言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

  • 1914人登録
  • 3.41評価
    • (75)
    • (195)
    • (254)
    • (54)
    • (22)
  • 248レビュー
著者 : 橘玲
  • 新潮社 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106637

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
リンダ グラット...
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
ベン・ホロウィッ...
又吉 直樹
東野 圭吾
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 論理的推論能力の遺伝率68% 一般知能IQの遺伝率は77% 頭のよしあしは7-8割は遺伝で説明できる

    統合失調症の遺伝率は8割

    身長の遺伝率が66% 体重の遺伝率は74%

    サイコパスの遺伝率は81% 環境の影響は2割弱 環境は子育てでなくはなく、友達関係のような非共有環境の影響

    よくある誤解は、遺伝率を個々のかくりつでと取り違えること

    相関関係があるからといって因果関係があるとは限らない

    ユダヤ アシュケナージ系ユダヤ人だけ知能が高い
    アシュケナージはドイツのという意味 ライン川沿いのユダヤ人コミュニティを発祥とする
    ユダヤ人差別 キリスト教では禁忌とされていた金貸しで生計をたてざろうえなかった

    セロトニン 幸福ホルモン
    セロトニンを運搬するトランスポータ遺伝子
    伝達能力が高いL型 伝達能力が低いS型
    その組み合わせで LL LS SS
    日本人の7割がSS型
    不安感がつよく将来に備えようとする

    アメリカの経済格差は知能の格差

    貧困女子の3つの障害 精神障害、発達障害、知的障害
    社会資本(家族や友人)も金融資本(貯金)もほとんどもっていないので、人的資本(仕事)を失うとあっというまに社会の最底辺に陥る

    風俗がセーフティーネット

    風俗市場の縮小

    セックスのデフレ化 コンビニ、居酒屋の店員、介護職員と給与がかわらない


    知識社会とは、知能の高い人が知能の低い人間を搾取する社会のことなのだ

    心拍の低さ
     怖れの欠如、共感の低さ、刺激の追求

  • 遺伝の力は、本当に強いものだと思う。才能、性格さらには経済格差も遺伝素因に起因するという考え方は、衝撃的だ。そしてそれに匹敵するのが、集団における自分のポジションの役割。どのようなポジションで振る舞うかによって性格や習慣も変化してくる。どのような集団に属するかはとても大事なことのようだ。

  • 最初に不愉快な本と断りを入れているが、これだけ痛快に書いてくれると逆に気持ちがいい。

    まえがきによると本書で書かれていることにはすべてエビデンス(証拠)があるのですが、該当される読者がすべて該当に当たるのかと言えば必ずしもそうではない。

    大切なのは理解をすることであって、絶望することや期待することではないってこと。

    環境と遺伝があたえる影響は、感覚的にはどちらも半々だと思えていたことが、研究の結果どちらの比重が大きいのかを(親としては残酷に感じる!?)知れたことは学びになった。

    読み終えたからと言って、日常に何か変化が起こったわけではないけれど、読んでおいて良かったと感じた一冊。

  • 著者の本が好きで読んでみるが、今までとは違った毛色の内容。
    犯罪者遺伝子、外見による格差、性。声を出して言われることが少ない、不都合な真実を語る一冊。なかなか勉強になる。

    【学】
    ・日本社会は人類史上はじめて、若い女性が身体を売りたくても売れない時代を迎えた

    ・犯罪統計では、殺人の多くが家庭内で起きている

    ・イギリスの統計学者ニック・ポータヴィはさまざまな幸福を金銭に換算している。それによると、家族と死別したときの悲しみを埋め合わせる賠償額は
    配偶者が5,000万円
    子供が2,000万円
    兄弟は16万円
    友人は130万円

    ・困った人間が量産されないように、親になれることを免許制にして、資格のないものは子供を産めなくしてしまう案。安全な社会を求める人々の要求の方が強ければ、このような制度が導入されたとしても不思議じゃない

    ・卒業写真であまり笑っていなかった人の離婚率は、満面の笑みの卒業生の5倍

    ・知能や性格、精神疾患など「こころ」は遺伝子の影響が極めて大きい。子供の人格や能力・才能の形成に子育てはほとんど関係ない

    ・親よりも「友達の世界」のルールを優先することが子供の本性

    ・親はよい成績を取ることがいじめの理由にならない学校を選ぶべき。女性の政治家や科学者に女子校出身者が多いのは、共学と違って学校内で「バカで可愛い女」を演じる必要が無いからだ。

