大放言 (新潮新書)

  • 808人登録
  • 3.84評価
    • (76)
    • (156)
    • (83)
    • (15)
    • (5)
  • 136レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106330

大放言 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 文字通りの大“放言”(笑)。

    マスコミの非道はまあ、直接被害を受けない一般人にも十分に分かる。
    誌面の大半を、マスコミに対する過去の炎上記事への反論に費やしているのが、少々勿体ない。

    なるほど確かに酷いと共感できる部分は多々あれど、多すぎて食傷気味に・・・あそこまで大量に連ねられると

  • うまい。
    ものごとをシンプルに解読し、シンプルに解決策を言う。基本的には飲み屋で話す会話です。よくもわるくも。しかしながら、文がうますぎるんだ。皮肉もうまいんだ。根っからのアジテーターなんですね。
    ここに入っているシンプルな解決策はシンプルさゆえに疑問の余地はあるので、一つにつき一つの反論を即時に組み立てるのは、思考のよい訓練になる。

  • 二回目読了。
    この本を手に取る前も百田尚樹さんのお名前は勿論存じ上げておりましたが、大放言のおかげで(笑)もう名前だけで嫌いでした。
    しかしよく知りもしない相手も嫌っても仕方ないだろうとこの本を手に取ったわけであります。

    読んでみると納得できない部分もある反面、ひどく共感する部分や説得力を感じる部分も多くありました。
    特に全体を通じて述べられているマスコミのあり方については大変勉強になりました。

    彼を称賛するから「右翼」と思うことなかれ。
    文脈を介さずに一部分を取り上げて大騒ぎするという現在のマスコミの姿は英語を読めない中学生と重なって見えました。単語一つ一つを直訳しようとして分全体を見ないので単語を訳してから全体を読んでみるとまるで日本語として意味をなしていない。そうした部分は共通しているのではないでしょうか。

    それ以前に彼がお笑いの畑出身ですから、真面目一辺倒の発言を期待していること自体が間違いと言えますかね(笑)

    また図書館のあり方については非常に興味深い内容でした。「本」の文化的価値とは一体どんなものなのでしょうか。必要な専門書は地元の図書館にはありません。その代り1年前のベストセラーが何冊もある。そんな図書館を今では殆ど利用しなくなりました。

  • 確かに百田尚樹のイメージはよく炎上している、右翼っぽい危ない人。けれどもこの本で述べられていることは、タイトル通りの“大放言”ではなく、真実や正論ばかりであった。自分は「やればできる」と信じて疑わなかったり、物事の価値をコスパという物差しでしか測れない若者へ向けた言葉。地方議員への提言や日本人に植え付けられた自虐思想への憂い。日韓関係への強烈な皮肉。偏向報道を繰り返すマスコミへ投げかけられた言葉。全て大いに頷けることばかりだった。百田尚樹へ抱くイメージが変わる一冊。

  • 実にまっとうな話ばかり、

  • ほとんどの放言に同意かなー。
    本当にいろんなことを言いにくい社会になっちゃったし、有名人であればことさら。
    こういう人が小説でしっかり支持を得て、存在してることは日本にとって良いことだと思います

  • 16.12/20 読了

    おもしろかった!笑 とくに最初の「〜〜するバカ」の話がとてもおもしろかった。個人的に 自分自身が百田さんのいう「若者」の世代であることもあって 社会問題よりも 身近にいそうな人の話だったので おもしろく読めた。まず目次の時点でおもしろい。百田さんの放言は とても真っ当な主張であるように思えた。(普段新聞など全然読まないせいもあるのか)メディアはとにかく偏った報道をするので、自分自身で見極め判断することが大切なのだと思った。

  • 百田尚樹の放言、面白かった。
    初めてこの人の本を読んだので
    次回は小説を読みたいと思う。
    元々、放送作家などをやられているから分かりやすい

  • タイトルは「大放言」だが、内容は全く放言ではなく、至極まっとうな主張ばかり。本書で取り上げられた、各種メディアで著者を批判した人たちは、本書を読んで著者のそれらの批判に対する主張への反論をしていただきたい。
    あと、私は図書館のヘビーユーザーだが(本書も図書館で借りた。百田先生、すみません!)、図書館には新刊は一年間くらい置かないでほしい、というところは非常に共感した。
    著者の「カエルの楽園」と本書は日本国民全員必読の書であると思う。

  • たしかに図書館は、民業圧迫と言えるかもしれない。新作の貸し出しまで、1年の期間を設けるのは当然と思える。

  • 小説には興味無いがイイです。この手の方、白黒解り易い。

  • 妙にスッキリした。

  • 確かにこの人の発言はその部分だけを見ると、問題発言な気がするが、全体の流れの中では全然気にならないものが多い。(全てがそうではないが・・・)
    マスコミの報道を一方的に信じるのではなく、やっぱり自分自身で考えて気をつけていくことが大切やなと感じた一冊。

