安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (532ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106401480

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12の感想・レビュー・書評

  • 自作を語る−『方舟さくら丸』. 人物ウイークリー・データ安部公房. ものの見方としてのドキュメンタリーについて. 核時代の方舟. 『方舟さくら丸』を書いた安部公房氏に聞く. 生きることと生き延びること 新潮45編集部聞き手. 方舟は発進せず 斎藤季夫聞き手. 重層的な騎馬物語−木下順二『ぜんぶ馬の話』[選評]. Diana Cooper−Clark宛書簡. 気になる著者との30分 小川琴子聞き手. ワープロで書かれた七年ぶりの書下ろし 中学教育編集部聞き手. Lars Forssell宛書簡. なぜ書くか. 嘘を承知で、あえてそこを生きるサクラ メアリー・ロード聞き手. スプーン曲げの少年. 子午線上の綱渡り コリーヌ・ブレ聞き手. 核シェルターの中の展覧会 芸術新潮編集部聞き手. コリーヌの異文化対談 コリーヌ・ブレ対談. ノンフィクションのいま 本田靖春ほか座談. 破滅と再生1 栗坪良樹聞き手. NHK対談のためのメモ. 未知なものはいつも、身近な闇のなかに. 物質・生命・精神そしてX 渡辺格対談. もぐら日記. 「方舟さくら丸」の冒頭に 東大新報記者聞き手. シャーマンは祖国を歌う. 人間と科学の対話 アレキサンダー・キングほか討論. 科学と芸術結合は可能 ドナルド・ブラウン対談. もぐら日記2. 破滅と再生2 小林恭二聞き手. テヘランのドストイエフスキー. チェニジー. タバコをやめる方法. 意識が低すぎたPEN大会 大平和登対談. ドナルド・キーン宛書簡21. 「明日の新聞」を読む コリーヌ・ブレ聞き手. 散文精神. ヘテロ精神の復権 光田烈聞き手. 両脳的思考. 国際発明展で銅賞を受賞した作家安部公房 上之郷利昭聞き手. ベルナール・フォコン写真集『飛ぶ紙』[跋文]. V・グリーブニン宛書簡. ピジン語の夢. ユネスコ円卓会議用メモ. 反教育論. 医学と人間. 『死に急ぐ鯨たち』の安部公房氏. 異文化の遭遇. 文明のキーワード 養老孟司対談. クレオールの魂. チャールス宛書簡. 弔辞−石川淳. ポール・クリーガー宛書簡. 石川淳の編上靴. [スプーン曲げの少年]のためのMEMO. MEMO−「スプーンを曲げる少年」. 真崎隆治宛書簡. カルティエ・ブレッソン作品によせて. 黛君に調査依頼の件. カルティエ・ブレッソン宛書簡. セシル・サカイ宛書簡. キエル・エスプマルク宛書簡. もぐら日記3. ドナルド・キーン宛書簡22. 原ひろ子著『ヘヤー・インディアンとその世界』[選評]. 角田理論追試のための研究会設立試案. 監督シェル・オーケ・アンデションとの出会い. スプーンを曲げる少年. 安部公房氏と語る ジュリー・ブロックほか鼎談. 余白を語る.

  • 不条理もの、といえばこの方ではないでしょうか。不思議すぎる世界観が魅力です。方舟さくら丸が一押し。主人公がこの上ないほどにデブで不細工なのです。

全2件中 1 - 2件を表示

安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12を本棚に「読みたい」で登録しているひと

安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12を本棚に「積読」で登録しているひと

安部公房全集〈28〉1984.11‐1989.12はこんな本です

ツイートする