フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)

  • 158人登録
  • 3.57評価
    • (8)
    • (16)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 中島弘象
  • 新潮社 (2017年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106107047

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものすごく読みやすくて一気に読了した。書名に社会学とあるが、ゴリゴリデータを分析したり考察を与えている訳では無い。専門性は高くないかも知れないが、その分著者が見たこと感じたことが素朴に表現されている、リアルな語りだと感じた。
    あとがきにもあったように、一介の大学院生であった著者がこの本の出版に至ったのも、著者の希有な体験に惹かれた編集者との偶然の出会いによるものだという。調査や書籍化を意図していない体験に基づく「社会学」も、十分に思考の糸口に成り得ると感じ入った1冊であった。

    それにしても、著者とパートナーのその後が気になる‥。

  • 人を引きつけるタイトルである。一見フィリピンパブ嬢を調査したものかと思ったが、帯には「研究対象を恋愛対象にしてしまいました」とあり、それは面白そうだと思って買って読んだ。たしかに面白い。この2月の末に城崎温泉へ行ったが、そこへの車中でほぼ読み終えてしまった。たしかに、ところどころ社会学的な調査、データが入るが、面白いのは、研究対象にしようと思ってたまたま入り込んだフィリピンパブの女の子ミカにほれ、最後は結婚までしてしまうまでの顛末である。その間なにがあったかは想像がつく。もちろん親の反対があるし、ミカが偽装結婚させられた「組織」との対決等々はらはらさせられる場面がいくつもある。しかし、社会学的に面白いのは、ミカの親、親族のあくなき金の無心である。これは中国でもそうだし、東南アジアでも見られる現象で特に珍しいわけではない。そこには、持つものは持たざるものに施すという思想があるのだろう。持つものがいかに苦労してそれを得たかは問わず。最初はお互い疑心暗鬼でいるものの、だんだん心を許し体を許すところまでいく描写はなかなか感動的だ。文章がうまいのは、事実の面白さもあるが、この本の影の編集者である元朝日新聞記者松本仁一さんのおかげであろう。そしてその松本さんの予言するとおり、中島さんにとってたいへんなのは、あくなき金の無心集団を背景にもつ、これからのアキとの結婚生活である。

  • 面白い着眼点! フィリピンがよくわかる

  • 軽めだが一気に読める面白さはある

  • 上司から借りた本(笑)数ページ感触を見るつもりが、気づいたら読み終わっていた。タイトルとは全く違い、著者が学生時代にフィリピンパブ嬢と付き合うことになるというノンフィクション。ある意味、最強のエスノグラフィー。学生時代にカンボジアへ行ったことを思い出した。全く違う世界観に心打たれたが、そのことをしばらく忘れていた。この本がそれを呼び戻してくれた気がする。改めて、最も好きな本は、圧倒的に視野が広がる本だと再認識。やはり何としても数年以内に海外の仕事に手を付けたいな…。

  • 大学での研究テーマにフィリピンパブを設定した著者。フィールドワークが深入りしすぎて結婚までしてしまった顛末記。構成は、社会学の論文ではなく、ノンフィクションの態をとっているが、ところどころ、研究者ならではの冷静な分析が垣間見える。
    それにしても面白い。本書は様々な視点から読める。夜の街のアンダーグラウンドルポ、日本に出稼ぎに来るフィリピンパブ嬢の現実、ふわふわした若者の成長物語、世界の違う2人の純愛物語。どれで楽しむかは、あなた次第。

  • 笑顔のかげに、凄まじい人生があった。
    フィリピンパブを研究するうちに、あるパブ嬢と付き合うようになったフツーの大学院生は、やがてその奴隷同然の暮らしを目の当たりにする。
    迫真のルポルタージュ!

    ふたりの恋愛関係が周囲の人々に認められていく過程は、よくできたドラマみたいで素敵。

  • 興行ビザから偽装結婚へ、入国手段が変わったことを知った。仕送りを受けるフィリピン家族の浪費ぶりがえげつない。
    実体験が詳しく書かれていて、面白く、一気に読めた。

  • 東南アジアの人と付き合うということは、その家族とも付き合うことになる。彼らは日本人は全て金持ちと思っている。
    たしかにフィリピンより日本は相対的に金持ちだ。しかし、無尽蔵に金持ちでは無い。それを理解してもらうことは難しい。

全26件中 1 - 10件を表示

中島弘象の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
西 加奈子
村田 沙耶香
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)の作品紹介

研究対象を、恋愛対象にしてしまいました……。月給6万円、雇主はヤクザ、ゴキブリ部屋暮らしのフィリピンパブ嬢のヒモになった大学院生がみた驚きの世界を、ユーモラスに描く前代未聞のノンフィクション系社会学。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)のKindle版

ツイートする