脳が壊れた (新潮新書)

  • 445人登録
  • 4.00評価
    • (42)
    • (56)
    • (30)
    • (3)
    • (2)
  • 72レビュー
著者 : 鈴木大介
  • 新潮社 (2016年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106736

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
リンダ グラット...
宮下 奈都
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
西川 美和
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

脳が壊れた (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りたけど買ってまた読みたい

  • 脳梗塞、脳内出血、アルツハイマー、脳に関する病気について、病名は聞くけど、その病気がどんな症状を発するのか、どんな治療が必要なのか、そもそも回復するのか、あまり知ることはない。症状を言いたがらない患者も多い。そんな疑問に答えるため、41歳で脳梗塞を患ったフリーライターが自身のこと、家族のこと、リハビリのことをまとめたのが本書。

    著者の場合、視界が極端に狭くなる、発しているつもりの言葉がノイズになる、注意力が信じられないくらい低下する、感情がオーバーになる、といった症状。とはいえ、それは個人差がかなりあり、脳梗塞が一概に同じ症状になるとは限らない。

    が、本書の読みどころは著者の症状についてではない。著者は病に対して不運だと嘆かず、自らの不摂生を反省し、家族や友人を頼り、感謝の感情を大げさに表すことで社会復帰に努める。

    そうして、新たな人生を手に入れた著者だからこそ、今となって「脳が壊れた」とふざける余裕を得ることができた。感情がオーバーになることも時には悪くない。そんな、人生に前向きになれる闘病記。

  • これまで目に見えない後遺症で苦しんでいる方への配慮が欠けていたことを反省。
    妻の家事を奪ってしまっていたことを反省。

    良い気づきを与えていただきました。

  • 「最貧困女子」でブレイクしたルポライター鈴木大介氏が、若干41歳にして脳梗塞を起こした。その闘病記。

    養老孟司先生もおっしゃる通り、私も一気に読んだ。脳梗塞を起こした本人が、具体的にどこがどう辛いのか、どう不自由なのかを克明に自分の言葉で記録したという点で非常に貴重だと思う。

    妻や仕事仲間の大切さに感謝している点は非常に好感が持てる。

    リハビリの内容も詳細が語られいるが、指導する理学療法士の待遇が低いことに著者は憤りを感じ、彼らの待遇改善を訴えている。私も同感だ。

    また、第4章『リハビリ医療のポテンシャル』の中で、イジメの対象となる児童に対して、リハビリスタッフにより支援の必要性を訴えている。これは非常に注目すべき、重要な主張である。世に広まってほしい。

  • 著者の貧困に関する記事は東洋経済オンラインで読んでいたが、同連載のほかの二人の執筆者にはない感触、なんというか、暖かい目線みたいなものをいつも感じていた。その記事の一つに、自身の脳梗塞からの帰還と後遺症と、貧困にある人々(取材対象)の昨日不全状態との関連性を書いたものがあり、今までにない視点にハッとさせられた。そこで買ったのがこの本。
    大変に面白かった。自分自身を取材し、状況から心境まで細かく書きつけるのはさすがプロ、しかも奥さん(発達障害気味でいろいろ苦労した方)のチカさんが書いた手記も載っており、併せて読んで涙腺が緩んでしまった。
    自分がなぜ脳梗塞になったのか、までしっかり考えているあたりが素晴らしい。

    鈴木さんに残された後遺症は「高次機能障害」。脳神経外科に行くと、この一見障害には見えないけど深刻な障害である高次機能障害に関するお知らせなどが貼ってある。外から見たら普通だけど、生きてる本人には大変辛い。
    ライターなので取材して書いていかないと生活に困るわけで、鈴木さんのリハビリに対する努力は大変なものである。手を使うこと、考えること、書くこと、感情失禁のコントロールなど、全てにおいて一生懸命である。またそれを支える奥さんもひたすら献身。愛を感じる。リハビリを通してお互いを認め合っていく夫婦の物語とも読める。
    涙なしでは読めない本だが、自身の状態の説明などがユーモア交えて語られており、不謹慎ではあるが笑っちゃうことも多々あった。この絶妙なバランスはやはりライターとして腕だと思う。今までインタビューしてきた人々と同じような問題を抱えたことを「僥倖」と言い切り、とことん書き切る心構えはさすがとしか言いようがない。

  • 41歳という若さでアテローム血栓性脳梗塞を発症した取材記者が、自らの高次脳機能障害を当事者ならではの視点からわかりやすく文書化した。トイレの個室に老紳士(排便紳士)が出現。誰彼問わず相手にメンチを切ってしまうよそ見病。深刻なのに笑えて泣ける。

  • 社会問題を扱うルポライターの鈴木さんが、脳梗塞になったお話。
    その状態になって初めて、これまで取材で出会った人の気持ちに近づけたと感じ、
    自分の心がコントロールできなくなって、自分というものを内省して向き合っていく。

