安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2

  • 15人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1997年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (481ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106401251

安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2の感想・レビュー・書評

  • 座談会などは拾い読みにもかかわらずようやく読了。ようやく全集の6分の1が終わったわけだが、やはり長編がいいなぁ。戯曲、シナリオ、大丈夫か、おれ?

  • 青春のたまり場をゆく. 作者・批評・観衆…… 瀬木慎一ほか鼎談. 制服. “制服”について. 盲腸. ライオンと虎の優劣に同じ. イメージの湧く劇場. ベルトルト・ブレヒト作「家庭教師」. ウエーは現実凝縮の申し子. 「どれい狩り」について. 戯曲をなぜ書くか 椎名麟三ほか座談. どれい狩り. 棒. 作者から. 「どれい狩り」合評 菅井幸雄ほか座談. 独裁者. 死人登場. 快速船. 作者の言葉. 映画についての断想 岡本博聞き手. 新劇合評 大木直太郎ほか鼎談. まず解剖刀を. 開拓村. 僕の創作劇評は三者三様. S・カルマ氏の素姓. 仮名遣いについて. 小説家の戯曲と劇作家の戯曲. 文体と顔. ごろつき. 十一番目の自殺者. 方舟思想. レオン・クルッコフスキイ作「愛は死をこえて」. 職場をまわって思うこと. 手段. 人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち. 探偵と彼. 結婚について. 青春の生甲斐 東恵美子ほか座談. 文芸日記1956. 映画「08・15」における諷刺. 解体と綜合 針生一郎対談. 六つの口が一堂に開けば 勅使河原宏ほか座談. 文学サークルのあり方.

全2件中 1 - 2件を表示

安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2を本棚に「読みたい」で登録しているひと

安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2を本棚に「積読」で登録しているひと

安部公房全集〈5〉1955.3‐1956.2はこんな本です

ツイートする