  • なんかここまで表紙に書いてあると
    気軽にネタバレ感想書けないですね。

    まぁともかく真実だけど、多くの人には不愉快だよね、
    ということが書いてある本でした。
    特に遺伝絡みで実証的に書いてあるので、
    その辺りは面白く読めました。

    一卵性双生児が別々の環境で育ったケースを
    ひたすら分析してきた研究者たちの研究結果を紹介して、
    子育てができる限界、どうしても環境に縛られる成長、
    才能が伸びるかどうかは環境によるもの、
    みたいなことを書いてあったのには
    教育学部出身としては複雑な思いもありましたが、
    こういうことを知っているかいないかで
    結構次世代への育成方針は変わってくるのかなぁと
    思わされた本でした。

  • やっと読んだ。後に予約者がたくさん控えているので焦りながらページをめくった。興味深い部分と興味のない部分の差が激しかった。遺伝子と環境の章の双生児と類似性のグラフに少し驚いたと同時に、やっぱりそうなんだ~と思ったのも事実。けど説得力に欠けるような…。エビデンスはあるというけど端折った感じはあるのでなんかモヤモヤした。なんというか…遺伝する病気を持っているのでエビデンスうんぬんはわかるけど、私はもっと目に見えない人体の可能性みたいなものを信じたいなぁーとか思っちゃう。




    昔うちの親も含めて近所のおばちゃんたちが世間話でズバズバ言っているようなことは、あながち的外れではなかったんだなぁ…とぼんやり思った。(遺伝子解析とかない時代だったのにね。)

  • 久々に星2つをつけました。

    あまり聞かないこと(タブー)を書いてある...という点だけで、お化け的に売れてるみたいだけど。統計とか確率とか偏差とか疎い私には、そもそも理解できなかった的な。。

    そんなに日本人て、統計だの調査だの平均だの数字が好きなのだろうか。

    私的には、数字なんてまったく信用してないので(だって、自分や自分の子供が統計だの平均値だのを大きく外れてる可能性はいくらでもあるわけじゃん?例外っていくらでも起こりうるわけじゃん?)、こういう話はまったく響かないのですが。

    それに、こゆ数字攻めの話を多くの読者がちゃんと理解してるなんて、到底思えない。

    なんで売れてるのか...タイトルとコンセプトのみ??または著者買い上げ???

  • 著者が「言ってはいけない」というのは、遺伝によって決まってしまていることが思ったよりも多いよ、人種や性別についても遺伝子の進化の過程により必ずしも平等ということではないよ、ということのようだ。たとえば、精神病の遺伝率が80%であるとか、男性の攻撃性は遺伝子の淘汰に由来するとか、子育てが子供に与える影響はそれほど大きくないよとか、美醜による経済格差の話は統計的にあるよだとか、そういった類の話が集められている。

    「遺伝率」についていきなり何の説明もなく80%だ60%だと書かれていたのでまた怪しげな主張をするために数字だけ持ち出すような議論をしている本の類なのだろうかと思ったが、一応コラムにて「遺伝率」の説明をしていた。ただし、コラムでの説明が、重要であるはずの遺伝率の定義の説明になっていないので残念。もちろん「遺伝率80%」が80%の確率で遺伝するということではなく、遺伝で説明できる割合が80%だという正しく必要な説明はされている。ただ、この「80%が説明できる」ということの定義の説明が欠けているので、十分ではないということなのだけれど。

    「言ってはいけない - 残酷すぎる真実」と煽られるほどの内容ではなかった、というのが基本的な感想。ただ、この内容を「言ってはいけない」と言ってしまうほど最近のポリティカル・コレクトネスに関して過剰な自粛を求める空気が流れているということなのかもしれない。もちろん、この内容が衝撃的なのかどうかに関わらず、ポリティカル・コレクトネスに関しては時と場所に応じた留意は必要で「言ってはいけない」場面もあることに異存はない。

    最近読んだ『一万年の進化爆発』で詳しく解説されたアシュケナージ系ユダヤ人の知能の高さについて著者が取り上げてこの本で紹介しているが、個人的には『一万年の進化爆発』のように手厚く解説されている方が好みだ。