    本の中で鈴木さんが大事にしていた言葉が、
    「様々な距離感のところに自分の応援団を持とう」だった。
    私は小さい頃から色々抱えていて、
    正直社会とか人間関係とか自分というものとでさえ、
    うまくやっていくのが得意じゃない。
    それでも頼りたいと思える人は何人かいて、
    その人はすごく近くにいるわけではないけど、
    ダメな自分を少しさらけ出せる人。
    ダメな自分でも仕方ないなぁって言いながら、
    受け入れてくれる人は、とてもありがたいなぁと思う。
    自分も誰かの応援団になれればいいなぁ。

  • 連載読んでて興味深かったので。http://gendai.ismedia.jp/list/author/daisukesuzuki
    p.54あたり。リハビリとはくじ引きであるがめっちゃわかる。
    アタリを引くまで試行錯誤からアタリの再現性を強化するための反復練習への流れ。
    p.195元アスリートはタチが悪い
    中高の部活などで高負荷トレーニングして10代の頃はスポーツできたというタイプの人の予後が必ずしも良くなさそうな感じが読み取れたような。むしろ、運動苦手な人の方が運動苦手でも続く運動習慣を手に入れたらそっちの方が長続きするかも。うさぎとかめの寓話が思い出される。

  • 最貧困女子に続いて読了しました。
    著者が41歳で脳梗塞に倒れ、その後の闘病記となりますが、病気になって失くしたものもあるけど、得たもの、気づかされたことがたくさんある、ということが分かります。
    著者と奥様の、自身の弱さを見つめ正面から向き合えることが、逆にその強さを感じました。
    図書館で借りた本ですが、この本は買って手元に置いておこうと思います。

  • 脳に障害を持つことがどういうことなのか非常によく分かる。きわめて巧みな筆致。筆者が言うように、いわゆる「発達障害」と通じるところがあるんだろうね。

    さんざん「家族語り」を聞かされた後、最後に奥様の文章があるところなんざ泣かせる。(泣かせようとして書いていないのがいい)

  • 障害が残っているとは思えない文章。自分のことだからかリアリティが段違いに感じた。

  • 脳梗塞を発症し、高次脳機能障害が残った著者による、患者の「当事者感覚」ルポ。

    まず、著者の体験の一部を追体験できるほどに描写がリアル。それでいて、語り口がユーモラスなので、あまりネガティヴな気持ちにならずに読める。

    また、脳神経細胞の可塑性に驚かされる。
    リハビリがこれほどまでに劇的な効果を生みうるものとは知らなかった。

  • 41歳で右脳に脳梗塞、高次脳機能障害の経験とリハビリを当事者として語る。脳機能とリハビリ、小学生脳や感情の暴走。真の原因が性格にあることに気付き、考え方を変えることにする。家族、生きていくうえでの応援団。

    状況認識、表現上手。脳の育ち方に関する洞察。脳の成り立ちや仕組みが見えてくるような。そして、感動の家族ストーリー。

  • ノンフィクションのルポライターさんに降りかかった脳梗塞。
    高次脳機能障害となりながらも、取材もとは自分であるからして、より詳しく状況を伝えているところが興味深い。
    面白可笑しく書かれているのであっという間に読めてしまっった。(妻の存在が大きい。)

    筆者がより深く様々な思いも募らせ、今までの生き方や、社会における弱者に対する視点にも寄り添い示しているところが、「一般的な脳梗塞でこうなりました」という本とは違います。さすが社会派?なのかしら?ルポライターですね。

    脳梗塞の原因
    背負い込み体質.妥協下手.マイルール狂.ワーカホリック.
    善意の押し付け.オンオフがない
    そうなんだよなあ.....と納得。

    「様々な距離感のところに自分の応援団を持とう」という言葉に赤線ひきました。

  • ノンフィクション作家が書いた自身の高次脳機能障害とのことで非常に興味があったんだけど、残り1/3は病気になる前の反省とか妻の話ばかりでちょっと期待外れでした。

  • 脳卒中の後遺症について、具体的な症状を初めて知った。後遺症の感覚は実際になってみないと完全には分かり得ないが、ルポライターとしての取材力、表現力でその色々な症状が説明されていて、そのイメージを持つことができた。
    著者の性格や奥さんの話には驚いたが、最後まで明るい気持ちで読めたのも良かった。

  • 41歳で突然の脳梗塞に倒れたルポライター。
    一命は取りとめ、身体への後遺症は軽かったものの、いくつかの高次脳機能障害が残ってしまう。

    高次脳機能障害とは、記憶障害や注意障害などの神経心理学的障害のことで、身体の麻痺などのように一見してわかるものではないため、「見えづらい障害」とも言われているそうだ。

    高次機能障害を負い、その障害の辛さを知るにつけ、著者の脳裏には、それまで取材対象としてきた、社会的に発言の機会を与えられてこなかった弱者たちの顔が浮かんだという。

    彼らも、多くの場合発達障害や精神疾患を抱え、自分の辛さを言語化することが難しく、他者にその辛さを解ってもらえない状況に追い込まれている。その本当の辛さが身をもってわかったのだという。
    障害と健常のボーダーラインにいる人こそ、支援や周囲の理解が届かない傾向があり、そこにもっと医療の手を差し伸べるべきとも言っている。

