決定版 三島由紀夫全集〈33〉評論(8)

  • 11人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (780ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106425738

決定版 三島由紀夫全集〈33〉評論(8)の感想・レビュー・書評

  • 愛のすがた 解説(「現代の文学20円地文子集」) 講談社現代新書を推す アマノジャク精神で 空飛ぶ円盤と人間通 「楡家の人びと」(北杜夫著) 市村竹之丞に期待する 「喜びの琴」について 松浦演出の「シラノ」 文学における硬派 夢と人生 無題(「三島さんと『喜びの琴』」) 「六人を乗せた馬車」をみて 私がハッスルする時 私の小説作法 あなたは現在の恋人と結婚しますか? 「喜びの琴」について 週間日記 NLTの顔 演劇史上光彩陸離 美しい女性はどこにゐる 真実の教訓 地上より 天狗道 生徒を心服させるだけの腕力を N・L・Tの未来 批評の“首府”を建設 熊野路 合宿の青春 すばらしい技倆、しかし…… 「恋の帆影」について 無題(「バレーは……」) ジークフリート管見 秋冬随筆 私だけの問題ではない 三島由紀夫先生を訪ねて 実感的スポーツ論 東洋と西洋を結ぶ火 競技初日の風景 ジワジワしたスリル 白い叙情詩 空間の壁抜け男 17分間の長い旅 完全性への夢 彼女も泣いた、私も泣いた 「別れもたのし」の祭典 いやな、いやな、いい感じ 無題(河出書房新社版「世界文学全集第二集25ロレンス・ダレル」広告文 恐しいほど明晰な伝記 ラシイヌの季節来る 美の亡霊 日々是好日 “仮面の男”を主題に 無題(林房雄著「大東亜戦争肯定論」広告文) 迫力ある「ウエストサイド物語」 著者と一時間 一つの代表的青春 松浦竹夫氏の夢の実現 男のおしやれ ありがたきかな“友人” 無題(吉本隆明著「模写と鏡」推薦文) 現代文学の三方向 恋の殺し屋が選んだ服 無題(第十一回「新潮」同人雑誌賞選評) 新夏炉冬扇 真を胸に 文学的予言 きたへる 受賞者のあいさつ(毎日芸術賞「絹と明察」) 無題(服部智恵子バレエリサイタルに寄せて) 反貞女大学 文明の頽廃を一身に引き受けた作家…… 法学士と小説 無題(「中央公論」広告文) 無題(映画「肉体の学校」広告文) 室町の美学 朝吹さんと「パリの男たち」 あとがき(「三島由紀夫短篇全集」1〜6) 十月二十三日付私信 西洋床の間 無題(「家といふものは……」) 「美容整形」この神を怖れぬもの ロンドン通信 赤い李の少女 渋沢竜彦氏のこと 石原慎太郎「星と舵」について 作者にお伺いたします 英国紀行 若さと体力の勝利 跋(高橋睦郎著「眠りと犯しと落下と」) 床の間には富士山を 「壮年」完成の喜び 太陽のあふれる前庭 「熊野」について あとがき(「三熊野詣」) 私の信条 義父の若さ 「潮騒」執筆のころ 谷崎潤一郎氏を悼む 谷崎文学の世界 あとがき(「目−ある芸術断想」) 私の戦争と戦後体験 谷崎朝時代の終焉 無題(「書き下ろし長篇小説叢書」推薦文) 「レンRen」をすいせんします! 無題(「われらの文学」推薦文) 異国趣味について 文武両道 太陽と鉄 跋(「サド侯爵夫人」) 「サド侯爵夫人」について 夜を告げる星 期待はづれの一戦 わが青春の書 解説(「日本の文学2森鴎外(1)」) 日記 同級生交歓 無題(第十二回「新潮」同人雑誌賞選評) 日本人の誇り 手で触れるニューヨーク 「憂国」製作、道楽ではない 「複雑な彼」のこと 危険な芸術家 世界前衛映画祭を見て 未聞の世界ひらく をはりの美学 「熊野路」創作ノート

全1件中 1 - 1件を表示

決定版 三島由紀夫全集〈33〉評論(8)の作品紹介

魅力的な"反貞女"になるための16講「反貞女大学」、自死に至る必然の道程を開示した自伝的評論「太陽と鉄」等、昭和39〜41年の評論・エッセイ126編。

決定版 三島由紀夫全集〈33〉評論(8)はこんな本です

ツイートする