寂しさの力 (新潮新書)

  • 200人登録
  • 3.15評価
    • (4)
    • (12)
    • (13)
    • (6)
    • (4)
  • 22レビュー
著者 : 中森明夫
  • 新潮社 (2015年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106118

寂しさの力 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父に始まり、母で終わる。

  • 芸能ライターの著者が、文字通り「寂しさが生み出す力」について語った一冊。

    芸能人などは寂しいが故に発する光があり、孤独が故に妥協せずに努力するなど、まさにその通りだと思う反面、そういう人はたとえ成功しても安住の地を見出すことができず、たとえ社会的成功を手にしても気の毒だと思った。

  • 平易な分析、文章。流行りのAC系を著者、芸能人を例にとって書いた本。「寂しい」感情の暴力性。確かに、受け入れることで薄まる気がする…自分の祖母も寂しい、寂しいと言って亡くなったが、側からは何もできなくて、つくづく「寂しさ」の扱いには困り果てる。
    自分も寂しくてたまらないから、寂しくて結婚したけど結局より寂しくて離婚した話、気になる。愛してない相手との結婚はそりゃ寂しいだろうけど、愛しててもそうなのかな。

  • 寂しさがどんな力を与えるかではなく、寂しさを抱えた偉人たちの功績が書かれている。
    毀誉褒貶という言葉を知った。

  • 悲しいとはちがう「寂しさ」という感情は、自分に置きかえてみてもよくわかる感情だ。人は寂しさを抱えて生きている。たぶんだれもがそれぞれの寂しさを抱えて生きている。その寂しいという感情をどうにかしようとして、もがきながら生きている。そう考えると、少し勇気がでた。少し楽になった。寂しさは消えないけれど。

  • 人間の最も強い力は「さみしさ」だ
    世界を変える偉人たちは、みんなさみしかった
    スティーブジョブズ、ヒトラー、坂本龍馬、、

    アイドル評論家の著者は自己を振り返る
    受け止められない父の死
    悲しみが寂しさに変わるまでの長い年月
    やっと死を理解した
    歩き出せた


    さみしい人ほど、より生きている
    「さみしさ」は精神的な飢えだ
    どんなに成功しても満足しない

    芸能界でなぜ貧しい者が成功するのか?
    言うまでもない

  • 2015.7.31読了。着想は良いのかもしれないが、掘り下げが浅いために単なる印象論にとどまっている。個々のエピソードも、それ自体は面白いが、論の補強になっていない。何より分量が少なすぎる。総じて説得力に乏しい。
    結局、「寂しさ」だけにすべての理由を求めることに無理があるように思う。

    それにしても、この状態で出版することを編集者が許してはダメ。

  • いつもの癖でまえがきを読んだ後に最終章を読んで…
    号泣。
    さらっと読み終わる。

  • 914.6?

  • 何と言ったらいいか…。これって本にするような内容かしら?

全22件中 1 - 10件を表示

中森明夫の作品

寂しさの力 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

寂しさの力 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

寂しさの力 (新潮新書)の作品紹介

成功はさみしさから生まれる。ディズニー、ジョブズ、坂本龍馬、酒井法子、山口百恵……世界を変えた偉人やスターは、いかにして精神的「飢え」を生きる力に変えたのか。人生の原動力を示した著者の新境地。

寂しさの力 (新潮新書)はこんな本です

寂しさの力 (新潮新書)のKindle版

ツイートする