フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)

  • 73人登録
  • 3.64評価
    • (5)
    • (11)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 烏賀陽弘道
  • 新潮社 (2017年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106107214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • ・タイトルは「フェイクニュースの見分け方」だが、どちらかといえば既存マスメディアのニュースの信用度をはかる話ばかりで、フェイクニュースの話題は出てこない。これは「ニュースリテラシーの身につけ方」である
     ・ここに書いてること全部守りつつ、完全に嘘っぱちなフェイクニュース作られれば対処は難しそう

    ・ニュースリテラシーに関する本としては誠実だし良い感じだが、看板には偽りがある

    ・お、6章で発信者の話題になった。ここからはいよいよフェイクニュース特有の話題になるか?
     ・…が、結局、マスメディア上などで発言する人の信用性の話題にシフトしていった…うーん

  • ニュース記事のどこに注目すべきかという点を解説している。聞いたことがある話もあれば、新鮮で勉強になった話もある。が、伝えたいことを説明するのにこの文章量が必要だったのかは疑問。前半は、著者が意図せずとも政権を養護したり個人のバッシング(そういう意味ではないという説明の記載があっても)に受け取られやすい印象。後半の方が、より面白い文章に感じられた。5W1Hと誰が何を根拠にした発言かということには今まで以上に注意してニュースに向き合いたいと思いました。

  • 僕を含め一般の人は、報道されるニュースについて、違和感を持ったとしても、深く調べようとはしません。『そんな出来事があったんだー』くらいにしか思わないので、フェイクニュースをそうだとは思わずに、報道通りに受け取ってしまいます。
    だからこそ報道陣には公平性や正確性を求めます。信じられる情報をしてくれないと、『このニュースは怪しい。自分で調べなくてはならない』となれば、もう報道の意味が無くなるし、二度手間です。
    その意味で、前読した『統計数字を疑う』もそうですが、統計の定義と実体が離れていては無意味です。平均貯蓄額が一般感覚とズレているのと同じで、これって結局鵜呑みにはできなくて、参考になりません。

    で、信頼できるニュースとは一体何なのかというのを紹介しているのが本書ですが、総じてその通りだと思いますし、大事なことだとは思いますけど、逆に言えば、ニュースに対してここまで敏感に反応しながら見るなり聞くなりしないといけない、ってのは大変な作業だなぁと……。
    本書には無かったのですが、『お金の動き』と『利益を受ける人物』を考えると事実が見えてくる、という考え方があって、これは鋭い指摘だと思います。企業にしても個人にしても、基本的には利益になる行動しか取りませんから(自分が不利になることはしない)、その点に注目してニュースを見るのも、著者の言う『真実に近付く』ことになると思います。
    僕の評価はA-にします。

  • 比較的冷静で公平で読みやすい内容でした。

  • 一見もっともらしいニュースや論評には、フェイク(虚偽の情報)が大量に含まれている。新聞、ネットなどあらゆるフィールドの第一線で記者として活躍してきた著者が、正しい情報を選別するためのノウハウを伝授する。

    フェイクニュースの見分け方ということでしたが,あらゆることにその考え方を当てはめるといいのではと思った。

  • 世の中にあふれる多くの情報、この峻別方法を事例を交えて説明した本。分かりやすい文章とまとめが好感。

  • さっと読める本で、且つ
    教養としての必要度⭐️⭐️⭐️⭐️なので、
    読んでおくべき本。

  • <目次>
    はじめに
    第1章  インテリジェンスが必要だ
    第2章  オピニオンは捨てよ
    第3章  発信者が不明の情報は捨てよ
    第4章  ビッグ・ピクチャーをあてはめよ
    第5章  フェアネスチャックの視点を持つ
    第6章  発信者を疑うための作法
    第7章  情報を健全に疑うためのヒント集

    <内容>
    元朝日新聞記者(「AERA」記者)の情報の見分け方の本。インターネット、SNSが広がった結果、誰でも情報を出すことができるようになった。しかし「誰でも」が曲者で、本人の単なる感想、意見、意図的な虚偽情報などが入り混じり、「フェイクニュース」がどんどん広がっている状況。著者は、3.11の原発事故情報などを中心に具体例を挙げながら、この状況の中で、「正しい」情報を見分けるテクニックを開示している。目次の通りであるが、文章がわかりやすいのですらすら読むことができる。高校生でも問題意識を持っていれば十分理解できるだろう。

  • 理路整然と書かれてはいるけれど、報道機関なんて所詮はスポンサーありきだし、表に出ない出せないこともあるだろうから。肝心要のフェイクニュースの見分け方なんてのは殆ど言及されていない。もしこの人に輿水氏の本を渡しても読みもしないような気がする。なんというか、この人の考え方は共感出来ない。私が陰謀論者だから、裏を読むくせがあり、表向きのものしか信用しない人とは相容れないだけかも知れないけれど。

全9件中 1 - 9件を表示

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)の作品紹介

噓つきテレビ、無能な記者、テキトー評論家……。「オピニオンは捨てよ」「主語のない文章は疑え」「ステレオタイプの物語は要警戒」「虚言癖の特徴とは」――ポスト真実時代を生き抜くための正しい情報選別法。

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)はこんな本です

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)のKindle版

ツイートする