女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

  • 77人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大塚ひかり
  • 新潮社 (2017年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106107351

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
三浦 しをん
原田 マハ
リンダ グラット...
エラ・フランシス...
トーン テレヘン
ヨシタケ シンス...
塩田 武士
森 絵都
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろんな角度から図示される女系図が圧巻。同じ人でも、違うテーマで編み直された系図では違う役割が見える。男系図だけではわからない事情や背景が丁寧に解説されていて面白く読んだ。女性だけつなげていくと別の歴史があるんだなあ。「滅亡していない」意味がよくわかる。後家や家康の縁組の話は驚き。無意識のうちに思い込みから歴史を見ていたのだと思う。

  • <目次>
    第1章  平家は本当に滅亡したのか
    第2章  天皇にはなぜ姓がないのか
    第3章  なぜ京都が都になったのか
    第4章  紫式部の名前はなぜ分からないのか
    第5章  光源氏はなぜ天皇になれなかったのか
    第6章  平安貴族はなぜ「兄弟」「姉妹」だらけなのか
    第7章  「高貴な処女」伊勢斎宮の密通は、なぜ事件化したのか
    第8章  貴族はなぜ近親姦だらけなのか
    第9章  頼朝はなぜ、義経を殺さねばならなかったのか
    第10章  徳川将軍家はなぜ女系図が作れないのか

    <内容>
    平安時代を中心に、「女系図」(女性中心の系図)を作ることで、歴史を違う視点から見るお話。「新潮45」に連載した記事に書きおろしを加えたもの。古典の解釈で斬新な解釈を提示する著者らしい内容である(徳川家は「女系図」を作れない。理由もわかる)。若干、使っている論文が弱い気もするが、読み物としてはとても面白い話である。

  • 女系図でみる驚きの日本史
    大塚ひかり
    新潮新書
    発売日 2017年09月
    ISBN9784106107351



    http://www.shinchosha.co.jp/book/610735/

全3件中 1 - 3件を表示

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)の作品紹介

平家は滅亡していない! 「腹」でたどる本当の日本。平家は滅亡していなかった!? かつて女性皇太子がいた!? 京の都は移民の町だった!?――胤(たね)よりも腹(はら)をたどるとみえてきた本当の日本史。

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)はこんな本です

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)のKindle版

ツイートする