    『一万年の進化爆発』のレビュー
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4822283992

  • 久しぶりにこのような内容の乏しい本を読んだというのが感想。

    簡単に言えば、遺伝など生まれながらにしてもったその人の性質がその人に対してどの程度まで影響するかということを書いた本である。

    ただ、「そんな事は言われなくてもなんとなく気づいていた」ということをデータなどを用いて裏付けをとって書いているだけなのでほとんど目新しいことがない。

    頭の良さはある程度遺伝で決まる、美人とブスでは年収3500万円ぐらいの差が出る、などなどほとんどの人が気づいていることを著者は「隠されていること」みたいにとらえてデータで裏付けをとる。

    ただ、大体わかっていたことなので「やっぱりそうだったのね」だけで終わってしまう。

    本のタイトル「言ってはいけない 残酷すぎる真実」とはこの「本の内容のなさそのもの」であろう。

  • 読了。
    著者の仮説に沿う研究結果を寄せ集めた「まとめサイト」みたいな本。
    センセーショナルなタイトルだが、誰もがそれとなく認識しつつ口にしないことを明示しただけで、別に「不愉快な現実」という程の事でもない。実際、"統計学的"にここで書かれていることは事実なのだろう。しかし我々は統計や平均ではない"個"を生きている。遺伝情報による束縛が、パーソナリティの大部分の決定付ける、それはそうだろう。が、全ての決定因子ではないのであれば「それがどうした?」というのが感想。

  • 題名が悪い。思わせぶりの題名で、もう少し人間社会のディープな部分を描き出すのかと思ったら、結局のところリチャード・ドーキンスやジャレド・ダイヤモンドと同じく進化論的見地に立った人間の習性を描いているだけ。中で出てくる統計処理の方法も疑問が残る。

  • 頭の良し悪しは7〜8割は遺伝で説明できる。
    身長66%、体重74%に比べると、躁うつ病83%、統合失調症82%は高めである。
    親の収入と子供の学力との相関、人種によるIQ格差は存在する。
    経済格差は知能の格差による。
    妊娠中の喫煙は脳に赤影響を及ぼし、高い攻撃性や行為障害を引き起こす。
    外見格差は経済格差に直結している。
    黒人は複数人集まると、ギャングを作り白人と敵対する。

  • この社会にはきれいごとがあふれている。
    人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではないーーだが、それらは絵空事だ。

    2017年新書大賞を受賞したらしい本書、おもしろかったです。
    これは不愉快な本であると前書きで書かれていますが、書いてある内容はそんなに突拍子もないことではなく、「そりゃそーだよね!」と思うことが多かったです。
    とはいえ、初めて知ることもあって、それもまた面白くて。
    とりわけ、人種とIQについて述べた章の「アファーマティブ・アクションは一部の黒人を有利にするものの、黒人全体の知能を向上させることにまったく役立ってはいない」という話は興味深い。
    アファーマティブ・アクションはそもそも、もう必要ではない、という話は耳にしたことがありましたが、黒人と白人のIQを比較した研究は初めて目にしましたし、人種間で知能の差があるなんて知らなかった。そんなこと言ったら人種差別だと即炎上しそう。

    正直、遺伝の影響って、大きいですよね。
    一方で環境が与える影響はもちろんあるのですが、本書によると親の子育てによるものというよりは、「友人」との関わりによるものが大きいようです。
    ただし、知能が環境から受ける影響として3歳時点で栄養不良だった子どもは11歳時点のIQが低い(P45)など、乳児期は親(養育者)の影響は無視できませんが。
    親ができるのは、その子が輝ける環境を用意することくらい。友人との関係に介入することはできないし、なかなか難しいですけどね。

    本書に書かれていることは概ね興味深く読めましたが、あまりにも荒唐無稽だと思ったのが「親の免許制」
    そりゃあそんなことができたらいいかもしれないけれど、子作りの方法は教えなくてもみんな勝手に習得するんですよね。免許なしの人には産ませない、なんて社会になれば、一部の人は避妊するなり堕胎するなりして抑制できたとしても、ネカフェや自宅での墜落分娩が多発するんでしょうね。

    男女の性質の違いや、日本人の特質など、こうした客観的なデータを頭に入れておくことで、見える世界が少し変わってくる気がして、こういう楽しみ方ができるから新書は楽しいですね。

