表現するならこの本の内容のようになるであろうし、それを不都合な真実、というと全国のいたるところに不都合な真実があることになるんだろうな。福岐阜県の不都合な真実、愛知県の不都合な真実、三重県の不都合な真実…

    無意味だとか偏っているとか言いたいのではありません。こういう表現をすれば不都合な真実というのはどこにでもあるであろうし、一般にあまりえぐって見せない視点というのを一貫してあぶり出しているこの作品も知っておく必要があると思うのです。都合がいいことばかりじゃないし、いい人ばかりでもない、いろいろな人がいて、いろいろな価値観があって、物を裏の裏まで知っている人もいれば表層的にしか素人しない人もいる、ということに気づくことがまずは大事なんじゃないかと思うのです。

    沖縄を題材にして、多くは語られない側面から沖縄を語っている作品として、沖縄について考える(語る)前に読んでおくといいかもしれません。

  • たまに報道される沖縄問題。この本を読んでから見方が180度変わった。

  • レビュー省略

  • 複雑に絡み合った利害関係だったり、普段触れる機会のない情報に触れたり出来ました!
    全てが動き出す一番の事態は、基地が減ること。これからもずっと色んな話を収集していきたいです。

  • 読了。

全30件中 1 - 10件を表示

大久保潤の作品

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)の作品紹介

これが「カネと利権」の構造だ。政府と県の茶番劇、公務員が君臨する階級社会、異論を封じる言論空間……沖縄問題の語られざる現実を炙り出す。

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)のKindle版

ツイートする