超訳 日本国憲法 (新潮新書)

  • 530人登録
  • 3.76評価
    • (25)
    • (58)
    • (48)
    • (2)
    • (2)
  • 57レビュー
著者 : 池上彰
  • 新潮社 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106132

超訳 日本国憲法 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 池上彰氏による、日本国憲法の解説。
    難しいところを易しく、議論が分かれている部分はそれも解説し、大日本帝国憲法や他国の憲法にも触れつつ、いろいろな側面から説明してくださっています。

    憲法の意味についてはわかっているつもりであっても、結構曖昧にとらえていたり、重要な部分を理解していなかったところが多く、改めて勉強になりました。

    池上さんは、「ちゃんと理解しないで、間違った批判をする」ことを強く懸念されているのだなって感じました。今の日本はそのオンパレードで、議論があまりにも混乱していると思います。

  • 憲法のほぼ全文を網羅。といっても、法学的な解釈論ではなく、条文を巡っての社会的背景の説明やエピソードなどが中心。憲法が身近に感じられて面白いかもしれない。

    学生の時にガッツリ勉強してたけど、また芦部憲法読んでみようかな。。。

  • 池上氏の本の割には凡庸。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:323.14||I
    資料ID:95170020

  • 現行の日本国憲法は立憲主義に基づいている。立憲主義とは国民が権力者に憲法を押し付けること。弱い国民が時の権力者に「憲法を守れ」と命令すること。なぜ安倍政権が憲法改正を進めようとしているのか。集団的自衛権に関する従来の憲法解釈を閣議決定で変更した安倍政権。憲法九条の解釈。本書は現行の日本国憲法をわかりやすく解説している。

  • アメリカにいてニュースを聴いたりアメリカの歴史書を読んでいる「Constitution」という言葉に多く触れる。
    特に今年は大統領選挙の年でもあり、特にその関連のディベート、報道では顕著だ。
    大統領は連邦最高裁判所の判事を指名する権限を持ち、判事に任期がないこともあり、大統領を選ぶにあたり、この権限の重要性を訴えるケースも多い。
    (日本では考えられないこと)
    アメリカの「Constitution」は連邦国家の最低限の定めを記したものなので極めてシンプル。
    故に、州レベルで定める法律が「Constitution」に沿ったものなのか法的解釈の争いが絶えないし、その意味で連邦最高裁判所の人選に政治家は過剰に反応する。
    アメリカは多民族国家なので個々人の価値観もまちまち。却って憲法に忠実にならないと、社会が成り立たない、という事情もあるのかもしれない。

    アメリカの事情を知ると共に、この本を読んで、自分が日本国憲法のことを余りにも知らなかったこと、学生時代の勉強の題材程度としか認識してこなかったことに気恥ずかしい思いを抱いた。

    改めて憲法全文を読んでみると、意外な気付きもあったりする。
    法律の条文は無味乾燥なものと思いがちだが、憲法は、国の在るべき姿を定めたものであり、文章に精神が宿っているともいえる。
    憲法はもっと身近な存在であるべきなのだろう。
    立憲主義を掲げる法治国家としても。

    以下引用~
    ・一般の法律の多くが国民が守るべき内容を定めているのに対して、憲法は「その国の権力者が守るべきもの」なのです。・・・・ どんな権力も、憲法の規定に従って統治しなければなりません。この原理を「立憲主義」といっています。

    ・最高裁判所裁判官の定年は70歳です。ちなみに、アメリカの連邦最高裁判所の判事に定例はありません。

  • そもそも憲法は国民が守るべきものでは無い、というところからして、知らない事をたくさん教えてもらえた。

  • 日頃意識していない憲法、法律がとても分かりやすく説明されていた。なるほど、と思うところも多かったがきっと忘れていくんだろうな…
    もっと昔に読んでいたら、学生時代の学びとか変わったかもなってくらいに意識が変わる1冊だと感じた。
    読んだことない人にはぜひ読んでほしい!

  • 憲法のことを学び直したくて手に取りました。

    改めて「なるほど」と思う部分もいくつか。
    日本国憲法、大切にしていきたいです。

  • 実家からもらってくる。中学の時に憲法の前文を暗記するという課題があったことを懐かしく思い出す。

    ・憲法の改正規定である96条を改正することのリスク
    ・草案の段階での9条は自衛権すらを放棄するものであり、芦田修正がはいったことによって、自衛権は保持しているという現在の解釈が可能になったということ。
    を学んだ。

    巻末の北朝鮮、中国、米国の憲法の解説も面白かった。米国の憲法は奴隷制や人種差別の遺産を引きずっていることを知った。

全57件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
北野 武
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

超訳 日本国憲法 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超訳 日本国憲法 (新潮新書)の作品紹介

知っていれば、武器になる! 日本人必読。《努力しないと「自由」を失う》《働けるのに働かないのは違憲》《「戦争放棄」論争の元は11文字》……池上版「全文・超訳」は明解で面白い。一生役立つ「憲法の基礎知識」

超訳 日本国憲法 (新潮新書)のKindle版

ツイートする