  • 帯文:”2016年ベストセラー” ”オリコン「新書部門」 トーハン「新書・ノンフィクション部門」 日販「新書・ノンフィクション部門」第1位” ”読者諸君、この不愉快な現実を直視せよ。”

    目次:まえがき、Ⅰ 努力は遺伝に勝てないのか;1 遺伝にまつわる語られざるタブー…他、Ⅱ あまりに残酷な「美貌格差」;6 「見た目」で人生は決まる―容貌のタブー…他、Ⅲ 子育てや教育は子どもの成長に関係ない;11 わたしはどのように「わたし」になるのか…他

  • 遺伝学、脳科学、心理学なんかの知見に基づくと、世の中で一般に信じられていることはきれいごとであって、現実はそうではないんじゃないですかという話。知能や犯罪の遺伝、心拍数と反社会的行動の関係、見た目が人生に及ぼす影響、女子校と共学の環境の違いが及ぼす影響、ヒトの性交、子育てや教育といった共有環境でなく交友関係などの非共有環境が子どもに与える影響、ヒトのペニスの形の持つ意義など、面白い話がいっぱい。でも言ってはいけないってタイトルには矛盾を感じるんだが。

  • 話題の一冊。
    予想通りというか、予想以上に「それを言ってはオシマイだよなぁ」と思えるような身も蓋もない話が全編にわたって綴られております。
    巻末には豊富な参考・引用文献のリストもあり。
    付箋は19枚付きました。

  • 言ってはいけないことを口に出すと笑えてしまう、、、程度の気持ちで読むと楽しい読み物。深刻に受け止めてしまうと生きづらいので、そんなものだよね~と客観視するのが大事です。

  • 「GRID やり抜く力」と一緒に読んだ。
    真逆のことがかいてあった。

  • 簡潔に言うと、この先、普通の日常に一喜一憂しながらそれを幸せと思い感じて生きたいなら読まない方がいい本だと思う。
    僕自身も一回読んだだけでは頭の中は混乱して、いまいち上手く落とし込めない内容。
    いや、子育て問題に関してだけ上手く落とし込めない。それ以外は「なるほど、確かに、、、」っと思い返せば、世の中を見てれば納得できるんだけどね。

    子育て問題、美醜の問題、犯罪問題、努力と遺伝の関係のお話などなど、いろいろ面白い。

    タブーとされていることを研究結果を元に書いてあるので面白い本でもある。
    面白すぎて最後の方は読むの止まらなかった。



    子育て問題の話も、この話、親は否定したくなる部分も多いだろうし、痛いとこ突かれる部分もあるだろうけど、研究結果として数字が出てる以上、受け止め難い事実なんだよな。今のところ。
    ここに親が子を思う気持ちや数字にゃ出ない部分を言いたくなるとこだけど、「子供はなかなか親の言うこと聞かなでしょ?親なら経験あるんじゃない?」で、あぁ、なるほど、、、っと思ってしまった。
    救いとしては、親は子にあった環境を選べるっということだろうか。

    むしろ、子の才能を引き出し、長所を引き出し、適切な環境で育っていくには「環境(学校や地域など)」こそ大事で、子供にあったこの「環境」を適切に選べるか。親にできるのはそれだけと言うことか。
    (どれだけ親が良いと思う環境を子供に提供したとこで、大人には見えない子供のコミュニティがあるから難しくはあるが。。。)



    男女平等、男尊女卑、そんな社会のあり方に対して、性差ってのがあって、男は男の役割、女は女の役割が遺伝子レベルで組み込まれていて、女性を軽視するのは良くないし、働きたい女性のために働きやすい環境を作って行くのは大事だけども、「女は家庭」ってのは決して男尊女卑ではないなと。
    ただ、多くの人が働きたい女性に「女は家庭」を押し付けると、それは男尊女卑になるのかなと。

    逆に言うと、これはこの本の話じゃないけど、世の中の常識として「男は働かなきゃいけない」「金稼がなきゃいけない」ってとこで苦しんでいる男もいて、男尊女卑で苦しんでる女性もいれば、男らしさで苦しんでる男性もいる。
    遺伝子レベルで組み込まれてる事でも、中にはイレギュラーもいて、そこに優しくなれる世の中がくればなと。
    これに関しては、僕自身の自己中心的な想い。
    女性が楽だとは微塵も思わないけど、男だって辛いのよ泣き叫びたい。

