薬物とセックス (新潮新書)

  • 81人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 溝口敦
  • 新潮社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106989

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
アーノルド ベネ...
リンダ グラット...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

薬物とセックス (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 本当はセットのはずなのに、報道は決してここを伝えない

  • 改めて覚醒剤の怖さを知った。
    清原の社会的復帰は難しいだろうな。
    暴力団のダントツの資金源。
    暴力団壊滅しないと。

  •  読んでいた本を読み終えてしまい、東京駅で新幹線に乗る際に、駅の書店でこんなゲスい本が売られているのかと思うと嬉しくなって購入した。内容は抱いていた関心の真ん中にストライクかつ、思った以上にゲスく興味深かった。特にキメセクについてたっぷり書かれていてよかった。

     覚醒剤なんかやりたい人が勝手にやったらいいと思っていたのだが、そうは言っていられないくらい深刻であることが伺え、なるべくならしない方がいいと思った。

     文章も読みやすく面白かった。

  • 溝口の真骨頂ともいえる守備範囲の話題。知っていたけど改めて活字にされるとやっぱり怖い。正しい情報を世に流すべきだと思う。共感。

  • ■覚醒剤の薬理作用には男女の違いがある。効果は女性の方により強く具体的な形で現れる。その差を自分の利益に結びつけようとする男がいる。覚醒剤を享楽目的で使うケースが増えてきた。
    ■依存性薬物の分類
    ①モルヒネ型(抑制作用,アヘン,モルヒネ,ヘロイン,コデイン)
    ②バルビツール酸系催眠剤及びアルコール型(抑制作用,バルビタール,フェノバルビタール,フルニトラゼバム,トリアゾラム,アルコール)
    ③コカイン型(興奮作用,コカイン)
    ④大麻型(抑制作用,マリファナ,大麻樹脂,ハシッシュオイル)
    ⑤覚醒剤型(興奮型,アンフェタミン,メタンフェタミン)
    ⑥カート型(興奮作用,カート,カチノン,カチン)
    ⑦幻覚剤型(興奮作用,LSD,PCP,メスカリン,MDMA)
    ⑧有機溶剤型(抑制作用,シンナー,トルエン,酢酸エチル)
    ■危険ドラッグは過去「合法ドラッグ」「脱法ドラッグ」「脱法ハーブ」「違法ドラッグ」「違法薬物」など呼び名の変遷があるが2014年以降はすべて「危険ドラッグ」と呼ばれる。
    ・合成カンナビノイド系,合成カチノン系,幻覚系の3系統
    ■「つぶれ」とは,薬物による多幸感の後の激しい抑うつと興奮及び薬物渇望の状態をいう。
    ■1回だけでも「乱用」になる。
    ■医薬品はその使用量や使用方法が同じであっても薬理作用が同じように現れるとは限らない。
    ・薬物に対する反応性「薬物感受性」に違いがある
    ・男女によっても差異があり女性は男性に比べ薬物感受性が高いと言われている
    ・子供と高齢者は薬物感受性が高い。これは肝臓の代謝機能と腎臓の排泄機能の問題で,子供は未成熟,高齢者は機能が低下しているため
    ・個体差もあり人により全然違う
    ■2015年の全国警察における覚醒剤検挙人員は11022人でほぼ前年並み。
    ・40代:34.3%(2,324人)
    ・30代:30.7%(3,383人)
    ・50歳以上:21.1%(2,324人)
    ■再犯率は全体で64.8%に達する。
    ・50歳以上:83.1%
    ・40代:72.2%
    ・30代:57.9%
    ■薬物対策は次の四つが上手くいってこそ成果があるもの。
    ①正規麻薬等の厳格な管理
    ②不正麻薬・覚醒剤等の取り締まり
    ③予防啓発
    ④依存・中毒対策
    ■覚醒剤の生涯経験率は0.4%とされる(厚生労働省研究班調査)
    ・人口一億人として約40万人
    ・アンケートなので少なくともこの倍以上,100万人はいると推計される
    ■覚醒剤は「前借りのクスリ」といわれる。寝ないで頭や身体を動かしていたければ明日の分明後日の分までエネルギーを前借できる。
    ■「覚醒剤やめますか,それとも人間やめますか」は真実を語る至言。
    ・覚せい剤そのものが人体に加える罰があまりにも苛酷

全5件中 1 - 5件を表示

薬物とセックス (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薬物とセックス (新潮新書)の作品紹介

やめらない。とまらない。そして“破滅”がやってくる。清原和博、ASKA、酒井法子、小向美奈子……なぜハマるのか? なぜカップルで使うのか? 入手方法や価格は? ヤクザとの関係は? ……新聞、テレビが報じない深層情報を一挙解説。

薬物とセックス (新潮新書)のKindle版

ツイートする