情報の強者 (新潮新書)

  • 190人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (16)
    • (23)
    • (9)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 伊藤洋一
  • 新潮社 (2016年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106576

情報の強者 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 情報の使い方探し方
    情報の取り扱いについての専門家
    情報とは何か?ということについて新しい発想など
    皆が知らないことなど ない
    ゆえ 公開してブラッシュアップした方がいい
    紙の情報は使用したら捨てる
    保存しても見ないことが多いため

    プレゼン方法は iphone で全てできてしまうということだ

    新聞の記事はあなどれない

    情報とは本当に必要なものなのか?

  • 「思いきって捨てること」「ループを作ること」を原則に情報と対峙し、その著者流の方法を述べている。
    スタンスには概ね同意。それだけでは新しくないが、著者が実践していることを述べている点で示唆に富んでいる。著者独特のやり方に疑問を感じるものもなかにはあるが、取捨選択次第で良い実践書となるのではないだろうか。

  • 残念な書物。
    あの程度なら一般の主婦ですらこなしているだろう。
    流行もの大好きなのは分かるけど工夫とか足りないです。
    ああいうデバイスなくても工夫ひとつでなんとかなるもんだぞ。どや、ビビるで自分。
    そういう気合いが感じられないですよ。
    そういう工夫こそ意味があると思います。
    おお、なんかスゲエなこれはおもろいな。
    こういった感動を伴わない限り、
    わたし達自身が、デバイスの一部分になるだけです。

    また、この手の書物では必ずひとつの問題を抱えてます。
    要するに、何よりも奉仕する目的とは何だろうかと。
    それだけの技術(テクノロジー)を手に入れました。
    じゃあそれでどんな感じで便利になるのか。
    新規の情報入手のために何とも涙ぐましい努力をなされていらっしゃいますが。
    個人的には嗚呼こんなの無理無理カタツムリ状態です。
    こんだけ情報漬けの生き方はどうにもアレなんですね。
    阿呆なものだから、キャパ小さいんですよ。
    朝から晩まで心が休まる時がないだろうと。
    人との会食ですら情報入手とか、そこまでしなくちゃいかんのですか?
    私的にですが、正直気持ち悪いです。
    情報どころか食事まで消化不良になりそうです。
    物事は最初の時点で、無目的に方法だけ提示されても
    どうしようもないんじゃないのかなあ。
    落ち着いて考える時間の作り方のほうが知りたいです。
    巷ではLife-hackだのインプットにアウトプット云々とか
    もうこういうのウンザリしているんですよね。
    どうせまたその方が「効率的」なんでしょうけどね。
    コストパフォーマンス重視とかもうね・・・

  • ある種の自慢話はつまらない

  • 確かに伊藤さん流の情報収集方法は具体的に紹介されています。ただ、ICT関係の記述はもう少し勉強された方がいいですね。

  • 毎日ブログをチェックしている 定点観測の伊藤洋一。
    ラウンドアップ も聞いている。
    中国 雲南にいると日本の情報が良く見えないので
    重要な 情報ソースである。
    柯隆さんとの対談が、中国の実情を知る上で参考になる。
    そういう著者が『情報の強者』という本を書いていたので
    早速読んだ。
    なぜか、生活パターンはよく似ている。
    朝3時から 私は 本を読み、ブログを書き、そして
    朝8時 から 仕事が始まる。
    朝の時間が 一番大切な時間となるが、著者も3時から
    動き始める。ニュースが 一番フレッシュで 
    ニューヨークは 仕事が真っ最中であるということだから、
    ちょっと、個人的な生活をしているのとコメンテーターは
    違う感じである。

    iPhoneで プレゼンテーション。
    情報の取得をコントロールする。
    ループで考える。ということだった。
    まぁ。ループで考えるというのが新鮮だった。
    多くのところは、目新しいことはない。
    しかし、その姿勢だけは学ぶべきところが多い。
    伊藤洋一節が 健在ということで めでたしめでたし。 

  • 新聞はプロの記者や編集者がニュースの目利きをして日々訓練を積んで、文章を研ぎ澄ませながら発信するメディア。他のメディアはなかなかここまでて手間をかけられなう。新聞社からで来る記事が相対的に信頼できるのはこのため。
    翻訳された情報には翻訳者の恣意もあるから原典を確認する。
    マスコミの取材には一定のクオリティが保証されている。記者たちは情報を扱うプロとして訓練されている。
    mediaとして存在し続けるには継続性が必要になる。様々な分野について、そういうジャーナリストがいなければならない。

  • 軽く読めるエッセイみたいなもんで、基本的には本書の主張にはだいたい同意。特に情報そのものだけではなく、その影響範囲なども考えるってのはそのとおりだなあと思う。なかなか実践はできないけれど。

  • メディアだけじゃない、街中を歩いたり、人と出会うことからも情報は得られる。好きなジャンルの偏った情報だけじゃなくて、様々な情報を様々な視点で見ることが必要。そうやって一つの情報から他の情報を繋げ、考え方を広げられるのです。インプットアウトプットを繰り返し、情報溢れる世界を楽しもう。!

  • 著者が実行している情報の海に溺れない方法のイメージはできたが、余り具体的ではなく、余り自分自身の参考にはならなかった。iphone を使ってプレゼンされるとの記述があり、自分もやってみたいとは思いました。

全21件中 1 - 10件を表示

伊藤洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

情報の強者 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情報の強者 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情報の強者 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

情報の強者 (新潮新書)の作品紹介

大事件が起きたら、テレビから離れよ。「情報弱者」はどこで間違うのか? 情報を思い切って捨て、ループを作る思考を持つことが、「強者」となる条件である。情報氾濫社会の正しい泳ぎ方を示す。

情報の強者 (新潮新書)のKindle版

ツイートする