安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3

  • 10人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1999年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (519ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106401435

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3の感想・レビュー・書評

  • 人間の価値. 一寸後は闇. 作品で予言したチェコ事件 堤清二対談. 清水邦夫著『狂人なおもて往生をとぐ』. 無題. ドナルド・キーン宛書簡10. 伝統と反逆 ジョン・ネーサン対談. 仮題「恋の法則」プロット試案. パップ・ラップ・ヘップ. リズムの世界. 一日240時間. ドナルド・キーン宛書簡11. 言語の崩壊と空間認知の関係、俳優でなく演劇芸術家へ. ドナルド・キーン宛書簡12. あとがき―『現代文学の実験室1安部公房集』. 私の発言. 果林の実. ヨーロッパの旅終えた安部公房氏. 夢化作用. 覚え書―『時の崖』. 物語とは. ところで君は. 案内人. 映画「時の崖」について. 自作の映画「時の崖」に自信満々. シアターメイツのサロンNo・1報告. 自己犠牲. 未必の故意. 作家と俳優の出会い 井川比佐志対談. 安部公房が話題作二つ. 「未必の故意」の安部公房氏. 編集委員の言葉. 安部公房氏が実験演劇. 安部公房氏の実験演劇. ガイドブック. これはある職業的関係によって. 小説・戯曲・俳優の間 扇田昭彦聞き手. 日本文明談 萩原延寿ほか鼎談. 人間をいかに認識するか. 創造的な刺激. たとえば、タブの研究. 共同体幻想を否定する文学 古林尚対談. 手について. ゴドーも来ない場所. 睡眠誘導術. 自由をまさぐる映画 勅使河原宏対談. ある芸術家の肖像. 空飛ぶ男. 小説を生む発想. 私の文学観演劇観 佐々木基一対談. 鞄. 《鬼ごっこ》4分の1幕のドラマ. あるいはAの場合. 人間・共同体・芸術 磯田光一対談. 箱男・予告編. 箱男・予告編. ゴム人間のことなど. 「安部公房スタジオ」旗あげ. 低迷する現代日本演劇を語る. 意味もなく視線を宙におよがせる. ニュートラルなもの. 安部スタジオの旗あげ公演に打込む安部公房氏.

全1件中 1 - 1件を表示

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3を本棚に登録しているひと

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3を本棚に「読みたい」で登録しているひと

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3を本棚に「積読」で登録しているひと

安部公房全集〈23〉1970.2‐1973.3はこんな本です

ツイートする