  • 右寄りの放言でニュースを賑わすことも多い著者ですが、こうやって一つ一つの主張を読むと、納得することも多い。一刀両断に切り込む文章が何より面白い。

    断片を切り取ってセンセーショナルなニュース化するのはマスコミのいつもの手法だけど、あらためて簡単に扇動されないように気を付けなければと思います。

    また、放言も許されない社会を嘆く気持ちには大いに共感します。

  • どの発言も炎上させたがる人が燃料投下のように歪曲するのが原因ですね。前後も含め百田尚樹さんの本意を知ると本来言いたい事は別にあり、いいこと結構言っているなぁと思いました。最後に言いたかった事もよく伝わりました。読んでのお楽しみがいっぱいある本です。

  • マスコミの報道の偏りを再認識した
    日本のマスコミの在り方は考えるべき
    これほど芸能情報ばかりを報道しているのは他の国ではほとんどない
    一方世界情勢に関してはほとんど情報がない
    益々テレビを見たくなくなる

  • 放言というか暴言というか、話題を提供するのも作家の職業のうちか。目立ってなんぼだものね。

  • きわめて痛快な語調で記されている。

    過激と云えば、過激だけれども、筋が通っているし、
    誤解されている部分があるのはよくわかった。

    ただ、著者の誤解を解く説明に対して、
    わざわざお金を払わされて・・・
    という違和感を抱く人がいてもおかしくないかもしれない。

  • これって右方面の方々の情報源になってるようなσ^_^;
    もちろんほとんど同意しますけどd(^_^o)

    言いたいことを言うと角が立ちますね。
    僕はいえないので読んでスッとしましたσ^_^;

  • 百田さんの小説は『永遠の0』しか読んだことないんですが、
    虎ノ門ニュースはちょくちょく観てる。
    虎ノ門ニュースのノリで面白かった。

  • この人が口が悪いのは確かだけれど、皮肉や冗談も通じず、発言の一部を切り売りして負のイメージを植え付けるマスコミの方がやはり問題。
    純粋に百田さんはどの新聞を薦めるのか知りたい。

    ハゲに効く薬はない!自己啓発本を習慣的に買う人は毛生え薬をはしごするハゲと同じ、と自身の過去を含めて揶揄する件には、自分のことを言われているけれど少しも腹立たない、むしろ納得、笑える、目から鱗!

    p.217 憲法9条護憲派と改正派の目的はどちらも「日本を戦争から防ぐ」というもの。では、両者の何が違うのか。それはリアリティにある、ということで私の心もようやく定まる。
    p.219「永世中立国」スイス(この国は平和というものはどうやって維持していくものかを知っているリアリティの国)と「非武装中立」を唱えていたルクセンブルクの歴史と在り方から見えてくるもの、ではいかに日本が平和ボケしているか考えさせられてしまう。

  • 書店で気になって拾い読みしていたけれどついに(?)通読してしまった。…や~、おもしろいおじさんですよね。

    言ってることが良いとか悪いとか、正しいとか正しくないかとか、賛成出来るか、嫌悪するかといろいろなスタンスがあるでしょうが、まずはなかなか人が言いにくいことをずばっと放言してしまう態度がすごいなぁと思います。
    わざわざ、とうに過ぎた結構前の炎上ネタまで掘り起こして章立てまでして書いているのも、自分の言い分を改めて公開するというより、何だかわざと露悪的になっているかのようにも見えます。

    人は言いにくいことは言わずに済ますものです。大方は。
    炎上したらば嬉々として(としか見えない態度)油をどんどん注ぎまくる著者の発言にはもう、痛快ささえ感じます。

    多分近くにいたら私には避けて通りたい人種の方ですが、何事も無視や無関心を通すよりは、例え人々の不興を買おうとも発信し続けるという姿勢には見倣うものもあります。

    こういう態度を世間に見せつけてくれる存在は貴重だと思いますね。これから何をどう発信してくれるのか、注目して行きたいですね。

  • ハゲたオッサンのグチ。
    話し上手な人と酒を飲みながら話をしているよう。
    こちらは適当に相槌を打っていたら、気持ちよく勘定も払ってくれそう。
    「叩かれるストレスより黙っているストレスの方が大きい」というのは同じように感じた。
    面白くて一気読み。

  • かなり同意できる内容

    嫌われがちな作者の方ですが私はキライじゃないですね
    炎上している時からキライじゃなかったです

    言いたい事は正しく伝わってきていたので
    こういう人の言う事が歪曲されて伝わってくる時代なのかな

    レッテルで決まっちゃうみたいな
    この人の言っている事は石原元都知事とあまり変わらない気がする

    しかしながら
    石原元都知事は「過激だが何かやってくれる人」
    百田氏は「過激で何するか分からない人」
    世間一般のレッテル・イメージでマスコミの扱いが決まるみたいな

    つまるところ、今のマスコミは世間に迎合する事が一番なのだろう
    世間に嫌われている人物を叩くのが一番大事なのだろう

全136件中 1 - 25件を表示

大放言 (新潮新書)を本棚に登録しているひと

大放言 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大放言 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大放言 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする