太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉

  • 62人登録
  • 3.57評価
    • (4)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 太宰治
  • 新潮社 (1983年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106206191

太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。数ある太宰のグラビア(?)集でも完成度が高くて読み応えがある。写真だけではなく日記やメモ、刊行当時の本の装丁まで載っていて資料的にも充実している。津島家の人々の写真も載っているが太宰はお母様にそっくりですね。学生時代の百面相を連写した写真とかおもしろい。井伏さんとの半裸入浴シーンもあり。太宰は「盲腸手術の痕が目立つ!」と激怒したらしいが怒るポイントはそこなのか。綺麗な裸ならいいの?どこの女優?さすが元祖虫歯ポーズの男である。私がお気に入りの写真はトンビを着た全写真と縁側で新聞を読んでくつろぐ写真だ。

  • 誠実に生きたいものです。今までもいくつか関連本を読んできましたが、さすがアルバムと謳っているだけありますね。途中当たりのカラーがまた良い。太宰の才能がまた一つ伝わってくる一冊です。素晴らしいの一言に尽きます。

  • 太宰治に関する写真・自筆原稿・書簡など。川端康成に自分を芥川賞に推薦してくれるよう懇願する筆書きの必死な手紙。極めてみっともなく、それが人間として愛おしい。

  • 写真がいい。

  • 太宰治写真集。

  • 19/40

  • 人物像に関しては、生い立ちが作品に影響している部分はあるのだろうが、基本的にはただの女好きで、死にたがりなだけという印象。写真が多くて理解はしやすい、

  • コンパクトにまとまっているので読みやすい。とりあえず太宰のことを知りたいのなら便利。写真も豊富。
    あんまり深くはないかも。

  • 昭和8年発行の水道橋ー荻窪の定期券の写真等が残っている。繊細そうな感じの写真ばかりだ。
    本名の津島修治で。

  • だめんずやるならこのぐらい男前じゃなくっちゃ!

全10件中 1 - 10件を表示

太宰治の作品

太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太宰治 新潮日本文学アルバム〈19〉はこんな本です

ツイートする