宮沢賢治 新潮日本文学アルバム〈12〉

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 新潮社 (1984年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106206122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
ウィリアム シェ...
村上 春樹
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

宮沢賢治 新潮日本文学アルバム〈12〉の感想・レビュー・書評

  • 図書館本。宮沢賢治の作品のベースとなったものが知りたくて手に取った。以前から妹・トシの死が賢治の文学に与えた影響の大きさや、法華経に魅せられていたことは聞いていたが、仏教やキリスト教だけでなく、ヘーゲルなど西洋哲学も熱心に勉強したことを知り、あらためて賢治の学識の広さに驚いた。また銀河鉄道の夜では一見空想の世界を描きながらも、実はそれらは賢治の実体験の上に成り立っていたのだと知った。あのように稀有な文学作品として昇華していく賢治の手腕と才能、感性にため息がこぼれるばかりだ。

  • 宮沢賢治の生涯が、多くの写真入りでとてもよくわかる一冊。
    頭でなく感覚的に、こういう人だったんだなあと想像することができました。

  • 労農党のシンパをやっていたのは知らなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

宮沢賢治 新潮日本文学アルバム〈12〉はこんな本です

ツイートする