南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)

  • 15人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 新潮社 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106203831

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)を本棚に「積読」で登録しているひと

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)の作品紹介

時は室町末期、落城を目前にした里見義実は、愛犬の八房に、「敵将の首を取って来たら、娘・伏姫を妻にやろう」と冗談をいう。ところがなんと、八房は首を持ち帰った。伏姫は、父の約束を果すため、八房に伴われ山に入る。姫は八房に肌身を許さなかったが、いつしか腹が膨れはじめた。山に登った父と金碗大輔の前で、伏姫は疑いを晴らすため、護身刀で腹を割く。すると、傷口から白気が立ち上り、姫の襟元の数珠を包むと見る間に、八つの珠が光を放って飛び散った…。仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌…八つの珠を持つ八犬士が、力を尽して戦いぬく勇壮華麗な物語。大河歴史ロマンの大古典が、大きな文字、迫力の挿絵でついに登場。

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)はこんな本です

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)のKindle版

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)の-

南総里見八犬伝〈1〉 (新潮日本古典集成)の単行本

ツイートする