呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)

  • 42人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 大井玄
  • 新潮社 (2015年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106200

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・マッツァ...
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 日本神霊協会で大井先生からお話をお聞きしたことで読んでみました。 大変興味深くかつ参考になりました。

  • 非常に面白かったです。1日で読めました。生命と進化、哲学との考察など、頭のいい方が誠実な思いを持って書かれている様がうかがえました。お医者さんが、生命実験や肉食について、ここまでいろいろ語られているのは初めてだったので新鮮でした。最後のところで、カントの晩年が描かれていますが、医師らしい筆致で、カントにも敬意を払っていらっしゃる様子(本文ではかなり、デカルト・カントを批判的にッ取り上げている)が印象的でした。

  • 認知症患者に耳を傾けるべきということを言いたいのはわかるし、もちろんそうあるべきだと思う。しかし内容が雑すぎる。カントやデカルトやヒャームを持ち出しては都合のいい解釈をしており、第6章などは全くタイトルと関係ない。では認知症高齢者が胃瘻以外の治療行為を拒否した場合も筆者は同様に主張するのだろうかと疑問に思った。

  • 認知症であっても情動に基づく判断はできる。胃ろうにはあまり意味がないらしい。
    カントなどの理性重視派は現代の科学の知見からは誤っている。

  •  思ったより読みやすかった。認知症患者に胃ろうを施すとき、本人に意思確認をとるかどうか、という問題を通して、さまざまな話題に広がっていく。
    「好き」「嫌い」の情動について、「理性」と「情動」の関係、人間とその他の動物の違いは何か、人間以外に理性はないのか、意識と無意識の働き、などについて考察していく。
     途中、戦争の話や虐殺の話などは重かったし、カントやデカルトの哲学の話は難しかったが、学ぶことは多かった。

  • 認知症患者に対して胃ろうをするかいなかを問うと80%が拒否する、という話から始まって、理性と感情、好き嫌い、人間の判断を制御しているものは何か、そして終末医療に戻ってくるという形式です。医学から哲学まで広がってますが、歯が立たないほど難しいという本ではなかったです。ただ、認知症患者への対応とか具体策を求める人には向きません。

  • 認知機能が極端に落ちたとしても、胃ろうをするかを質問したら、ほとんど全員がNoを即答する。とても不思議な話だけど、感情に根ざしたものは最後まで消えないのかもしれない。

  • 胃ろうを受け入れますか?認知症高齢者に訊くと9割方が「嫌」という。情動に基づく好き・嫌いだが、理性や意識なんてそんな凄いものじゃないし、生物の進化の歴史から見ても人生経験から見ても、情動は十分に尊重すべきである。

    ある年齢過ぎたら、理性でガマンするより、単純に好きか嫌いかで選んじゃっていいってことですね。

全9件中 1 - 9件を表示

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)の作品紹介

ボケても、ボケていなくても、なぜ「胃ろうはNO」なのか。医学と哲学の両面から人間の判断の構造をひもとき、理性と情動、意識と無意識、直感的意思表示の意味を明らかにする。認知症五百万人時代を迎える現代人必読の論考。

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)はこんな本です

呆けたカントに「理性」はあるか (新潮新書)のKindle版

ツイートする