    女性だろうが、男性だろうが、もしくはその中心だろうが、人それぞれ性別で苦しさや辛さを感じてる人たちがいて、でも、世の中はまだまだ「男だから」「女だから」と2つに分けられ、そこにコミットできない人たちはその陰で苦しんでる。

    このコミットできない人たちを遺伝子レベルで研究した時にどんな結果が出るんだろうね。
    いや、遺伝子だけじゃなく育ってきた「環境」も調べる必要があるのか。

  • ・ロンブローゾ部分陽性。施設に収容するほどではないが、一般市民に比べて犯罪をおかす危険性が有意に高い層だ。本人にもそのステータスは知らされることはないが、警察はLP-Pと評価された者のデータベースを保有しており、犯罪捜査にあたっては容疑者としてまずこのデータベースが参照される。
    ・政府は、遺伝的な問題や乳幼児期の家庭環境に対処するため、「子どもを産むにはまず免許を取得しなければならない」という法律をつくかもしれない。自動車は社会にとって有益だが、同時に危険でもあるので、車の運転には免許の取得が義務づけられている。それと同様に、新しいメンバーは社会にとって必要だが、同時に市民社会に対する脅威にもなりかねないのだから、「親の免許制」の発想が出てくるのは当然なのだ。

  • 目から鱗。これは皆読むべき本と思う。推測ではなく、実証的に証明しており説得力がある。

    思っているより遺伝の影響は大きいと感じたし、このことを知識として持っていると世の中の見方が変わってくる。

  • 2017年、4冊目です。
    犯罪者に遺伝は影響があるのか?
    知能に人種による差はあるのか?
    データが何らかの因果関係を示すと、私たちは眉をひそめたくなる事がある。
    声高に話すことが憚られる事を、
    「言ってはいけない残酷すぎる真実」と説明しています。
    美醜による人生の格差は、データで証明されている。
    人種による成功や知能に格差があることも。
    犯罪を犯した人の遺伝子は、受け継がれていることも。
    なんとなくそうだと思っていても、あるいは、巷間言われていることも、
    なかなか公然と報道されたりすることはない。
    そういったことが、社会にはたくさんある。
    客観的なデータがありながら、事実として語らず覆ってしまうのは、
    表現の自由の観点からも間違いだとというのが、著者の出版主旨です。

    著者の執筆の動機は、次のことだとあとがきされています。
    2015年1月7日、フランスの風刺雑誌『シャルリー・エブド』の編集部が、イスラム過激派の武装集団に襲撃され、編集スタッフや警官など12人が犠牲になった。この
    事件を受けて、日本を代表するリベラルな新聞社は、「テロは言語道断だが下品な風刺画を載せた方も問題だ」として、「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」と宣言した。本書の企画を思いついたのは、この驚くべき主張を目にしたからだ。不愉快なものにこそ語るべき価値があると考えている。

    以前、ゴアアメリカ副大統領が「不都合の真実」を問いかけて話題になりました。
    事柄が、我々人類の将来の存亡にかかわることなので、公にされた事実は、
    権益を持つ人たちには不都合だったが差別や人権侵害とは距離のあるものでした。

    現代の進化論が突きつける不愉快な真実は、
    歪んだ理性を暴走させないための安全装置なのだと。

    究極は私たちがこれらの歪んだ真実を、
    寛容で受け止められるかだと感じました。

  • もっと、遺伝のこととかで決定的なこととかが書いてあるのかと思ったけど、統計の業というか、何を母体にするかで、データが変わるとか、考えようによっては、こうなる、とかひねくりだしている感じだった。

  • 暴力の解剖学,エイドリアン・レイン と 子育ての大誤解―子どもの性格を決定するものは何か,ジュディス・リッチ ハリス を参照にするとよいらしい。

    今度読もう。

    運動能力や体形だけではなく、心も遺伝によってかなり影響を受けているという話。当然そうでしょう。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

全248件中 1 - 25件を表示

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)に関連するまとめ

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)の作品紹介

きれいごとでは生きられない……。この社会の美言は絵空事だ。往々にして、努力は遺伝に勝てず、美人とブスには残酷な「美貌格差」があり、子育ての苦労はほぼムダになる……。人気作家が明かす、この「不愉快な現実」を直視せよ!

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)はこんな本です

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)のKindle版

ツイートする