    個人的には、病を得たことで、自分の生活を見直し、きちんと向き合えていなかった家族と向き合う著者の姿に素直に感動した。
    深刻なのだけど、どこかユーモラスな著者とその周りの様子に時には笑わせられながらも考えさせられることが多かった。

    もし自分が倒れたら、誰に頼れるだろう?
    もし自分が死んでしまったら、今私を支えてくれている周りの人々に対して悔いが残らないだろうか?
    もしもの時のことも念頭に置きながら、毎日を大切に生きていきたいと思わせられる1冊である。

  • この本は脳の障害に対した克明なレポートであり、夫婦や仲間の絆の話であり、社会へのルポルタージュでもある。

    脳梗塞後の辛いリハビリを経て、感動の復帰みたいなありきたりの内容ではない。
    脳梗塞後の障害を自己分析し、(たぶん)分かりやすく表現した当事者ならではの視点が特徴だろう。
    それに著者らしく、脳の障害やリハビリを現在の社会問題と絡めて来るのもまた良い。

    まっ、なんといっても最大は奥さんとの関係かな?ここら辺はちと感動ありでしたね。
    何てったって最終的に脳梗塞になって障害も出たのに現在ではそれをプラスな出来事だと夫婦で言い切るのですから❗これには脱帽です。

    「これからこの障害と共に頑張って生きていきます」的なことではなく
    7:3で良かったとか言うんです。

    自分もこの本を読んで7:3で良かったです。

  • 脳ミソの中は心の中。
    あなたも私も知らない私がココにいる。

  • 著者は、社会的弱者の中でも、とくに自分から声をあげられない人々に接し、その声を自らの著書の中で届けてきた。

    自分も脳梗塞による障害を持つ中で、さまざまな過信を反省しつつ、最後に支えとなるのは人のつながりであるという事実を改めて発見している。

  • 脳梗塞で脳の一部が壊れた人のセルフレポート。壊れた箇所が運動野ではなく認知や感情を司る高次機能であることが興味深い。先天的な発達障害や、そこから復帰しない痴呆の状態の苦しみは、健常状態と比較して語られることが無かったが、もともと健常で、障害になり、復帰できた振り返りとして解説されている。余計な情報をフィルタリングして肝心なことに集中すること、優先順位をつけること、感情を出すことや抑制することなどにも、対応する脳のハードウェアが有り、それが壊れたらその機能が失われること、リハビリにより代替回路が構成され回復することが素晴らしい。
    リハビリの有効性も再確認したが、現状の医療において、制度、器具の発展、本当に必要な人(リハビリすれば生産性が向上する人)への届け方などの課題も確認できた。

  • 脳梗塞になり、高次脳機能障害になった時、どんなことが起こるのか。本人から見て、どんな状況なのかが紹介されている一冊。

    深刻な状況なのですが、思わずくすっと笑ってしまうようなエピソードも交えて書かれているので、読みやすかったです。

    この症状を知っておくことで、大切な誰かの脳に異変が起こっているとき、あるいは脳梗塞後の様々な困難の場面で、力になれることが見つけられるのではないかと思います。

  • 脳梗塞を起こして、高次脳機能障害が残っている著者が、自分の障害と向き合い、それをなんとか言語化して書いた書籍です。感情失禁という言葉を始めて知ったし、発達障害と言われている人や、精神障害の人たち、またボーダーラインにいる人たちと、自分の回復の様子やできないことを並べ、比べてみているのが、興味深かったです。ちょっとギョーカイっぽい口調のところが気になりましたが、それはそれとして、読むといろんな人への対応の仕方や想像力の働かせ方が変わるのではないかと思いました。誰にいつ起こるか分からない病気ですが、知っておくことはとても良いと思います。

  •  貧困を取り扱うライターが体を壊し脳溢血を起こした。
     そして、高機能脳障害という、目に見えない障害が残った。
     からだの不自由さは目に見える。しかし、脳の障害、こころの障害については目に見えない。

     そして、著者は自身が実際に脳に障害を持ち、今まで対象としていた貧困に陥る彼、彼女らが同じように脳機能に障害を負っているのではないかと思いいたる。
     著者の言う脳が壊れたことによりできないことも多くなる。
     しかし、脳は壊れたままではなく、リハビリテーションによりある程度の機能は回復する。
     問題は脳が壊れていることが目に見えてわからないということ。
     治療のテーブルに乗れない人がたくさん居るということではなかろうか。

全72件中 1 - 25件を表示

脳が壊れた (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳が壊れた (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳が壊れた (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳が壊れた (新潮新書)の作品紹介

養老孟司さん絶賛! 深刻なのに笑える、感動の闘病記。握った手を開こうとしただけで、おしっこが漏れそうになるのは何故!? 41歳の脳梗塞とその後の「高次脳機能障害」。当事者による驚きのリアルドキュメント!

脳が壊れた (新潮新書)のKindle版

ツイートする