大放言 (新潮新書)

  • 865人登録
  • 3.83評価
    • (81)
    • (161)
    • (92)
    • (16)
    • (6)
  • 141レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106330

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
百田 尚樹
百田 尚樹
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
宮下 奈都
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
又吉 直樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

大放言 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【永遠の0】・【海賊と呼ばれた男】など、★5つをつけている作品もあり、好きな作家さんの一人ではありますが、何かとお騒がせの百田氏。
    TV報道やツイッター等で、暴言とされるその発言は、炎上すること度々。
    私自身、メディアによって報道される百田氏の発言の一部をとらえ、「それはちょっと…」と思ったこともありました。
    が…
    報道では前後がすっぽり抜けていたり、誤った(?)解釈のもと、報道されたり…
    なかなか全文、全容を知る機会はありませんでした。
    そんな状況で百田氏が黙っているわけはなかった!
    【大放言】なる本で、しっかり主張されています。

    ”どこからも突っ込まれない意見や、誰からも文句の出ない考えというものは、実は何も言っていないのと同じだ。鋭い意見と暴論は実は紙一重なのである。(本文より)”

    全て、「その通り!」と思ったわけではありませんが、「そうそう!」「うん、うん!」とうなずく箇所もあり、面白い本でした。

  • 書店で気になって拾い読みしていたけれどついに(?)通読してしまった。…や~、おもしろいおじさんですよね。

    言ってることが良いとか悪いとか、正しいとか正しくないかとか、賛成出来るか、嫌悪するかといろいろなスタンスがあるでしょうが、まずはなかなか人が言いにくいことをずばっと放言してしまう態度がすごいなぁと思います。
    わざわざ、とうに過ぎた結構前の炎上ネタまで掘り起こして章立てまでして書いているのも、自分の言い分を改めて公開するというより、何だかわざと露悪的になっているかのようにも見えます。

    人は言いにくいことは言わずに済ますものです。大方は。
    炎上したらば嬉々として(としか見えない態度)油をどんどん注ぎまくる著者の発言にはもう、痛快ささえ感じます。

    多分近くにいたら私には避けて通りたい人種の方ですが、何事も無視や無関心を通すよりは、例え人々の不興を買おうとも発信し続けるという姿勢には見倣うものもあります。

    こういう態度を世間に見せつけてくれる存在は貴重だと思いますね。これから何をどう発信してくれるのか、注目して行きたいですね。

  • 文字通りの大“放言”(笑)。

    マスコミの非道はまあ、直接被害を受けない一般人にも十分に分かる。
    誌面の大半を、マスコミに対する過去の炎上記事への反論に費やしているのが、少々勿体ない。

    なるほど確かに酷いと共感できる部分は多々あれど、多すぎて食傷気味に・・・あそこまで大量に連ねられると

  • 痛快そのもの。素晴らしい。本当に言葉狩やマスコミの捏造記事に関しては呆れる他はない。「なんでもコスパで考えるバカ」が特に秀逸で共感しまくり。

  • かなりそうそう、とうなづきながら読みました。
    もっと偏ったイメージが読む前はあったのですが、ちょっと見方は変わりました。
    図書館に新刊を置くな、はその通り、メディアの一部を切り取った恣意的な報道に飽き飽きしてたところ、まさにズバッと放言してくれて良かったと思います。

  • 百田尚樹 さん、好きですね。
    「永遠の0」で知りました。
    なぜ、この本を図書館にリクエストしたかは覚えていませんが…その通りだなあとおもうことばかりでした。

  • 最近小説の方では、調子の良くない著者でるあるが、さすが関西人、口の方は絶好調のようである。確かに著者の言うとおり、最近の三流マスコミは人の揚げ足取りや、タレントのシモの話ばかりに熱心で、肝心の政治や経済については全く見識を示せないようだ。世間も同じように三流マスコミに乗せられて、タレントを非難したりしているが、もともとタレントに常識を求めてどうするんだ、彼らには自由奔放に生きてもらったほうが、見ている方は楽しいではないか、とりあえず言葉狩りだけはやめたほうがいいと思う、世間が息苦しくなるだけだ。

  • タイトルとは逆に、理に適っていることばかり。
    でも著者のような言動は日常では出来ないことが多いように思う。
    こういった思想、考え方も参考にして、世知辛い世の中を渡っていこう。

  • 某国会議員の黒人大統領発言を巡るアホらしい騒ぎに辟易していたところに読んだこの本。実にいいタイミングだったというか、ほんとほんと、そうだよなあ、と思うところが多々あった。

    しかし、発言を都合のいいところだけ切り取られて、真意とは違う形に曲解され、伝えられている。そのことに対する不満が大きいようだが、受け手は話し手の言うことを始めから終わりまで聞いて考えてる余裕なんて現実的にはないケースが多い。そこに大きな役割を果たすメディアは恣意的な切り取りを行うのではなく、責任のある編集をして欲しい、という思いなのかもしれないが、口を開けてる魚にわざわざ餌を放り込むが如く、飛びつきやすい言葉をぽんと発してしまうのも問題やで。わざわざ、真意を伝えるチャンスを逸しているようにも思うのだが・・・。

  • くそメディア。言いたいことを好き放題言っていて、読んでいるこっちも気持ちよかった。原爆慰霊碑に刻まれた言葉がおかしいことに平和ボケで気づいていなかった。

全141件中 1 - 10件を表示

大放言 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大放言 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大放言 (新潮新書)の作品紹介

それでも言わずにいられない! 数々の物議を醸してきた著者が、ズレた若者から、偏向したマスコミ、無能な政治家、おかしな隣国まで、縦横無尽にメッタ斬り! 綺麗事ばかりの世に一石を投じる書下ろし論考集。

ツイートする